" />

SPL/狼よ静かに死ね

spl.jpg



(原題:Sha Po Lang Sol 2005年/香港 93分)
監督/ウィルソン・イップ アクション監督/ドニー・イェン 脚本/セット・カムイェン、ン・ワイロン 撮影監督/ラム・ワーチュン 音楽/チャン・クォンウィン、ケン・チャン 編集/チュン・カーファイ 衣装/スティーブン・ツァンスタント・コーディネーター
出演/ドニー・イェン、サモ・ハン・キンポー、サイモン・ヤム、ウー・ジン、リウ・カイチー、ダニー・サマー、ケン・チャン、ティミー・ハン、谷垣健治

概要とあらすじ
黒社会のドンと手段を選ばぬ手荒な無頼派特別重犯罪捜査班との熾烈な戦いを描く、バイオレンス・ノワール。監督は「OVER SUMMER」のウィルソン・イップ。2006年東京フィルメックス映画祭観客賞受賞。1994年香港。黒社会のドン、ポー(サモ・ハン)の逮捕に執念を燃やすチャン捜査官(サイモン・ヤム)をリーダーに、ワー(リウ・カイ・チー)、サム(ダニー・サマー)、ロク(ケン・チャン)の4人の精鋭からなる特別重犯罪捜査班は、ポーの裁判の直前に重要証人を暗殺され立件できなくなり、やむなくポーを釈放する……(映画.comより抜粋



香港ノワールっぽいこと

とうとう
『ローグワン/スター・ウォーズ・ストーリー』(←観てない)にも出演し、
ハリウッドセレブへの階段を駆け上がるドニー・イェンに対して
香港映画の重鎮サモ・ハン・キンポー
調子に乗るんじゃねえと渇を入れる
『SPL/狼よ静かに死ね』。(違う違う)

まあ、なんでしょう。
どうしようもなくずさんでいいかげんな脚本に
びっくりします。
とくに序盤は、映画のダイジェスト版を観ているよう
(よく言えばテンポがいい?)
この人はいい人、この人は悪い人と
理由もなく単純にキャラクター付けしていきます。
例えば「黒社会のドン」ことサモ・ハン・キンポーは
一体どのようにして香港を牛耳っているのかまったく描かれず、
とにかく、とっても恐ろしい実力者ってことなんですっ!
てな具合です。
やたらと家族愛が強調されますが
非常にありきたりで、いかなる感慨も湧いてきません。
とにかく、早くアクションシーンに移行したいんだろうなと
感じながら観ていても、なかなかアクションに至りません。
それじゃあ、一体何をしたいのか……。
香港ノワールをやりたいんですよね、たぶん。
ただ、それがとてつもなく下手くそなだけなんですよね、たぶん。


黒社会のドン=ポー(サモ・ハン・キンポー)
追い詰める証人を殺されたチャン刑事(サイモン・ヤム)
ポーに対する怨念を募らせます。
脳に悪性の腫瘍が発見されて余命幾ばくもないチャンですが、
事故の時に後頭部にガラスの破片が突き刺さっているのは
腫瘍とはほぼ関係ない
でしょう。
彼は、たった一度吐血するシーンがあるだけで
脳腫瘍に蝕まれた体が衰えていくわけでもなく、
とにかく、チャンには時間がないということを
言いたいのでしょう。

ポーのもとにモグラとして潜入させた捜査官が
ポーとその手下によってリンチされたうえで殺されるのを
映像オタクが撮影していたというかなり強引な展開で
チャン刑事はポーを殺人犯として逮捕しようとします。
ところが、チャン刑事は
捜査官にとどめを刺した男をビデオテープからカットして、
ポーが直接殺したことに偽装する
のでした。
んが、この偽装のメリットがまったく理解できません。

まあ、なんでもいいから
ポーをブタ箱にぶち込みたいという考えなら
それはそれでいいのかもしれませんが、
この一件の殺人によってポーに罪を負わせるのは
的外れですよね。
ポーの悪行の根を断つなら、
もっと根本的に追い詰める必要があると思うのですが。
また、オタクが隠し持っていたマスターテープから
捜査官のとどめを刺したのはポーではないことが判明しますが、
だからといって、そのまま釈放されないでしょ。
とどめをさしてなければ、なにしてもええんかい?

ま、このように脚本はどうしようもないデキで、
ドニー・イェンがカッコつけるためにあるような映画です。
本作の見所は、終盤の
ドニー・イェンとポーの手下による路地での格闘
動けるデブことサモハンとの一騎打ちで、
これぞ香港映画の醍醐味というべきシーンですが、
一時間半でこれだけじゃあ、物足りないというのが
正直なところ。

いまや、アジアのアクションを
牽引するといっても過言ではない谷垣健治さんが
出演されているのも見所です。





にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
↑お気に召したらクリックしていただけますと、もんどりうって喜びます。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

のほうず

のほうず
映画が好きで観るのはいいが、
かたっぱしから忘れていくので
オツムのリハビリ的ブログ。
******************
当ブログの文章・画像およびイラストの無断転載を禁じます。引用される場合は、出典の表記と当ブログへのリンクを設定してください。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

お気に召したら
クリックお願いします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

スポンサードリンク

↓過去の記事はこちらから!↓

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンタ