" />

牯嶺街(クーリンチェ)少年殺人事件

kuurinche.jpg



(原題/牯嶺街少年殺人事件 A Brighter Summer Day 1991年/台湾 236分)
監督/エドワード・ヤン 製作/ユー・ウェイエン 製作総指揮/チャン・ホンジー 脚本/エドワード・ヤン、ヤン・ホンヤー、ヤン・シュンチン、ライ・ミンタン 撮影/チャン・ホイゴン 美術/エドワード・ヤン、ユー・ウェイエン 編集/チェン・ポーウェン 音楽/チャン・ホンダ
出演/チャン・チェン、リサ・ヤン、ワン・チーザン、クー・ユールン、タン・チーガン、ジョウ・ホェイクオ、リン・ホンミン、チャン・ホンユー、ワン・ゾンチェン、タン・シャオツイ、ヤン・シュンチン、ニー・シュウジュン、ワン・ウェイミン、チャン・クォチュー、エレイン・チン、ワン・ジュエン、チャン・ハン、ジャン・シウチョン、ライ・ファンユン、シュー・ミン、シュー・ミンヤン

概要とあらすじ
台湾の名匠エドワード・ヤンが手がけた青春群像劇。1991年の第4回東京国際映画祭で審査員特別賞を受賞し、ヤン監督の日本初公開作品として92年に劇場公開された。61年夏、14歳の少年が同い年のガールフレンドを殺害するという、台湾で初の未成年による殺人事件が起こる。不良少年同士の抗争、プレスリーに憧れる少年の夢、大陸に帰りたいと願う少年の親世代の焦りと不安を描きながら、当時の台湾の社会的・精神的背景を浮き彫りにしていく。主人公を演じるのは、当時まったくの素人だったチャン・チェン。上映時間が188分のバージョンと236分のバージョンが存在し、2016年の第29回東京国際映画祭ワールドフォーカス部門にて、デジタルリマスターされた236分のバージョンがプレミア上映。17年に同バージョンが劇場公開となる。(映画.comより



懐中電灯が照らすかすかな希望

『恐怖分子』のあまりのかっこよさに
すっかりエドワード・ヤンの虜になり、
『ヤンヤン 夏の想い出』、オムニバスの『光陰的故事』と観たのですが、
配給権がややこしいことになって
日本ではDVD化すらされていなかった
『牯嶺街少年殺人事件』がなんと25年ぶりに
4Kレストア・デジタルリマスター版で劇場公開されるということで
この機を逃しては一生悔いが残ると思い、
若干緊張しながら劇場へと足を運びました。

いかに大傑作といわれようとも、
ほぼ4時間(休憩なし)という上映時間には不安がありました。
前日から早寝して十分な睡眠を取り、
当日は余裕を持って劇場に到着、何度もトイレに行って
もう自分の体から出るものは何もないことを指さし確認してから
鑑賞に挑みました。

その甲斐あってか、236分があっという間……
というのはさすがに言い過ぎですが、
途中で退屈になったり、時間が気になったりすることもなく、
スクリーンを食い入るように見つめていました。
さすがにケツは痛くなりましたが、
かけがえのないものを目撃したというのが正直な感想です。
ただ、一度観ただけでこの作品を語ることなど
僕には不可能に思われ、
朦朧とした頭で考えた漠然とした印象を記す所存です。

物語の中心となる小四(シャオスー=チャン・チェン)
小明(シャオミン=リサ・ヤン)はともかく、
多くの人物が登場するわりには説明的なクローズアップがなく、
まして小四=張震、王茂=小猫王など
ひとりの人物にふたとおりの名前があったりして、
誰が誰なのかを把握するのにかなりの時間を要しました。
また、小四が通う学校はさまざまな年齢層の生徒たちがいて、
(ただ単に身長差の問題かもしれないが)
そこがどういう学校なのか把握しづらかったのも事実です。

本作は、1960年代の台湾が置かれた政治的状況
色濃く反映されています。
日本の統治から解放(?)されたものの、
日本統治下の台湾で日本文化に慣れ親しんだ「本省人」
小四の家族のように中国本土から移り住んだ「外省人」との
微妙な軋轢。
子供たちの西部劇やプレスリーなどのアメリカ文化に対する憧れ。
さらには「外省人」たちのなかでの貧富の差がありありと表現されます。
大人たちはこの先どうなるかわからない「闇」のなか、
不安を抱えながら家族を守ろうと必死に生きていますが、
子供たちは大人たちの抱える「闇」を敏感に察知し、
否応なく影響を受けています。

親の恩恵を背に受けて不良グループで幅をきかせるもの、
親の困窮に巻き込まれるもの……。

社会の「闇」を反映してる不良グループどうしの抗争も
一見、微笑ましい青臭さを携えています。
小四と小明のもじもじした関係も
甘酸っぱい青春映画として十分魅力的です。
しかし、小明の元彼・ハニーの帰還によって
不良グループの抗争は激化し、
小四と小明の恋愛も破綻へ向かうのです。
というか、目が小さくていかにも可憐な小明はなかなかの小悪魔で、
その時々で寄り添う男を変えていたのです。
小明の依存体質は
病弱な母親を気遣い、親戚の家をたらい回しにされるうちに身につけた
彼女なりの処世術なのかもしれません。

物語の背景に漂う「闇」
演出によって具体的に何度も繰り返し登場します。
そもそも、無機質なのにエモーショナルな魔法をかける
エドワード・ヤン監督ですが、
本作の「闇」の表現は特筆すべきところがあります。
撮影所での見上げ見下ろすショットもしかり、
バスケットボールが跳ねてくる「闇」のシュールな不穏さ
ぞっとするほどかっこいい。
そして、ビリヤード場をアジトとするグループへの
カチコミシーンの素晴らしさ。

フィックスされたカメラはあたかも傍観者のように
怒号ひしめく暗闇を見つめています。
そして、小四が持つ懐中電灯が照らす小刀の切っ先……。
光と陰のコントラストだけで、この世ならざるものを映し出します。
ほかにも、ただ部屋の明かりのスイッチを
入れたり消したりしているだけのシーン
でも
独特な異空間を作り出してしまうのが
エドワード・ヤン監督の天才というほかありません。

具体的にも抽象的にも本作を覆い尽くしている「闇」を
かろうじて照らしていたのが、
小四が撮影所からくすねてきた懐中電灯でした。
「闇」に覆われた本作において、
小四が常に携帯する懐中電灯は
近視的な視野の確保とかすかな希望を象徴していました。

しかし、小四が懐中電灯を撮影所に置き忘れた瞬間、
物語は取り返しのつかない真っ暗闇へと向かうのです。

本作が終盤にさしかかった頃には、
この物語が、実際の台湾初の少年犯罪に基づいていることを
すっかり忘れていたので、
小四が小明を刺し殺してしまうことに衝撃を受けました。
「私を変える気? この社会と同じ。何も変わらないのよ」という
小明の大人びた諦念が小四には許せなかったのかもしれません。
つねに淡々としていた小四がため込んでいた
行き場のない怒りと絶望感に暗澹たる気持ちになりました。

出来ることなら、何度でも見返して噛みしめたい作品です。
英語版のBlu-rayはあるようですが、
なんとかして日本語字幕付きソフト化を願うばかり。





にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
↑お気に召したらクリックしていただけますと、もんどりうって喜びます。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

のほうず

のほうず
映画が好きで観るのはいいが、
かたっぱしから忘れていくので
オツムのリハビリ的ブログ。
******************
当ブログの文章・画像およびイラストの無断転載を禁じます。引用される場合は、出典の表記と当ブログへのリンクを設定してください。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

お気に召したら
クリックお願いします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

スポンサードリンク

↓過去の記事はこちらから!↓

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンタ