" />

お嬢さん

ojousan.jpg



(原題:Ah-ga-ssi 2016年/韓国 145分)
監督/パク・チャヌク 製作/パク・チャヌク、シド・リム 原作/サラ・ウォーターズ 脚本/チョン・ソギョン、パク・チャヌク 撮影/チョン・ジョンフン 美術/リュ・ソンヒ 衣装/チョ・サンギョン 編集/キム・サンボム、キム・ジェボ 音楽/チョ・ヨンウク
出演/キム・ミニ、キム・テリ、ハ・ジョンウ、チョ・ジヌン、キム・ヘスク、ムン・ソリ

概要とあらすじ
「オールド・ボーイ」のパク・チャヌク監督が、イギリスの人気ミステリー作家サラ・ウォーターズの小説「荊の城」を原案に、物語の舞台を日本統治下の韓国に置きかえて描いたサスペンスドラマ。1930年代、日本統治下の韓国。スラム街で詐欺グループに育てられた少女スッキは、藤原伯爵と呼ばれる詐欺師から、ある計画を持ちかけられる。それは、莫大な財産の相続権を持つ令嬢・秀子を誘惑して結婚した後、精神病院に入れて財産を奪い取ろうというものだった。計画に加担することにしたスッキは、人里離れた土地に建つ屋敷で、日本文化に傾倒した支配的な叔父の上月と暮らす秀子のもとで、珠子という名のメイドとして働きはじめる。しかし、献身的なスッキに秀子が少しずつ心を開くようになり、スッキもまた、だます相手のはずの秀子に心惹かれていき……。秀子役を「泣く男」のキム・ミニが務め、スッキ役は無名の新人女優キム・テリをオーディションで抜擢。伯爵役は「チェイサー」のハ・ジョンウ、秀子の叔父・上月役は「最後まで行く」のチョ・ジヌンがそれぞれ演じた。(画.comより



耽美的超ド変態エロ馬鹿ミステリー

『イノセント・ガーデン(2013)』から4年、
韓国では7年ぶりとなるパク・チャヌク監督
『お嬢さん』を一言で言うと、
耽美的超ド変態エロ馬鹿ミステリーです。
(全然、一言じゃない)

あいかわらず馬鹿なので
原作のサラ・ウォーターズ『荊の城』
読んだことがないのですが、
物語の舞台を19世紀のヴィクトリア朝ロンドンから
日本統治下の韓国に移してしまうあたりに、
『渇き(2009)』と同様の発想の飛躍を感じさせます。
このなんとも大胆な舞台の変更が
本作の倒錯的な魅力に大きく貢献していると思います。

日本とイギリスに傾倒する資産家、
上月(チョ・ジヌン)が暮らす屋敷のツギハギ的和洋折衷感を始め、
室内に設けられた日本庭園風の仕掛けと
洋風なインテリアの混在もさることながら、
やっぱり、台詞の半分以上を占める日本語
絶妙な違和感をもたらしています。
俳優陣は皆一様にとても日本語が上手なのですが、
それでもちょっとずつおかしいのです。

おそらくこの微妙な違和感を味わえるのは、
ネイティブな日本語を理解する人間だけに与えられた特権
本作を観るときばかりは、自分が日本人でよかったと思えます。
(某映画サイトの評論には
「日本人であることを忘れて楽しむべし」とありましたが、
 なんでわざわざそんなもったいないことを薦めるのか
 理解に苦しみます)
ちょっとだけ片言(母国語ではない)の台詞回しは
「なりすまし」を描く本作の世界観を形成するための
重要なギミック
だと思います。

また、日本語を学ぶ少女の口から
「目、鼻、口…」と続いた後、
「ち●ぽ、ま●こ」という台詞が飛び出したときの胸のざわつき
言葉を理解していればこそでしょう。
「ち●こ」ではなく「ち●ぽ」であることのおかしみなど、
翻訳されて字幕になったときに失われるニュアンスは
やはり少なくないと思うのです。
(まあ、どんな字幕付き映画にもつきまとう問題ではあるが)
あとは、韓国人が
本作をどう感じるのかは、興味深いところ。

三部構成になっている本作の第一部が始まると、
たたみかけるように状況説明が続きます。
正直に告白すると、上月がどんな商売をして
何を目的に日本人資産家を集めてエロ本朗読会をやっているのか、
イマイチよくわかりませんでしたが、
(最後に「おれはいやらしいことが好きなだけだ」というので
 上月がただの変態スケベなのは理解しています)
とにかく、上月の姪であり、
莫大な資産の相続権を持つ秀子(キム・ミニ)を誘惑し、
結婚して日本に連れ去った後で精神病院送りにして
秀子の財産を奪おうと企む詐欺師の
自称・藤原伯爵(ハ・ジョンウ)
孤児を集めた強盗団の中から選んだスッキ=珠子(キム・テリ)
あらかじめ秀子の侍女として上月家に送り込み、
策略の下ごしらえをさせるのでした。

スッキ=珠子を演じるキム・テリは、
1990年生まれの現在26歳というには幼い可愛さで、
なんと新人でほとんど演技経験もないというから驚きです。
日本語も流暢だし、ひとつひとつの表情がつねに魅力的。
しかも、キスはするわ乳首咥えるわク●ニするわで
『アデル、ブルーは熱い色(2014)』ばりの
濃厚レズシーンまでこなしています。

スッキ=珠子は秀子に仕えるうち、
徐々に秀子への想いを募らせていきます。
しかし、藤原伯爵の計画は着々と進み、
秀子と藤原伯爵、そしてスッキ=珠子は日本へと渡って、
秀子の財産を現金化し終わったところで
秀子を精神病院へ送り込めば一件落着……だったはずが、
突如、スッキ=珠子が秀子だということにされ、
病院送りになる羽目に。

ダーイドーンデーンガーエシッ!!

第二部になると、
すべての顛末を秀子視点で振り返る展開に。
こういう構成には、
それまでの出来事を添削しつつ理解していくような楽しみがあります。
しかし、これでもまだ本当の真実は明かされていないので、
第一部の最後で病院に連れ込まれるスッキ=珠子がわめく姿を見て
クスッと笑う秀子の真意は誤解されたままです。

秀子の幼少期から遡る第二部では、
上月の変態性が炸裂。
日本人妻=秀子の叔母(このあたりが若干ややこしい)の
後を引き継いだ秀子に
日本語の春本を朗読させて萌えるおっさんたち。
気色の悪い笑いに満ちています。
この間、秀子がたやすく落ちないと悟った藤原伯爵は
自身の企みを秀子に打ち明け、
スッキ=珠子を陥れることで共謀者となるのでしたが、
すでにスッキ=珠子に愛情を持ち始めている秀子は葛藤し、
叔母と同じように桜の木の枝で首を吊ろうとしますが、
感極まったスッキ=珠子が助けに入り、
こちらもやっぱり自分が藤原伯爵の手先だったことを打ち明けます。
自分が騙されていたことを知ったスッキ=珠子が
腹立たしさのあまり、支えていた秀子の足を離し、
宙ぶらりんになった秀子が苦しむ
というカットは
劇場をブラックな笑いで包みました。

改めて互いの気持ちを確かめた
秀子とスッキ=珠子は
上月自慢の春画&春本コレクションをズタズタに破壊します。
積極的に憤るスッキ=珠子を見守る秀子の恍惚とした表情が
開放感に満ちています。
仕上げに、長い廊下に鎮座していた蛇の作り物(?)を
破壊してみせるスッキ=珠子。

もちろん、蛇は男根の象徴。
女性を束縛し蹂躙する男性社会に対する反撃の狼煙です。

というわけで、第三部は
男たちがしっぺ返しを食う番です。
まんまと秀子&スッキ=珠子の裏切りに引っかかった藤原伯爵は
(毒入りワインを飲む飲まないのくだりもナイス)
捕らえられて上月のもとへ。
春画から飛び出してきたような巨大な蛸がいたり、
ホルマリン漬けのチ●ポ・コレクションが飾ってある地下室で
藤原伯爵の指を一本ずつ切断しながら、
秀子との一夜を説明させる上月。

100%ド変態ですが、どこか無邪気さも感じます。
それでも藤原伯爵は最後の反撃をみせ、
水銀入りのタバコの煙を部屋に充満させ、
「ちんぽがついたまま死ねてよかった」という名言を残して
息絶えるのでした。
移動する車の中で、藤原伯爵が3本のタバコを一気に吸うのが
律儀な伏線になっているのも気持ちいい。

まあとにかく、
自分の利益を優先する者たちが騙し合い、
それぞれが何者かになりすましているのですから
最後までまだ誰かが寝返るんじゃないかとハラハラしましたが、
具体的にも抽象的にも束縛された女性を解放し、
最終的な勝者として描くパク・チャヌク監督の
一貫した女性賛歌
であり、
極上の変態エンターテイメントです。
ヘンタイテイメントです。





にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
↑お気に召したらクリックしていただけますと、もんどりうって喜びます。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

のほうず

のほうず
映画が好きで観るのはいいが、
かたっぱしから忘れていくので
オツムのリハビリ的ブログ。
******************
当ブログの文章・画像およびイラストの無断転載を禁じます。引用される場合は、出典の表記と当ブログへのリンクを設定してください。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

お気に召したら
クリックお願いします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

スポンサードリンク

↓過去の記事はこちらから!↓

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンタ