" />

カルト

cult.jpg



(2012年/日本 84分)
監督・脚本/白石晃士 プロデューサー/一瀬隆重 撮影/平尾徹 VE/栃木光貴
三木誠 美術/横守剛 特殊メイク/百武朋 視覚効果/本田貴雄 録音/井村優佑 音楽/はい島邦明 編集/深沢佳文
出演/あびる優、岩佐真悠子、入来茉里、岡本夏美、林田麻里、井上肇、山口森広、小山田サユリ、三浦涼介

概要とあらすじ
「オカルト」「テケテケ」の白石晃士監督が、3人の女性タレントが陥る恐怖を描いたホラー。人気タレントのあびる優、岩佐真悠子、入来茉里の3人は、霊にとり憑かれたというある母娘の除霊をする番組のレポーターを務めることに。しかし、母娘にとり憑いた霊は強力で、訪れた霊能力者たちは次々に倒れてしまう。最強の霊能力者と言われるNEOが除霊に挑むが……。あびる、岩佐、入来はそれぞれ本人役で出演。(映画.comより



もしかして、これは社会派映画なのか?

お噂はかねがねだったけれど、
多分、これが初めての白石晃士監督作品
『カルト』です。
「本当にあった○○」系のテレビの心霊特番を模したような
数あるビデオ作品のひとつだと思っていたのですが、
本作独特のヘンテコさに引き込まれました。

本作が、テレビの心霊番組という体をなした
モキュメンタリーなのは予想通りでした。
本人役で登場するあびる優、岩佐真悠子、入来茉里
3人のレポーターの中で
やっぱり目を惹くのはあびる優。
キャバ嬢的アイメイクによって
決して素顔が想像できないあびる優がもたらす
下世話さと独特な地上波感が
妙なリアリティを与えています。

霊能者を引き連れて
心霊現象が起きるという一軒の家を訪れた3人。
ま、いろんな怪奇現象が起こり、
同伴していた霊能者では力が及ばないということで
師匠の霊能者にお鉢が回ってきます。
ところがこの家に取り憑いている悪霊とおぼしきなにかは
想像以上に強力で
師匠までも餌食となってしまいます。

そこで登場するのが
DAIGOとDaiGoを足して2で割ったようなネオ(三浦涼介)。
いけ好かない態度のネオは
これまでの霊能者はなんだったのかとと思うほど万能で、
次から次へと問題を解決していきます。
正直、本作が怖いかといわれれば、
恐怖描写のミミズみたいな悪霊はCG頼みで
ちっとも怖くありません。
そこは期待外れでしたが、
ありきたりな心霊現象の積み重ねにもかかわらず、
どういうわけか引き込まれるのです。

で、終盤にさしかかって
それまでライトな心霊ホラーだと思っていた本作は
思いもよらない急展開をみせるのです。
なんと、自宅の心霊現象に悩まされていた母娘の
母親(小山田サユリ)
じつは本当の母親ではないということが明らかに。
それがタイトルの「カルト」の所以でもありますが、
土地や家に取り憑く死霊の物語から
現代的な生き霊の物語へとダイナミックにシフト。
超常現象を引き起こしていたのは
狂信的な人間の業
だというわけですから、
本作がすっきりとしたエンディングを迎えるはずもありません。
もしかして、これは社会派映画なのか?

デジタルカメラによる映像の薄っぺらさは
否定できませんが
それもテレビディレクターが手持ちカメラで撮影しているという
設定をふまえればさほど気になりません。
ホラー映画を観て怖がりたいという期待は満たされませんでしたが
想像もしない驚きを得られる作品です。





にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
↑お気に召したらクリックしていただけますと、もんどりうって喜びます。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

のほうず

のほうず
映画が好きで観るのはいいが、
かたっぱしから忘れていくので
オツムのリハビリ的ブログ。
******************
当ブログの文章・画像およびイラストの無断転載を禁じます。引用される場合は、出典の表記と当ブログへのリンクを設定してください。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

お気に召したら
クリックお願いします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

スポンサードリンク

↓過去の記事はこちらから!↓

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンタ