" />

アウトレイジ ビヨンド

outragebeyond.jpg



(2012年/日本 112分)
監督・脚本・編集/北野武
出演/北野武、西田敏行、三浦友和、加瀬亮、中野英雄、小日向文世

あらすじ
北野武監督・主演で悪人同士の壮絶な権力争いを描いたバイオレンス映画「アウトレイジ」の続編。関東最大の暴力団組織・山王会の抗争から5年。関東の頂点を極め、政治の世界に進出するなど過剰に勢力拡大を進める山王会に対し、組織の壊滅を図る警察が動き始める。関西の雄ともいえる花菱会に目をつけた警察は、表向きは友好関係を保っている東西の巨大暴力団組織を対立させようと陰謀を企てる。そんななか、以前の抗争中に獄中死したはずのヤクザ・大友が生きていたという事実が持ち出され、突然出所を告げられる。(映画.comより)




「形だけですよ」って怖いヨ、馬鹿野郎!

料金が安いので、平日の昼間に観に行きましたが
上映中に携帯をいじる馬鹿ガキばっかりで散々でした。
ある意味、あいつらがアウトレイジかも!?

前作「アウトレイジ」は、
「馬鹿野郎!」「このやろう!」の応酬で
存分に楽しめる娯楽作品になっていましたが、
続編となる今回の「ビヨンド」は少し趣が違うように感じました。

続編ということで
ストーリーにいろいろと「ケリをつける」必要があったのか
群像劇として脚本が綿密に練られていると思いました。
これまでの北野映画にあったような「間」はほとんどなく、
つめるだけつめたという印象です。

死んだはずの大友(北野武)がじつは生きていた。
これは前作のラストシーンですでに続編があると
匂わせていたようなもんですね。
前作を観ていないと、ストーリーがわからないということは
ないでしょうが、前作がフリになっているシーンもあるので
観ておいたほうがより楽しめます。
(「なにかっつーと、腹やられるな」とか(ここ爆笑)、
  中野英雄の指つめとか…)

前作との最大の違いは、
大友にはもうヤクザをやる気がないということです。
刑事の片岡(小日向)に煽られても、
古い知り合いの韓国ヤクザに誘われても
いまひとつ乗り気じゃありません。
おそらく本人も自覚しているでしょうが
画面に映るたけしからは老いが感じられます。
バイク事故以来、劣化した滑舌も含めて、
いよいよおじいちゃんっぽくなってきたな〜という印象は
否めませんが(それでもかっこいいけどね)
今後の作品で「老い」がテーマになることも
あるかもしれませんな。
この映画の撮影は、東日本大震災の影響を受け、
一時中断を余儀なくされましたが、
その中断期間が少なからず作品に影響を及ぼしていると思います。
ただただ自分の主張を繰り広げて対立する人たち。
この映画の舞台はヤクザの抗争ですが
震災後の状況を巡るさまざまな衝突が反映されているように感じます。

そして、唐突なラストシーン!
これまでの北野映画の主人公たちは
たけし自身の自殺願望を反映してか、主に自死へと向かっていましたが、
「ビヨンド」では、世界のほうを終わらせます。
この転換にも、震災後の日本社会に対する
たけしの怒りが込められているように感じました。





にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

のほうず

のほうず
映画が好きで観るのはいいが、
かたっぱしから忘れていくので
オツムのリハビリ的ブログ。
******************
当ブログの文章・画像およびイラストの無断転載を禁じます。引用される場合は、出典の表記と当ブログへのリンクを設定してください。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

お気に召したら
クリックお願いします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

スポンサードリンク

↓過去の記事はこちらから!↓

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンタ