" />

スケア・キャンペーン

scarecampaign.jpg



(原題:Scare Campaign 2016年/オーストラリア 76分)
監督・脚本/リン・ケアンズ、キャメロン・ケアンズ 製作/ジュリー・ライアン 撮影/ジョン・ブローリー 美術/ジャスティン・ディックス 衣装/エスター・マリー・ヘイズ 編集/アダム・ホワイト、デイル・ダン 音楽/グレン・リチャーズ
出演/ミーガン・ワーナー、イアン・メドウズ、オリビア・デヨング、パトリック・ハーベイ、カサンドラ・マグラス、ジョン・ブランプトン、ジェイソン・ギアリー、シグリッド・ソーントン

概要とあらすじ
人気ドッキリ番組の撮影現場に本物の殺人鬼が現われたことから巻き起こる惨劇を、二転三転するストーリー展開と臨場感あふれるPOV映像で描いたオーストラリア製スリラー。出演者をニセの心霊現象などで怖がらせるドッキリ企画で長年人気を集めてきたテレビ番組「スケア・キャンペーン」。しかし最近は無料動画投稿サイトの過激な映像に押され、人気が下降しつつあった。そんな現状を打ち破るべく、廃墟となった病院を使い、迷い込んできた一般人を大規模な仕かけで驚かそうというドッキリ企画を敢行することに。やがて、病院内に不審な男がやって来るが、その男は本物の殺人鬼で、番組スタッフを1人また1人と血祭りにあげていく。監督・脚本は「モーガン・ブラザーズ」のコリン&キャメロン・ケアンズ兄弟。ヒューマントラストシネマ渋谷、シネ・リーブル梅田で開催の「未体験ゾーンの映画たち2017」上映作品。(映画.comより



もういっちょ、逆逆ドッキリを

テレビマンが視聴率に追われるのは
万国共通なのねという
『スケア・キャンペーン』です。
監督・脚本が『モーガン・ブラザーズ』
コリン&キャメロン・ケアンズ兄弟ということで
一抹の不安がありましたが
まあ、アレよりはマシでした。
とはいえ、ちゃんと物足りなさが残るあたり、さすがだね♡
上記の映画.comの紹介文に
なぜか「臨場感あふれるPOV映像」とありますが、
ごく一部を除いてまったくPOVではありません。

心霊ドッキリ番組「スケア・キャンペーン」の
視聴率が頭打ちでかんかんの女性プロデューサー(?)。
人気の動画投稿サイト「マスクフリークス」
もっと過激なことをやってるじゃないか。
お前ら、もっとしっかりしろ、というわけで
尻を叩かれた番組ディレクターのマーカス(イアン・メドウズ)
廃墟の病院を使った大仕掛けなドッキリを敢行。
マーカスとデキてる主演女優のエマ(ミーガン・ワーナー)
乗り気ではないものの、しぶしぶ出演することに。

ドッキリのターゲットとして現れたのは
かつてこの病院で働いていた庭師の男で精神異常者。
男を怖がらせるつもりが反撃されて……という
逆ドッキリなわけです。
エマ以外のスタッフは当然承知の上ですが
控え室でもエマを騙す演技を律儀に続けてらっしゃいます。
そうとは知らないエマは
仕込みのキチガイ男に本気で反撃してしまい、ブスリ。

というわけで、一体どこまでがドッキリで
どこからが現実なんだー! と
映画を観ているこっちもエマと一緒に騙され、
すべてに疑心暗鬼になる……のなら
もっとワクワク出来たはずですが、
そこまで綿密に脚本が練り上げられているわけではなく、
意外性はさほどありません。
さらにマスクフリークスの連中が登場し、
本気の殺戮を繰り広げるのですが、
エマには逆ドッキリがバレてしまうので、
騙し騙さるドッキリ↔逆ドッキリの面白みは
すっかり消え去ってしまい、
敵味方が明確になってしまったのは残念なところです。

まあ、アビー(オリビア・デヨング)という
小生意気な少女がマスクフリークスの仕込みだったというのが
最後の裏切りなのかもしれませんが、
だからといって、マスクフリークスの存在自体に変化はなく、
どんでん返しと呼べるものではありません。

どうせなら、
マスクフリークスはプロデューサーの仕込みで
逆ドッキリのターゲットであるエマが
逆逆ドッキリの仕掛け人、
そして、最終的に騙されていたのはマーカスだった
……みたいに
もういっちょ観客を裏切る仕掛けがあったら
よかったのにな〜と。





にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
↑お気に召したらクリックしていただけますと、もんどりうって喜びます。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

のほうず

のほうず
映画が好きで観るのはいいが、
かたっぱしから忘れていくので
オツムのリハビリ的ブログ。
******************
当ブログの文章・画像およびイラストの無断転載を禁じます。引用される場合は、出典の表記と当ブログへのリンクを設定してください。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

お気に召したら
クリックお願いします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

スポンサードリンク

↓過去の記事はこちらから!↓

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンタ