" />

ロスト・バケーション

lostvacation.jpg



(原題:The Shallows 2016年/アメリカ 86分)
監督/ジャウム・コレット=セラ 製作/リン・ハリス、マッティ・レシェム 脚本/アンソニー・ジャスウィンスキー 撮影/フラビオ・ラビアーノ 美術/ヒュー・ベイトアップ 衣装/キム・バレット 編集/ジョエル・ネグロン 音楽/マルコ・ベルトラミ
出演/ブレイク・ライブリー

概要とあらすじ
テレビシリーズ「ゴシップガール」のブレイク・ライブリーが人食いサメと対峙するサーファーを演じるサバイバルアクション。監督は「フライト・ゲーム」「ラン・オールナイト」のジャウム・コレット=セラ。サーファーで医者のナンシーは、休暇で秘境のビーチにやって来た。時を忘れ、日が暮れるまでサーフィンを楽しんだナンシーは、海中で突然何かにアタックされ、足を負傷してしまう。なんとか近くの岩場にたどり着いたナンシーは、岩の周囲を旋回するどう猛で危険な存在が自分を狙っていることに気がつく。岩場から海岸までの距離はわずか200メートルだが、時間とともに潮が満ち、海面が上昇。足下の岩場が沈むまでの時間は、わずか100分しか残っていなかった。(映画.comより



ナンシー、すげえな

人間がサメを恐れるようになったのは
『ジョーズ(1975)』以降
……というのは
さすがに言い過ぎですが、
サメに対する恐ろしいイメージを植え付けたのは
やはり『ジョーズ』だったのではないでしょうか。
その後、B〜C級の「サメ映画」は量産されていますが、
『ロスト・バケーション』
海の怖さに原点回帰した
かなりまっとうな「サメ映画」です。

医学生のナンシー(ブレイク・ライブリー)
病に冒された母を救えなかった自分の無力さと
医学そのものにもなかば絶望し、
傷心を癒やすため、
メキシコにある亡き母との思い出の「秘密のビーチ」へと
サーフィンをしにやってきたのでした。
旅の友は二日酔いで、彼女ひとりきり……という
お膳立てはよくできていると思います。
スマホ画面と後半のストップウォッチの表現の仕方は
センスがいいとは思えませんでしたが、
『ジョーズ』をお手本にしたような
水面すれすれの映像や、
ときおり挟まれる、水中から海面を見上げるようなショット

「なにか」の存在を感じさせてナイス。
とくに序盤は俯瞰ぎみの波の映像が美しいので
大きいスクリーンで観たいなあと思いました。

そして、あたりまえのことですが
ナンシーはサメに襲われます。
すんげえ巨大なサメなので
最初の一口で脚を全部持って行かれないのはなぜ?
と思わなくはないけれど、
まあとにかく、ナンシーは
かろうじて水面から顔を出した岩場の上に逃げ延びるのでした。
そして、ワンシチュエーション・スリラーの始まりです。
孤立無援のナンシー……かと思いきや、
傷ついたカモメがまるでパートナーのように付き添っているのは
とてもいいアクセントのような気もするし、
ナンシーの孤独感を削いでいるような気もするし……。
関わり具合は、結構微妙です。
ちなみに、サメはフルCGですが、
カモメはすべてCGではないんだとか!

医学生のナンシーは
自分が身につけていたアクセサリーを使って
サメにかじられた傷を縫合します。
いわずもがなこれは、医学に失望していたナンシーが
医学によって自分の身を守ることで、
医学の重要性をナンシーに再認識させる働きがあります。
極限の状況で持ち前の知識を用いてサバイバルする姿は
ギミックとして面白いのですが、
それ以降、カモメの脱臼を治す以外に
医学的知識を活用するシーンが登場しないのは残念なところ。

サメ描写に関しては、かなりもったいぶっています。
それが不気味だと言われればそうかもしれませんが、
物足りなさは否めません。
なにしろ、物語自体が
岩場の上でのナンシーの一人芝居が中心なので
もうちょっと怖いディティールを追加して欲しかったなー
とは思います。
クライマックスにおけるブイの上での格闘は、
ある程度の迫力を感じるものの、
まったく怯える様子を見せなくなったナンシーが
あまりにも勇ましいので、
彼女と一緒になってサメを怖がるよりも
ナンシー、すげえなと感心してしまいました。
ブイをつなぎ止めていた鎖が巻き取られる(?)仕組みが
よくわかりませんでしたが、
それを利用してサメを退治してしまうナンシー……。
どうやってそれを思いついたんだろうか。

文句ばっかり言っているようですが、
それなりに楽しめますよ。
あくまでライトにではありますが。





にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
↑お気に召したらクリックしていただけますと、もんどりうって喜びます。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

のほうず

のほうず
映画が好きで観るのはいいが、
かたっぱしから忘れていくので
オツムのリハビリ的ブログ。
******************
当ブログの文章・画像およびイラストの無断転載を禁じます。引用される場合は、出典の表記と当ブログへのリンクを設定してください。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

お気に召したら
クリックお願いします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

スポンサードリンク

↓過去の記事はこちらから!↓

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンタ