" />

裏切りのサーカス

uragiricircus.jpg



(原題:Tinker Tailor Soldier Spy 2011年/フランス・イギリス・ドイツ合作 127分)
監督/トーマス・アルフレッドソン 原作/ジョン・ル・カレ 脚本/ピーター・ストローハン、ブリジット・オコナー 撮影/ホイテ・バン・ホイテマ 音楽/アルベルト・イグレシアス
出演/ゲイリー・オールドマン、キャシー・バーク、ベネディクト・カンバーバッチ、コリン・ファース、スティーブン・グレアム、トム・ハーディ、キアラン・ハインズ、ジョン・ハート、トビー・ジョーンズ、デビッド・デンシック

概要とあらすじ
スパイ小説の大家ジョン・ル・カレの代表作を「ぼくのエリ 200歳の少女」のトーマス・アルフレッドソン監督、ゲイリー・オールドマン主演で映画化したスパイスリラー。1960年代のロンドン。ある作戦の失敗でイギリスの諜報機関サーカスを引責辞職したジョージ・スマイリーに、ある日特命が下される。それは、いまもサーカスに在籍する4人の最高幹部の中にいる裏切り者=2重スパイを探し出せというものだった。共演にコリン・ファース、トム・ハーディ、ジョン・ハートほか。(映画.comより)



男、男、おっさん、男

イギリスのスパイといえば、
どうしたって007=ジェームズ・ボンドとなりますが
『裏切りのサーカス』に登場するスパイたちは
派手な銃撃戦やアクションを必要としていません。
元MI6の諜報部員だった経歴を持つジョン・ル・カレ原作
『ティンカー、テイラー、ソルジャー、スパイ』
実際に現場にいたものだけがわかる地味な心理戦が魅力なのです。

なんてことを言うと、まるで原作を読んでいるようですが
あいかわらず原作はまったく読んでおりません! ふはは!
原作はなかなか難解な(特に翻訳が)代物のようで
この映画化にあたっては原作者のジョン・ル・カレ自身が
製作から全面協力に乗り出したということですが
ほとんどの場合、原作者が映画製作に口を出したりすると
まあ、ロクなことにはなりません。
原作者が映画の手法を理解せずに、原作の世界観に固執すると
映画監督と揉めるのは目に見えています。

ところが、完成したこの作品を観たジョン・ル・カレは
「これは単なる小説の映画化ではない。本作自体が芸術作品だ。
 私は原作を提供したことを誇りに思っている」

と大絶賛しているのです。
当然、原作の脚本化にあたって多くの変更があったはずですが
それでも原作者をここまで絶賛させたのは
この作品がそれほど素晴らしい出来だったということでしょう。
もしくは、ジョン・ル・カレがすんごいお人好しだったか。
(んなこたーないか)

とにかく、男、男、おっさん、男、と男だらけです。
みんな仕立ての良さそうなスーツを着ているあたりは
ジェームズ・ボンドとのわずかな共通点かも知れませんが
それぞれのキャラクターにあったスーツを着こなしている様は
それだけでかっこいいのです。

「サーカス(諜報機関)」を仕切っていた
コントロール(ジョン・ハート)が作戦失敗の責任を取り、
スマイリー(ゲイリー・オールドマン)と共に引退します。
その後、コントロールは死んでしまいますが
「サーカス」のなかに「もぐら(裏切り者=2重スパイ)」
いるという情報があり、その調査のために
白羽の矢が立ったのがすでに引退して部外者となっていた
スマイリーなのです。
スマイリーがメガネを新調する何気ないシーン
これからスマイリーが眼光鋭く謎を解いていくことを
予感させているのでしょう。

派手なアクションがないとはいえ、
無駄なセリフを省いた映像は静かな緊張感が常に流れ、
書庫から書類を盗んでカバンに入れて帰るという地味なシーン
スリル満点に演出されていて、
こういうドキドキは久しぶりに味わったような気がします。

男だらけといいましたが
「モグラ」を見つける謎解きのスリルと並行して
いくつかのラブストーリーも登場し、物語に深みを与えています。
もっとも切ないのは、スマイリーとその妻アンのエピソードですが
秀逸だと思うのは、アンが一度も顔を見せないこと!
それによってアンの存在がさらに神秘的なものになっています。

原作を読んでいないので勝手なことは言えませんが
公式サイトやその他の情報によると
原作ではそれぞれの登場人物について、
その人物像や背景や人間関係が
本筋から甚だしく脱線するほど詳細に綴られているそうですが
それをそのまま映画で語るのは不可能だし邪魔。
そして、脚本で用意されたのが
原作にはない「クリスマス・パーティー」のシーンだそうです。
何度となくフラッシュバックされるこのシーンだけで
サーカス内の人間関係と人物の特徴を集約させているのです。

何度もいいますが原作を読んでいない僕は
ラストで『ユージュアル・サスペクツ』のような
大どんでん返しがあるんじゃないかと密かに期待していました。
そう、「モグラ」のボスはスマイリーだった!…みたいな。
ま、そうはいきませんでしたが十分満足できる作品でした。





にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
↑お気に召したらクリックしていただけますと、もんどりうって喜びます。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

のほうず
映画が好きで観るのはいいが、
かたっぱしから忘れていくので
オツムのリハビリ的ブログ。
******************
当ブログの文章・画像およびイラストの無断転載を禁じます。引用される場合は、出典の表記と当ブログへのリンクを設定してください。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

お気に召したら
クリックお願いします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

スポンサードリンク

↓過去の記事はこちらから!↓

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンタ