" />

しあわせはどこにある

shiawasedoko.jpg



(原題:Hector and the Search for Happiness 2014年/イギリス・ドイツ・カナダ・南アフリカ合作 119分)
監督/ピーター・チェルソム 製作/ジュディ・トッセル、クラウス・ドール、クリスティーン・ヘーブラー、トリッシュ・ドールマン、フィル・ハント、コンプトン・ロス、クリスティアン・アンガーマイヤー 原作/フランソワ・ルロール 脚本/マリア・フォン・ヘランド、ピーター・チェルソム、ティンカー・リンジー 撮影/コーリャ・ブラント 美術/マイケル・ダイナー 衣装/ガイ・スペランザ 編集/クラウス・ウェーリッシュ 音楽/ダン・マンガン、ジェシー・ジュボ
出演/サイモン・ペッグ、ロザムンド・パイク、トニ・コレット、ステラン・スカルスガルド、ジャン・レノ、ベロニカ・フェレ、バリー・アトスマ、クリストファー・プラマー

概要とあらすじ
「ワールズ・エンド 酔っぱらいが世界を救う!」のサイモン・ペッグと「ゴーン・ガール」でアカデミー助演女優賞にノミネートされたロザムンド・パイクが共演し、「マイ・フレンド・メモリー」「Shall We Dance?」などで知られるイギリス人監督ピーター・チェルソムがメガホンをとったドラマ。美人でしっかり者のクララとロンドンで不自由のない生活を送る精神科医のヘクター。しかし、患者たちの不幸話を聞き続ける日々の中、自分自身の人生に疑問を感じるようになる。本当の幸せとは何か、その答えを求め、ヘクターはイギリスから中国、チベット、アフリカ、そしてアメリカへと旅に出る。行く先々で出会った幸せのヒントを手帳に記録しながら、ヘクターは波乱万丈な旅を続けていく。(映画.comより



まあ一応、旅に出るのね

『ワールズ・エンド 酔っぱらいが世界を救う!』でも共演した
サイモン・ペッグロザムンド・パイクによる
『しあわせはどこにある』
それはたぶん身近にあるよと、観る前から言いそうになってしまう
いたってライトな人生賛歌といったところか。

精神科医のヘクター(サイモン・ペッグ)
仕事も順調だし、経済的にも恵まれているけれど、
患者を相手にセラピーを続けるうち、
幸せがなんなのかわからくなってきます。
恋人のクララ(ロザムンド・パイク)
スーパーな家政婦みたいにすべての世話をしてくれます。
あまり強調されていないけど、
彼女の母親然とした振る舞いが
ヘクターの自由を束縛していたのかもしれません。

で、ヘクターは
当てのない幸せ探しの旅に出ることにするのでした。
旅は非日常の連続です。だからこそ刺激に満ちています。
でもそれは、非日常だからこその魅力であって
いつかはクソつまらない日常へと戻らざるを得ないことを
前提としています。
(日常には戻らないというひともいるかもしれないが)
ということは、クソつまらない日常を
少しでも楽しく魅力的になるように目指すことにしか
幸せはあり得ない
わけで、
つまり、非日常の旅に出ようとする時点で、
幸せの答えが日常にあることはわかりきっているのですが、
一度非日常を味わってみないと日常のありがたみが実感できないので
まあ一応、旅に出るものなんですね。
あくまで気分転換のために。

ヘクターが幸せ探しの旅に出ると思い立って仕事を放棄し、
ビジネスクラスで中国へ向かっている時点で、
やっぱり幸せって経済力じゃんという思いを差し引いたとしても、
行く先々で適当な美女と出会い、
金持ちやら坊さんやら権力者やらの助けを借りるヘクター。
そうかと思えば、現地の住民からも鶴瓶並に愛されるヘクター。
こんなに都合のいい「幸せ」な男をみたことがありません。

というわけで、本作には
幸福な人生とは何かを深く追求するつもりなどさらさらなく、
幸せを望むことすら不可能な状況であえいでいるような人間は
登場しません。
世界をビジネスクラス(ときにはファーストクラス)で旅するヘクターは
一見して波瀾万丈な冒険をしているかのようにみえて
クララという自分を愛してくれる女性と
安定した職場がつねに担保されている
ので
ちょっと長めのバカンス、というか、
結婚を目前にした男が独身最後の羽目を外しているに過ぎず、
非常に表面的な幸福感に終始していて、
結末も予想通りです。

それでも本作がなんとな〜く楽しげなのは、
サイモン・ペッグ本人が持つ愛すべき親しみやすさと
化粧っ気の少ないロザムンド・パイクの飾らないかわいらしさに
依るところが大きいのではないでしょうか。
このふたりの掛け合いをみていることが
観客にとっての幸せなのです。





にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
↑お気に召したらクリックしていただけますと、もんどりうって喜びます。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

のほうず
映画が好きで観るのはいいが、
かたっぱしから忘れていくので
オツムのリハビリ的ブログ。
******************
当ブログの文章・画像およびイラストの無断転載を禁じます。引用される場合は、出典の表記と当ブログへのリンクを設定してください。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

お気に召したら
クリックお願いします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

スポンサードリンク

↓過去の記事はこちらから!↓

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンタ