" />

残穢 住んではいけない部屋

zane.jpg



(2016年/日本 107分)
監督/中村義洋 原作/小野不由美 脚本/鈴木謙一 企画/永田芳弘 撮影/沖村志宏照 明/岡田佳樹 美術/丸尾知行 音楽/安川午朗
出演/竹内結子、橋本愛、佐々木蔵之介、坂口健太郎、滝藤賢一、山下容莉枝、成田凌、吉澤健、不破万作、上田耕一

概要とあらすじ
小野不由美による第26回山本周五郎賞受賞の同名ホラー小説を「予告犯」「白ゆき姫殺人事件」の中村義洋監督により映画化。小説家の「私」に、読者である女子大生の久保さんから届いた一通の手紙。「住んでいる部屋で奇妙な音がする」とい書かれたその手紙に、好奇心から「私」と久保さんが調査を開始する。そこで明らかとなったのは、その部屋の過去の住人たちが転居先で自殺や無理心中、殺人などさまざまな事件を引き起こしたという事実だった。彼らは、なぜその部屋ではなく、さまざまな別の場所で不幸に遭ったのか。「私」たちは、ある真相にたどり着き、さらなる事件に巻き込まれることとなる。主人公の「私」役に竹内結子、久保さん役に橋本愛と人気女優が共演し、佐々木蔵之介、坂口健太郎、滝藤賢一らが脇を固める。(映画.comより



「理屈に合っていない」

はてさて、どんなふうに書き始めようかと考えている……
と、いうことから書き始めると、
なんとなくそれっぽい文章になるねという
『残穢 住んではいけない部屋』

小説家の「私」こと竹内結子
おそらく経済的な理由から
読者が心霊体験を綴った投稿をもとに記事を書いています。
夫の滝藤賢一もホラー作家のようですが
ふたりとも基本的に心霊現象には懐疑的です。
そんな竹内結子が
「畳をこするような音がする」という投稿を寄せた
久保(橋本愛)に興味を持ち、
徐々に「残穢」の深みにはまっていくというお話。

基本的に竹内結子のナレーションで進んでいく展開
かな〜り説明的すぎて、最初から眉唾ものです。
登場人物によるナレーションというのは
映画で描かれることがすべて終わったあとで
回想として語られることが多いのですが、
本作でのナレーションはその時点での心象を説明するためのものに過ぎず、
ナレーションで語られることのすべてを
なぜ映像で語ってくれないのか、という不満が
わりと序盤からわいてきます。

橋本愛は建築家志望であり、
(なんだ、あの積み木を重ねているようなパソコンのソフトは?)
かつ、ミステリー同好会にも所属しているという
なんとも本作にとって都合のいい設定なのですが、
竹内結子と橋本愛の関係が
ハガキの投稿者からメールでのやりとり、
さらには携帯電話で直接会話し、
果ては一緒に行動するようになる、
二人の関係性が緊密になっていく過程がまったく描かれないのは
どういうことか。

橋本愛が入居したマンションでの
不可解な出来事に端を発し、
その「残穢」の因果を辿る調査を始めるのですが、
「怪談話的にはこう」とか「これなら理屈が合う」とか
まるで心霊現象の真犯人を探すかのようなふたりの行動は
まったくもって「理屈に合っていない」のです。

そもそも、理屈には合わないけども
なぜか突然現れたりするから怖いのです。おばけは。
いくら過去の地図を調べて、
かつてそこで起きた忌まわしい事件にたどり着いたとしても、
あーそっか、だから黒い雲みたいなやつが這い回ったり、
床から赤ん坊がもりもり湧いて出てくるんだ〜、なんて
納得したりしません。
彼らがいくら土地にまつわる過去を辿り、
それらしい因果を巡り当てようとも
現実に「畳をこするような音」が聞こえることの根拠には
たどり着かない
のです。

最終的に竹内結子と滝藤賢一の夫婦が建てた新居の土地に
すべての「残穢」が集約するわけでもありません。
結局、「聞いても祟られる」し、「語っても祟られる」だけ。
だったら、意味のない謎解きの真似事はやめて、
ちょっとでも関わったらダメ。以上! という
『呪怨』のような潔い展開にするほかないのではないでしょうか。

これ、ホラー映画なんですよね。
だとしたら、もう少し怖がらせることを努力して欲しいもんです。
とにかく、全然怖くないんだよ。頼むよ。





にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
↑お気に召したらクリックしていただけますと、もんどりうって喜びます。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

のほうず
映画が好きで観るのはいいが、
かたっぱしから忘れていくので
オツムのリハビリ的ブログ。
******************
当ブログの文章・画像およびイラストの無断転載を禁じます。引用される場合は、出典の表記と当ブログへのリンクを設定してください。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

お気に召したら
クリックお願いします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

スポンサードリンク

↓過去の記事はこちらから!↓

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンタ