" />

ネオン・デーモン

neondemon.jpg



(原題:The Neon Demon 2016年/フランス・アメリカ・デンマーク合作 118分)
監督/ニコラス・ウィンディング・レフン 製作/レネ・ボーグルム、シドニー・デュマ、バンサン・マラバル 原案/ニコラス・ウィンディング・レフン 脚本/ニコラス・ウィンディング・レフン、メアリー・ローズ、ポリー・ステンハム 撮影/ナターシャ・ブレイア 美術/エリオット・ホステッター 衣装/エリン・ベナッチ 編集/マシュー・ニューマン 音楽/クリフ・マルティネス
出演/エル・ファニング、キアヌ・リーブス、カール・グルスマン、クリスティーナ・ヘンドリックス、ジェナ・マローン、アビー・リー、ベラ・ヒースコート

概要とあらすじ
「ドライヴ」のニコラス・ウィンディング・レフン監督がエル・ファニングを主演に迎え、究極の美を追求するファッション業界に渦巻く欲望と狂気を、きらびやかに彩られた独特の映像美とスタイリッシュな音楽に乗せて描いたサスペンススリラー。トップモデルを夢見て故郷の田舎町からロサンゼルスに上京してきた16歳のジェシー。人を惹きつける天性の魅力を持つ彼女は、すぐに一流デザイナーや有名カメラマンの目に留まり、順調なキャリアを歩みはじめる。ライバルたちは嫉妬心から彼女を引きずりおろそうとするが、ジェシーもまた自身の中に眠っていた異常なまでの野心に目覚めていく。モーテルで働く男ハンク役にキアヌ・リーブス。(映画.comより



表面的で軽薄な「美」への視線

『ドライブ』で注目を集めて多くの映画ファンを魅了し、
『オンリー・ゴッド』で、ん? てなった
ニコラス・ウィンディング・レフン監督
『ネオン・デーモン』……賛否両論のようですな。

監督自身は本作について、
「美への執着の肯定」「ナルシシズムの祝福」というようなことを
語っておられます。
タイトルにあった「NWR」というロゴはなんだろと思っていたら
監督のイニシャルだったとわかり、
そんなところにも監督のナルシシズムを感じます。

本作では随所にが登場します。
映画に登場する鏡は魔界への入口であり、
鏡を見つめるものは必ずや自分を見つめ返すことになるわけで
監督が語るナルシシズムを象徴するアイテムです。

物語はいたって簡単。
モデルになることを夢見て、
田舎からロスに出てきた16歳のジェシー(エル・ファニング)
純粋さを保ったその天性の美貌によって
ファッション業界で頭角を現すようになるうちに天狗になり、
嫉妬した先輩モデルたちによって
殺された挙げ句に食べられちゃうお話で、
とくに目新しさはありません。
(食べられるのは、取り込まれる、消費されることのメタファかと)

そんな物語を本作では
NWRが大好きなシンセサウンドにのせ、
じわーっとクローズアップするカメラワークと
じれったい間
で映し出していきます。
全編を通じてこの調子なのですが、
しかし、そのような手法が
不気味さや不可解さ、奇怪さやエロティシズムなどなどを
まったくもって感じさせてくれません。

物語的に類似した『マルホランド・ドライブ』のリンチ
NWRが師と仰ぐホドロフスキーを知っているものからすると
キチガイっぷりが物足りないのです。
よってすべてが「意味ありげ」なだけの軽薄なものにみえ、
スタイルだけを優先させた魂のないもののように感じてしまいました。
ん? それは本作の「美」を巡る考え方と同じではないか!
なるほど! NWRはあえて軽薄な演出をすることによって
ファッション業界を皮肉っていたのかー!!(違うと思う)

売れっ子カメラマンやデザイナーが
一目惚れしてしまうほど美しいジェシーには
観客を納得させるだけのキャスティングが重要だと思われます。
エル・ファニングは『スーパー8(2011)』よりさらに遡って、
『ドア・イン・ザ・フロア(2004)』のオープニングで
大写しになったときは(当時6歳)
疑いようのない完全なる天使でしたが
(まあその年頃なら誰でもそうかもしれないが)
正直、本作ではそこまでの美貌の持ち主とは思えず、
『マッド・マックス FR』ザ・ダグこと
アビー・リーのほうが美人だと思ってしまいました。
(好みの問題も多分にあろうかと思うが)
あと、カメラマンに全裸にされ、
金粉まみれにされたジェシーの全身を撮ることができなかったのは
痛恨の極みではないでしょうか。

デザイナーがモデルたちを集めてウォーキングさせるシーンのことを
NWRは「食肉工場」と言っていたそうです。
(映画秘宝2017年2月号より)
あんた、椅子に座ってる女、好きだねぇというのはともかく、
「美」の品評会で選別される人々(主に女性たち)を
取り巻く現実は非常に残酷ではあります。
ただ、前述の映画秘宝で高橋ヨシキさんが言及されているように
世界には多種多様な「美」の基準があり、
「見た目より中身が大事」というような物言いとは別の
価値観が存在するのも事実でしょう。
本作で語られる「美」とは、
商品化に際してのスタンダードな「美」に限定されており、
美容整形やダイエットに対する揶揄も非常に表面的
とっくに誰もが感じている歪さ以上のものは提示してくれません。
あえていえば、ワイドショーってくだらねぇぜと言っているようなもので
そんなことは誰でも知っていることです。

この際、演出的なことはさておき、
本作の最大の問題は
「美」のあり方について問うているにもかかわらず、
「美」に対する新たな概念を
発見&提示できなかったこと
ではないでしょうか。

つーか、モード・ファッションの
衣裳やメイクって、なんであんなに阿保みたいなんでしょうね。





にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
↑お気に召したらクリックしていただけますと、もんどりうって喜びます。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

のほうず

のほうず
映画が好きで観るのはいいが、
かたっぱしから忘れていくので
オツムのリハビリ的ブログ。
******************
当ブログの文章・画像およびイラストの無断転載を禁じます。引用される場合は、出典の表記と当ブログへのリンクを設定してください。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

お気に召したら
クリックお願いします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

スポンサードリンク

↓過去の記事はこちらから!↓

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンタ