" />

ヒメアノ~ル

himeanouru.jpg



(2016年/日本 99分)
監督・脚本/吉田恵輔 原作/古谷実 撮影/志田貴之 照明/中西克之 録音/小黒健太郎 整音/石貝洋 美術/龍田哲児 編集/鈴木真一 音楽/野村卓史
出演/森田剛、濱田岳、佐津川愛美、ムロツヨシ、駒木根隆介、山田真歩、大竹まこと

概要とあらすじ
「行け!稲中卓球部」「ヒミズ」の古谷実による同名コミックを、「V6」の森田剛主演で実写映画化。森田が、次々と殺人を重ねていく主人公の快楽殺人犯・森田正一役を演じ、「純喫茶磯辺」「銀の匙 Silver Spoon」などを手がけた吉田恵輔監督がメガホンをとった。平凡な毎日に焦りを感じながら、ビルの清掃のパートタイマーとして働いている岡田は、同僚の安藤から思いを寄せるカフェの店員ユカとの恋のキューピッド役を頼まれる。ユカが働くカフェで、高校時代に過酷ないじめに遭っていた同級生の森田正一と再会する岡田だったが、ユカから彼女が森田にストーキングをされている事実を知らされる。岡田役を濱田岳、ユカ役を佐津川愛美、安藤役をムロツヨシがそれぞれ演じる。(映画.comより



好きな人は好きでしょう

いじめられっ子の復讐ものといえばですね、
えーと、えーと……。
まあ、あいかわらずいい例えが思いつかないのですが
いじめられっ子の復讐というよりも
(自分で勝手に言い出しておいてなんですが)
被いじめの経験から人生こじらせた男の物語、
『ヒメアノ〜ル』です。
古谷実の原作とはいろいろ趣が違うようですが、
原作を読んでいないのでそれはともかく、
とんでもなくつまらない『ばしゃ馬さんとビッグマウス』
吉田恵輔監督&脚本だということに一抹の不安を抱えていたのは
事実です。

前半は、非常にありきたりなラブコメ。
清掃会社でアルバイトをしている岡田(濱田岳)
カフェの店員ユカ(佐津川愛美)にぞっこんの
完全にコミュ障の先輩・安藤(ムロツヨシ)に言われるがまま、
恋のアプローチの代役をしぶしぶ務めるうち、
ユカが岡田のことを好きだとわかり、
やがてふたりは安藤に内緒で付き合うことに……てな感じ。

岡田に対するユカの思いがけない積極的なアプローチは
それ自体が童貞の幻想だし、
体験人数や初体験の年齢を聞いたりするのも
童貞あるあるなのかもしれません。
いざ、初合体という夜にいまどきコンビニではなく、
自動販売機でコンドームを買い、それを待っている彼女というのも
どうかと思いますが。

ちらちらと登場しては不穏な空気を漂わせていた森田(森田剛)
アパートの部屋から漏れてくる
ユカのあえぎ声を聞いたところでタイトルが。

森田が狂気をむき出しにする後半の始まり始まりというわけですが、
てことは、前半のラブコメはアバンタイトルというわけか。
うーむ。若干のあざとさを感じてしまいました。
本作には、このようなあざとさやご都合主義的な部分があり、
それ自体は些細なことなのかも知れないけれど
逐一引っかかってしまいます。
暴力とセックスをカットバックしてみせる編集も既視感があり、
(これまた的確な例えを思い出せないけれど)
演出が意図されたものであればあるほど浮き上がって見えてしまいました。

森田殺害を決意した夫婦が
森田を縛るために用意した「ロープ」がビニールひもって……とか。
正面から突進してくる相手なのに、警官が弱すぎないか……とか。
その警官が行方不明なのに
「新聞がたまってる」ほど発見に時間がかかるのって……とか。
クライマックスで右足を切断した森田をとらえるカメラが
足下にパンダウンしてから再び顔までパンアップする間、
ふたりの警官が森田の両脇を抱えたままじっと待ってる……とか。
ん? となってしまうのです。

高校時代、いじめられっ子だった森田は
同じくいじめられっ子の駒木根隆介に手伝わせて
いじめっ子を殺害。
森田に狂気が芽生えたのは、あきらかにいじめがきっかけのはずですが、
ユカに対する執着だけはいじめの過去とは無縁で異質です。
岡田と偶然に再会する以前から
森田はユカに対してストーカーまがいの行為を繰り返していたのだから
ひとときの間、仲が良かったはずなのに
消極的とはいえ自分に対するいじめに加担した同級生の岡田が
あろうことか可愛い彼女を作ってセックスしていることに逆上したとは言えず、
(森田はかつての岡田の行為を憶えてもいなかった)
かといって、つきまとっているからには
無差別に憎悪を膨らませているわけでもなく、
ということは、ユカに対しては
安藤と同様に彼なりの愛情を持っていたことになるのか……。
もやっとします。

もちろん、行動の理由が逐一根拠を持って説明されないと
いけないなどというつもりはなく、
これが『ディストラクション・ベイビーズ』の主人公のように
理解不能な暴力のモンスターなら納得できるのですが、
森田が狂気を熟成する発端としてのいじめや
「おかあさ〜ん! 麦茶持ってきて〜」という
かつてはごく普通の子供だったことが描かれると
(高校生にしては幼すぎないかとも思うが)
森田の狂気にはなんらかの動機や因果が存在することとなり、
じゃあ、ユカに対する執着はなんなの? ここは普通の恋なの?
てことは、森田にも幸せを求める気持ちがあったということか?
と、釈然としないのでした。

……などと、文句ばかりいってるようですが
決してつまらない作品ではありません。
好きな人は好きでしょう。
包丁で刺すときのスピードと回数とか、
拳銃で撃たれたときの場所の中途半端さとか、
痛さ表現にはある程度満足できる作品でした。





にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
↑お気に召したらクリックしていただけますと、もんどりうって喜びます。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

のほうず

のほうず
映画が好きで観るのはいいが、
かたっぱしから忘れていくので
オツムのリハビリ的ブログ。
******************
当ブログの文章・画像およびイラストの無断転載を禁じます。引用される場合は、出典の表記と当ブログへのリンクを設定してください。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

お気に召したら
クリックお願いします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

スポンサードリンク

↓過去の記事はこちらから!↓

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンタ