" />

聖杯たちの騎士

seihaikishi.jpg



(原題:Knight of Cups 2015年/アメリカ 118分)
監督・脚本/テレンス・マリック 製作/ニコラス・ゴンダ、サラ・グリーン、ケン・カオ 撮影/エマニュエル・ルベツキ 美術/ジャック・フィスク 衣装/ジャクリーン・ウェスト 編集/ジェフリー・リッチマン、キース・フラース、A・J・エドワーズ 音楽/ハナン・タウンゼント
出演/クリスチャン・ベール、ケイト・ブランシェット、ナタリー・ポートマン、ブライアン・デネヒー、アントニオ・バンデラス、ウェス・ベントリー、イザベル・ルーカス、テリーサ・パーマー、フリーダ・ピント、イモージェン・プーツ

概要とあらすじ
「ツリー・オブ・ライフ」「シン・レッド・ライン」の名匠テレンス・マリックが監督・脚本を手がけ、クリスチャン・ベール、ケイト・ブランシェット、ナタリー・ポートマンら豪華実力派キャスト共演で描く恋愛ドラマ。気鋭の脚本家リックは、ハリウッド映画の仕事を引き受けたことをきっかけにセレブな生活を送るようになるが、その一方で心の奥底に怯えや虚しさを抱えていた。進むべき道を見失ったリックは、6人の女たちとの出会いと愛を通して自分の過去と向きあっていく。「ゼロ・グラビティ」「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」「レヴェナント 蘇えりし者」で3年連続アカデミー撮影賞を受賞したエマニュエル・ルベツキが撮影を手がけた。(映画.comより



ハイクオリティなホームビデオ

マジックアワー大好き監督テレンス・マリックの新作、
『聖杯たちの騎士』
想像通りといえば想像通りの自伝的(私小説的)作品です。

おそらく監督自身のオルターエゴである
リック(クリスチャン・ベール)
ハリウッドで名を納めた脚本家で、
セレブのパーティーで遊んだり、
女をとっかえひっかえしてるけれど、
どうにもなあ〜んか物足りない。
本当の俺ってなんだっけ? と自分探しをする姿は
まさに「テレンス・マリック版『俺の空』」
(by 映画秘宝2017年2月号の長野辰次氏)
原題の「Knight of Cups」とは、タロットカードの1枚で
カードが正位置だとロマンチスト、優雅、成功などの意味をなし、
逆位置だと女たらし、失敗、挫折を意味するのだとか。

エマニュエル・ルベツキによる映像は美しく、
悠然とした自然からは人間の英知を超越したなにかの存在を
感じさせます。
おびただしい量のイメージが重ねられ、
ナレーションで語られる自問自答は
哲学的な色合いを帯びています。

でも、観ているこっちは退屈きわまりないのです。
いや別に、衝撃的な事件が起きてくれとはいわないが
多くを語らないリックはあっちこっちをブラブラしているだけで
観客に共感できる普遍的な問題を
提示してくれることはありません。
いやいや、本質的な問題提起がなにかあるに違いないと
前半こそ集中して観ていましたが、
何度も何度も波打ち際でいちゃいちゃするリックをみていると
だんだんと腹が立ってきました。

確かにリックはなにか不本意な人生を歩んでいるのかも知れません。
彼がそういうのならそうなんでしょう。
しかし、名声を得て経済的にも恵まれて、
自宅だか別荘だかしらないが、
リックのいる場所はことごとく
洗練された「セレブ」な場所ばかり。
しかも、ぶらぶらしてるだけなのに
次から次へと美女をとっかえひっかえし、
その都度波打ち際でいちゃいちゃするリック
の悩みに
どうやって共感すればいいのか。

仕事についても女性に関しても、
結局はリックの優柔不断さが問題なのであって
勝手にやってろとしかいいようがありません。
本作で語られている葛藤らしきものからは
まったく根源的なものを感じないし、
ハイクオリティなホームビデオを観させられているような
暗澹たる気分になります。

つーか、ナタリー・ポートマンの足指を
舐めさせていただけたんだから
これ以上、なにを望むというのか!






にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
↑お気に召したらクリックしていただけますと、もんどりうって喜びます。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

のほうず

のほうず
映画が好きで観るのはいいが、
かたっぱしから忘れていくので
オツムのリハビリ的ブログ。
******************
当ブログの文章・画像およびイラストの無断転載を禁じます。引用される場合は、出典の表記と当ブログへのリンクを設定してください。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

お気に召したら
クリックお願いします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

スポンサードリンク

↓過去の記事はこちらから!↓

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンタ