" />

おおかみこどもの雨と雪

ookamikodomo.jpg



(2012年/日本 117分)
監督・原作/細田守 脚本/細田守、奥寺佐渡子 キャラクターデザイン/貞本義行
声の出演/宮崎あおい、大沢たかお、黒木華、西井幸人、大野百花、加部亜門、菅原文太

概要とあらすじ
「時をかける少女」「サマーウォーズ」の細田守監督が、「母と子」をテーマに描くオリジナルの劇場長編アニメーション。人間と狼の2つの顔をもつ「おおかみこども」の姉弟を、女手ひとつで育て上げていく人間の女性・花の13年間の物語を描く。「おおかみおとこ」と恋に落ちた19歳の女子大生・花は、やがて2人の子どもを授かる。雪と雨と名づけられたその子どもたちは、人間と狼の顔をあわせもった「おおかみこども」で、その秘密を守るため家族4人は都会の片隅でつつましく暮らしていた。しかし、おおかみおとこが突然この世を去り、取り残されてしまった花は、雪と雨をつれて都会を離れ、豊かな自然に囲まれた田舎町に移り住む。「時をかける少女」「サマーウォーズ」に続いて脚本を奥寺佐渡子、キャラクターデザインを貞本義行が手がけた。第36回日本アカデミー賞では、最優秀アニメーション映画賞を受賞した。(映画.comより)



ハヤオの高笑いが聞こえる?

2012年のアニメーション映画の話題をかっさらった
といっても過言ではない『おおかみこどもの雨と雪』
いろんな賞も授かって、人気・評価ともに高い細田守作品です。
『サマーウォーズ』を観て、なーんか気に入らないけど
気がつくと結構、物語に引き込まれていた僕にとっても
それなりの期待を抱かせる作品だったのです。

人間とニホンオオカミの末裔が恋に落ちて生まれたのが
「おおかみこども」であることは
キャラクター設定に彩りを与えるための方便に過ぎず
シングルマザーの子育ての苦労と
成長にともなう子どもたちの自立の物語
が作品のテーマでしょう。
大昔から「男はオオカミなのよ」なんてことを申しますが
父親がオオカミなのはそれでいいとして
ニホンオオカミを扱っているからといって
人間社会と滅び行く自然との戦いや葛藤などは描かれておらず、
あくまで他者との軋轢のデフォルメであると
考えたほうがよさそうです。

全体の構造が、娘・雪のナレーションによって
過去を回想する形式になっているのですが
前半はが子どもを連れて田舎へ引っ越すまでを
かなり急ぎ足で説明した感があり
自分の恋人がおおかみおとこであることを
花があまりにもすんなりと受け入れてしまうことや
はじめてオオカミの姿に変身するシーンもあっさりとした印象で
この恋人たちがいかに強い愛情で結ばれているのかを
感じるまでにはいたりませんでした。

とくに二人目の子ども、雨が生まれたときに、
父親のおおかみおとこが死んでしまい、
ゴミの収集車で運ばれていくのを、花が追いすがりはするものの
意外とあっさりあきらめてしまうのは不可解でした。
構図も少し離れた地点から客観視するようなものでしたが
ここはやっぱり「待ってください! それは……うちの犬なんです!」
くらいの食い下がる姿勢はみせて欲しかったところ。

どこかの評論には、この物語が「獣姦」で始まるのが居心地が悪い
なんていうものもあるようですが、わはは、
そりゃいくらなんでもゲスの勘ぐり。
確かにそうだけどさ、中学生じゃないんだから。
そんなことより、家に閉じこもっている花と子どもたちのもとを
児童保護委員(?)が訪れて、定期検診を促すシーンでは
児童保護委員があまりにも邪魔者として描かれすぎていて
花の特別な境遇を正当化しすぎているように感じました。

後半の花が自然保護の森(?)に就職するくだりも
説明シーンはあくまで説明でしかなく、
物語の進行が同時に説明の役割も担っているような
脚本の妙は感じられず、それよりもなによりも
花と関わりを持つ村人たちがあくまで脇役として
没個性のうちに描かれていることが
この作品の世界観の狭さになっていると思います。
最も深く関わってくるおじいさん(菅原文太)
その動機が「惚れてるから」で済まされてしまうのでは
あまりにも花に加勢するためだけに世界が作られているようで
あの頑固じじいが惚れるだけの理由はちゃんと描かないと
花の魅力にも説得力がありません。

結局のところ、「おおかみこども」たちが
雪(=姉)が人間、雨(=弟)がオオカミを選んだことで
人として生きるのか、オオカミとして生きるのかという
本来個人の中であるべき葛藤が
それぞれの考え方の違いとして決着してしまう
のは
あまりにももったいない気がします。
とくに、雨については
ひきこもりのガキが突然、青年海外協力隊となって
紛争地域へ行くと言い出すようなもので身勝手な行動でしかなく、
そもそも雨が「師匠」の後を継げるだけの実力と
「森」からの信託があるのか疑問
です。
雨が森へ入ることを正当化するためには
雨の自発的なものではなく、外的要因によって
森へ入ることを選択せざるを得ないとしたほうが
よかったように思います。
たとえば、山を削ってリゾート地を作るとかいう無計画な自然破壊を
食い止めるには「師匠」と話ができる雨が間に入るしかない、
とでもいうような。
(どんどん、トトロ+もののけになってくかもしれないけど)
人間界になじめなかった雨が森に入ることは
人間界と自然界の断絶をより強固にしてしまうばかりではなく
せっかくの「おおかみこども」というハイブリッドな存在だけが持つ
特殊な役割を生かしきれないと思います。

この作品は、CGで作られた背景の草木が風になびく表現
話題のひとつでもありましたが
ものすごく効果を上げているかと言われればそうでもなく、
実写っぽい背景にセル風2Dのキャラたちが加わると
とってつけたような違和感を感じました。
(意図された違和感なら構わないけど)
キャラクターの動きにはリアルな軟らかさもあって
素晴らしいと思うシーンもありましたが
逆に「え?」と思うような陳腐な構図の絵もあり
(雪山の斜面を走り降りるのを横から捉えたシーンなど)
表現の密度のムラがとても気になりました。

しゃがんだ花のパンツがちらっと見えるカットがありましたが
(花柄のパンツじゃなくて、花が履いているパンツね)
実写と違ってつい見えちゃったのではなく、
明らかに意図して描いているのですが
横にいたじいさんが色めき立つわけでもなく
何のためにパンチラを挿入したのかわかりません。
サービスってやつ? 
スカートが風でめくれたわけでもなく、
ジーンズのおしりのとこからの見え方が
唐突すぎるリアルさで、邪魔なだけです。

キャラクターの誰にも感情移入することができず
物語のダイナミズムを感じることができず、
なんだか、「こういう家族がいました」という説明を
受けたような感じでした。
誰か! 監督に「だいじょうぶ」してあげて!





にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
↑お気に召したらクリックしていただけますと、もんどりうって喜びます。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

のほうず
映画が好きで観るのはいいが、
かたっぱしから忘れていくので
オツムのリハビリ的ブログ。
******************
当ブログの文章・画像およびイラストの無断転載を禁じます。引用される場合は、出典の表記と当ブログへのリンクを設定してください。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

お気に召したら
クリックお願いします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

スポンサードリンク

↓過去の記事はこちらから!↓

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンタ