" />

アメリカン・バーガー

americanburger.jpg



(原題:American Burger 2014年/スウェーデン 78分)
監督・脚本/ヨハン・ブルマンダー、ボニータ・ドレイク
出演/ガブリエル・フレイリッシュ、フレードリク・ヒラー

概要とあらすじ
恐怖の人肉ハンバーガー工場に足を踏み入れた学生たちの運命を描いたスウェーデン製コメディホラー。夏休みにヨーロッパを訪れ、バスツアーに参加したアメリカの学生たち。バスの中で大騒ぎしながらとある田舎町にたどり着いた彼らは、美味しいと評判のアメリカ風ハンバーガー店があると聞き、行ってみることに。ところがその店で出されるハンバーガーは、100%人間の肉を使用したものだった。ハンバーガー工場の従業員たちは新たな材料を調達するべく、チェーンソーを振り回して学生たちを襲いはじめる。仲間たちが次々と惨殺されていく中、ビッチなチアリーダーと3人のオタクたちがタッグを組んで立ち上がるが……。ヒューマントラストシネマ渋谷、シネ・リーブル梅田で開催の「未体験ゾーンの映画たち 2016」上映作品。(映画.comより



今、俺は明らかに人生を無駄にしている

人生に与えられた時間は
自分で考えているほど潤沢ではないので、
できることなら1分1秒でも有意義に過ごしたいものですが、
まれに、ああ、今、俺は明らかに人生を無駄にしている
感じるときがあります。
それが『アメリカン・バーガー』を観ているときです。
まあ、どちらかというと、
B〜Z級の映画を好んで観るタチなので
どうしようもない駄作にぶち当たって
後悔することもしばしばなのは
それはもう、甘んじて受け入れる所存なのですが
本作ほど絶望的につまらない映画に遭遇することは
滅多にありません。
映画開始から20分を過ぎたあたりで
早送りしたことをご容赦ください。

修学旅行だか遠足だかよくわからないけれど、
ヨーロッパをバスツアーしているアメリカの学生たち。
ナードにジョックス、チアリーダー。
まともな教育を受けたことがないバカたちが
騒いでいますが何ひとつ笑えません。
そいつらは、どういうわけか
山奥にある「アメリカン・バーガー」の工場見学に行くことに。

「アメリカン・バーガー」に使われているパテの肉が
アメリカ人の肉
だということは
どんなにまともな教育を受けていない人間でも
すぐに察しがつきますが、
この「アメリカン・バーガー」の社長だか工場長だかの男
キチガイじみた演技でおどけてみせるものの、
最後の最後まで、なぜアメリカ人の人肉限定で
ハンバーガーを製造しているのか、わかりません。

嘘でもホラでもいいから、
この社長だか工場長だかの男が
どういう考えでアメリカ人を標的にして
ハンバーガーのパテにしているのかを示してくれないと
物語が成立しません。
数人の田舎のキチガイが襲ってくるなら、
根拠などなくとも構いませんが、
まがいなりにも工場を経営し、
大量のアメリカ人ハンターを雇っているのなら、
たとえ狂っていたとしても、なにかしらの論理が必要なはずです。

しかし本作は、
「アメリカン・バーガー」の社長だか工場長だかの男の
キャラクター造形などには目もくれず、
いきなり森の中でのマンハントが始まります。
その間も、心底どうでもいいお笑いエピソードが続きますが、
登場人物がふざけているコメディは
面白くもなんともないのです。
コメディは、登場人物たちは大まじめなのに
観客が観ると間抜けだから笑えるのです。
つーかさあ、いいかげんに襲いかかるから逃げられるわけで
どうぞどうぞっていいながら、普通に工場見学させているうちに
拉致して監禁したほうがよくないですか?
で、必要なときにひとりずつ檻から出して処理するほうが
人肉だって新鮮でしょう?
こんなこともまったく考えていないのです。

また、ゴア描写に対する愛情も軽薄です。
予算がないのは仕方ないけれど、
アメリカ人学生たちが防護服を着た連中に襲われるときなど、
体が裂かれる瞬間のディティールは一切なく、
ただ血が流れているから大変そうだというだけ。
カットによっては、おそらく血糊の袋を破裂させるためだけに
包丁で脇の下を刺したりします。
どう考えても致命傷になりそうもありません。
また、首を裂くばかりなのも、アイデアに欠けています。
つーか、防護服を着た連中が
飛び道具をなにひとつ持っていないのが
不自然極まりない。
さらには、アメリカ人の肉をさばいて、ミンチにして……
と、人肉を加工するシーンがまったくないのはどういうことか。

……などという、感想を書いている時間も惜しいので
もうやめます。





にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
↑お気に召したらクリックしていただけますと、もんどりうって喜びます。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

のほうず

のほうず
映画が好きで観るのはいいが、
かたっぱしから忘れていくので
オツムのリハビリ的ブログ。
******************
当ブログの文章・画像およびイラストの無断転載を禁じます。引用される場合は、出典の表記と当ブログへのリンクを設定してください。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

お気に召したら
クリックお願いします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

スポンサードリンク

↓過去の記事はこちらから!↓

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンタ