" />

ハゲ鷹と女医

hagetakajoi.jpg



(原題:Carancho 2010年/アルゼンチン・チリ・フランス・韓国合作 107分)
監督・製作・編集/パブロ・トラペロ 脚本/アレハンドロ・ファデル、マルティン・マウレギ、サンティアゴ・ミトレ、パブロ・トラペロ 撮影/フリアン・アペステギア
出演/リカルド・ダリン、マルティナ・グスマン、ダリオ・バレンスエラ

概要とあらすじ
アカデミー賞外国語映画部門やカンヌ映画祭ある視点部門への出品の他、様々な映画賞を多数受賞。監督は「El Bonaerens」のパブロ・トラペロ。年間の交通事故死が8000人、負傷者が12万人というアルゼンチンを舞台に、保険金をめぐる闇社会をハードに描く意欲作。ソーサは交通事故専門の弁護士“カランチョ”。病院や警察から現場に向かいクライアント探しに走り回る日々だが、彼の法律事務所は被害者へ斡旋した保険金・示談金をピンハネしている悪徳組織であった。そんなある日、事故現場で若き女性医師ルハンと出会う。懸命に人命救助に励んでいる彼女に会い、今の状況を変えたいと思うようになるソーサ。が、彼を辞めさせたくない事務所はルハンに圧力をかけ始めるのだった。(allcinemaより



善悪の危うさと因果応報

『エル・クラン』パブロ・トラペロ監督作を
遡っての『ハゲ鷹と女医』です。
原題の「Carancho(カランチョ)」とは
アルゼンチンに生息する禿鷹の一種だそうですが
この邦題が放つなんとも言えない香ばしさは
素晴らしいと思います。
「ハゲ」をカタカナにしているのはもとより、
「女医」という隠微なワードを付け加えているのが秀逸です。
いっそのこと「ハゲと女医」という映画を観たいものですが
たぶんつまらない作品でしょうよ。そうでしょう。

「1日22人、年間で8千人、10年で10万人が死亡。
 アルゼンチンでは、交通事故が35歳以下の主な死因である。
 賠償請求は商売になる」

というテロップで始まる本作。
そういう実情があるのでしょうか、ハッタリなのでしょうか。
よくわかりませんが、とにかく、
新人救命士のルハン(マルティナ・グスマン)
昼夜を問わず交通事故の救急医療に追われています。
ある日、同僚救命士と旧知の仲と思われる
ソーサ(リカルド・ダリン)という男が現場に現れます。
病院職員ともツーカーのソーサは
交通事故の被害者の賠償請求を代理して
手数料をぼったくる弁護士事務所
の職員なのでした。
ソーサはかつて弁護士資格を剥奪されたようですが
その原因は最期まで明かされません。

ルハンとソーサは
見た目からして、それなりに年が離れているはずですが
ソーサは躊躇することなくルハンを口説き、
あっさりと二人はいい仲になります。
ソーサがルハンに一目惚れ♡という描写があったわけではないので
わりと唐突ですが、飲み込むしかありません。
ルハンがソーサをあっさり受け入れるのも納得いきませんが
まあ、疲れてたのかな〜?

ハゲ鷹仕事にうんざりしているソーサは
できるだけ早く足を洗いたいと考えているのですが、
保険金をだまし取るために依頼者の足を砕くだけだったはずが、
その依頼者が自動車にはねられて死んでしまい、
弁護士事務所からもルハンからも反目されるようになるのです。
ていうか、この弁護士事務所はほとんどマフィアみたいなもんで
気に入らないとあからさまにリンチしに来ます。

正直に言って、中盤までというか
ラストのクライマックスまでは大きな変化がなく、
退屈になりかけます。
ソーサが良心の呵責にさいなまれているのはわかりますが、
せっかく医師としてのキャリアを地道に積み上げていたのに、
ダメ男と付き合うことになったルハンは
完全にとばっちり
で、巻き込まれただけ。
それでもソーサと一緒にいたいなんて言っちゃうんだから、
不憫でなりません。
とはいえ、ルハンもモルヒネ(?)に頼っていたように
安定した精神状態だったわけではありません。

で、急激に面白くなるのが終盤。
弁護士事務所=マフィアのドンに一杯食わせようとした
ソーサが計画したのは、交通事故。
交通事故の賠償金で儲けているやつを懲らしめるのに
最適な手段でしょう。

さらにこれだけでは終わらず、
なんとか難局を乗り切ったソーサとルハンが
幸せな逃避行に向かおうとした瞬間、
交差点でクラッシュ。そしてジ・エンド。

ま、2作しか観ていないのに恐縮ですが
『エル・クラン』とも通じる善悪の危うい境界線と
交通事故の徹した因果応報的なエンディングが
パブロ・トラペロ監督らしさを窺える作品でした。





にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
↑お気に召したらクリックしていただけますと、もんどりうって喜びます。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

のほうず

のほうず
映画が好きで観るのはいいが、
かたっぱしから忘れていくので
オツムのリハビリ的ブログ。
******************
当ブログの文章・画像およびイラストの無断転載を禁じます。引用される場合は、出典の表記と当ブログへのリンクを設定してください。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

お気に召したら
クリックお願いします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

スポンサードリンク

↓過去の記事はこちらから!↓

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンタ