" />

淵に立つ

fuchinitatsu.jpg



(2016年/日本・フランス合作 119分)
監督・脚本・編集/深田晃司 撮影/根岸憲一 録音/吉方淳二 効果/吉方淳二 美術/鈴木健介 音楽/小野川浩幸
出演/浅野忠信、筒井真理子、古舘寛治、太賀、篠川桃音、三浦貴大、真広佳奈

概要とあらすじ
「歓待」「ほとりの朔子」などで世界的注目を集める深田晃司監督が浅野忠信主演でメガホンをとり、第69回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門で審査員賞を受賞した人間ドラマ。下町で小さな金属加工工場を営みながら平穏な暮らしを送っていた夫婦とその娘の前に、夫の昔の知人である前科者の男が現われる。奇妙な共同生活を送りはじめる彼らだったが、やがて男は残酷な爪痕を残して姿を消す。8年後、夫婦は皮肉な巡り合わせから男の消息をつかむ。しかし、そのことによって夫婦が互いに心の奥底に抱えてきた秘密があぶり出されていく。静かな狂気を秘める主人公を浅野が熱演し、彼の存在に翻弄される夫婦を「希望の国」「アキレスと亀」の筒井真理子と「マイ・バック・ページ」の古舘寛治がそれぞれ演じた。(映画.comより



家族の不条理を暴く赤い悪魔

深田晃司監督作品は、
二階堂ふみのアイドル映画『ほとりの朔子』を観て
ロメールがお好きなのねと思っていたのですが、
いつもきらきらした木漏れ日を浴びているような
『ほとりの朔子』と打って変わって
『淵に立つ』はどんより暗くて重苦しい作品です。

町工場を営む鈴岡利雄(古舘寛治)
その妻・章江(筒井真理子)
娘の蛍(篠川桃音)という3人家族。
従業員を雇うにしてもせいぜいひとりという規模の
利益が潤沢とは思えない小さな町工場のわりには
こぎれいで十分な広さのキッチンと
まがいなりにもランチョンマットが用意された食卓に
若干違和感を感じましたが、
家事と育児に専念するクリスチャン・章江の
意地のようなものなのかもしれません。

利雄は娘の蛍とは会話するものの、
章江とはほとんど話しません。
古舘寛治のインタビュー(映画秘宝2016年11月号)によれば、
妻とまったく話さない夫というのは
『探偵!ナイトスクープ』に登場した実在する夫婦がモデルだとか。
利雄のほうが一方的にディスコミュニケーションなので
冷え切った夫婦関係というのとはまた違った歪さがあります。
そして、家の中がやたらと暗い。

そんな鈴岡家にふらっと現れたのが、八坂(浅野忠信)
利雄の古い友人だという八坂は
かつて殺人事件を起こして服役し、出所したのです。
突然現れた八坂に利雄が深々と頭を下げるのは、
じつは利雄もその殺人事件に関与していたからでした。
つねに白いYシャツと黒いズボンという八坂の
徹底的に個性を廃した服装は純真無垢な印象を放ち、
なおかつ、つかみ所のない不気味さも持っています。

「ゲストもの」みたいなくくりがあるのかどうか知りませんが、
不意に現れて鈴岡家に住み込みで働くようになった八坂は
「ゲストもの」らしく順当にまずは娘の蛍を手名付け、
ついには章江の心(と唇)を奪います。

八坂にどのような思惑があって鈴岡家にやってきたのかは
最後まで語られませんが
風呂上がりに半裸で部屋を歩き、
自慢の胸毛をアピールしていたのを思い出せば
最初から章江を誘惑するつもりだったのかもしれません。

渓流釣りに出かけるシーンで
突然それまでと変わって荒々しく利雄をののしる八坂は
すでに隠された正体の片鱗を見せますが、
休憩中に住宅街を歩く八坂が
白いツナギの上をはだけると赤いシャツが現れて
あからさまに邪悪モードのスイッチオンを表現。

八坂が悪魔的存在であることをむき出しにします。
本作は、
ランドセル、蛍の発表会の衣裳、八坂のシャツ、
八坂の息子のリュックサックなど
かなりわかりやすく邪悪さや危険のサインとして赤が使われています。
終盤で章江が「死ぬ気もないのに、気安く言うんじゃないわよ」
呪詛を吐くシーンでは顔が暗闇に隠れ、
トンネルの赤いライトだけが差し込んでいました。
ま、ランドセルの赤は正直よくわからないのですが、
一人娘のものとしては妙に傷ついていたのが気になりました。

章江に肉体関係を迫って拒否され、
逆上(?)した八坂は娘の蛍を襲います。
頭部から血を流して横たわる蛍は死んでしまったかに思われましたが、
なんと重度の障害を持った植物状態で生き残っていました。
死んだほうがよかったなんてことはいえませんが、
この展開はかなりショッキングです。

蛍を襲った八坂が逃亡してから8年後を描く後半で
警察が見つけられない八坂の行方を
興信所に頼ってまで探る利雄。
精神に異常を来したかのように潔癖症になり、
蛍の介護に明け暮れる章江。
家族は崩壊するかに思われましたが
むしろ、利雄と章江の会話は以前より格段に増え、
夫婦関係が親密になったかのよう
です。
八坂の殺人に荷担していたにもかかわらず、
「法よりも約束を守る」という八坂が
利雄の関与をかたくなに隠し通して刑を受けたことに
後ろめたさを感じていた利雄は
「これは罰なんだ。これでよかったんじゃないかと思う。
 俺たちはやっと夫婦になれたんだ」

とまで言います。
自分の胸のつかえが取れたから、すっきりしたというのです。
章江も八坂との浮気という後ろめたさを抱えていたはずですが、
親たちの罪悪感の代償として人生を奪われた娘の蛍にしてみれば、
たまったもんじゃありません。

深田晃司監督は、「家族とは不条理だ」と言います。
アカの他人が出会い、結婚してできあがる「家族」とは、
たしかに非常に危うい関係性で結ばれているといえます。
それに引き替え、「親子」という関係は(とくに母親との関係)
非常に強固で確実です。
しかし、夫婦と違い、子供は親を選べません。
ここに不条理が生まれると
深田監督は感じているのではないでしょうか。
蛍だけでなく、八坂の息子・孝司(太賀)も
親によってもたらされた不条理を生きる
ことになります。

新人の従業員として働き始めた孝司が
八坂の息子だとわかり、
因果がどろどろに渦巻くのですが、
この展開には若干のあざとさを感じないわけではありません。
それよりも、章江の信仰心はどうなったんでしょうか。
後半、章江は教会に行くこともなく、
神に祈ることもありません。
「信仰心には猿タイプと猫タイプがある」という八坂が
章江を猫タイプだというように、
彼女はひたすら神が助けに来てくれるのを待っていたのでしょうか。
8年という月日が経過していることを表現するために
醜く増量した筒井真理子の変身ぶりは見事ですが、
章江がプロテスタントであるという設定が
無意味化したように感じたのは残念でした。
八坂の幻をみるようになった章江は
悪魔に取り憑かれ、神を忘れたということか。

終盤、章江は蛍と波打ち際にいる幻想をみて
橋から身投げして蛍と心中することを決意します。
飛び込んだ川がありえない深さだったのはいいとしても、
蛍が自ら手足を動かして水面へと浮上するのが
またしても抽象的な描写で
いまいちピンときませんでした。
河原に横たわる4人という構図が繰り返されるのも
意図としては理解できるものの、悪意ある反復としか感じられず、
この期に及んで、変な間を持たせてニュアンスを作ろうとするのが
あまり心地よくありませんでした。
物語としてはクライマックスを迎えているのに、
演出的にはまとまりを拒否している……とでもいうような。

八坂は、利雄の罪悪感を具現化したような存在で
幽霊のように抽象的なものなのではないでしょうか。
全体的には面白かったのですが
心をわしづかみにされたような感動が残らなかったのは
僕だけでしょうか。
たぶんそうでしょう。





にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
↑お気に召したらクリックしていただけますと、もんどりうって喜びます。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

のほうず

のほうず
映画が好きで観るのはいいが、
かたっぱしから忘れていくので
オツムのリハビリ的ブログ。
******************
当ブログの文章・画像およびイラストの無断転載を禁じます。引用される場合は、出典の表記と当ブログへのリンクを設定してください。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

お気に召したら
クリックお願いします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

スポンサードリンク

↓過去の記事はこちらから!↓

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンタ