" />

怒り

ikari.jpg



(2016年/日本 142分)
監督/李相日 原作/吉田修一 脚本/李相日 製作/市川南 撮影/笠松則通 照明/中村裕樹 録音/白取貢 美術/都築雄二、坂原文子 編集/今井剛 音楽/坂本龍一
出演/渡辺謙、森山未來、松山ケンイチ、綾野剛、広瀬すず、ピエール瀧、三浦貴大、佐久本宝、高畑充希、原日出子、池脇千鶴、宮崎あおい、妻夫木聡

概要とあらすじ
吉田修一の原作を映画化した「悪人」で国内外で高い評価を得た李相日監督が、再び吉田原作の小説を映画化した群像ミステリードラマ。名実ともに日本を代表する名優・渡辺謙を主演に、森山未來、松山ケンイチ、広瀬すず、綾野剛、宮崎あおい、妻夫木聡と日本映画界トップクラスの俳優たちが共演。犯人未逮捕の殺人事件から1年後、千葉、東京、沖縄という3つの場所に、それぞれ前歴不詳の男が現れたことから巻き起こるドラマを描いた。東京・八王子で起こった残忍な殺人事件。犯人は現場に「怒」という血文字を残し、顔を整形してどこかへ逃亡した。それから1年後、千葉の漁港で暮らす洋平と娘の愛子の前に田代という青年が現れ、東京で大手企業に勤める優馬は街で直人という青年と知り合い、親の事情で沖縄に転校してきた女子高生・泉は、無人島で田中という男と遭遇するが……。(映画.comより



「怒り」より許しがたい「叫び」

吉田修一原作・李相日監督『悪人』
さほどうっとりしなかったので、
大きな関心はなかったのですが
観ちゃいました、『怒り』

日本国内の凶悪事件をミックスしつつ、
本作の殺人犯が
「リンゼイ・アン・ホーカー殺害事件」の犯人、
市橋達也を主たるモデルとしていることはすぐにわかります。
住宅街のとある一軒に押し入った犯人は
夫婦を殺害したあと、被害者の血を使って
壁に「怒」という文字を残して行方をくらますのですが、
もしもこの文字が本作のテーマを担っているとすれば
タイトルに「怒り」と送り仮名が振られていることには
あんまり感心しません。
逆に、「怒」が本作のテーマではないのだとすれば
(というか、僕はそう感じたのですが)
別のものにするべきではなかったかと思います。
そんなことを思うのは、
あまりにも飾り気のないタイトルだからこそ、
作り手がなにかしらの訴求力を期待しているはずだと
受け取らざるを得ないからです。

もうちょっとだけ「怒」にこだわってみると、
容疑者とされる男の部屋には
気に障ったことやムカついたことがびっしりと書かれた紙が
残されていました。
それらはまるでTwitterにあふれる愚痴のような短文
こんなやつが犯行現場に文字を残すとしたら
「なんだよエラそうに、人のこと見下しやがって!」
みたいなことを書きそうなもんですが
(事実、終盤でもそのような短文の書き込みが登場)
なぜこのときだけ「怒」などという、
ある種、抽象的で含意に溢れる一文字を書くのか、解せません。

ま、とにかく。
殺害犯が逃亡中という状況を背景に
3つの無関係なエピソードが交互に語られます。
そのまえに、未解決事件を追うテレビ番組の司会者として
赤江珠緒が登場し、
その番組を観ている刑事のピエール瀧という構図は
TBSラジオ『たまむすび』リスナーにしてみれば
なかなかの爆笑ポイントです。
(タマちゃん、大好き♡)

千葉、東京、沖縄の3つの場所には
それぞれ経歴不詳の男が現れます。
世に出回っている殺人犯の手配写真は
千葉の田代(松山ケンイチ)、
東京の直人(綾野剛)、沖縄の田中(森山未來)

絶妙にミックスした顔立ち。
3つのエピソードは本来独立していますが、
シーンの移り変わりを、
キャップや弁当などさまざまなアイテムをオーバーラップしながらつなぎ、
あたかも何らかの因果が存在するかのように編集
されていて、
始めのうちはそれが心地いいのですが
あんまり繰り返されるとだんだん鼻につくように……。

千葉の漁港で働く(漁師?)の洋平(渡辺謙)
歌舞伎町で風俗嬢をしていた
家出娘の愛子(宮崎あおい)を連れ戻し、
やがて愛子は洋平の元で働く田代と心を通わせるように。
互いに居場所を失っているふたりが惹かれ合うのは
この人だけは自分を信じてくれるはずだという
根拠のない確信だけだったのですが、
(ま、基本的に恋愛とは根拠のない確信に基づいている)
殺人犯の手配写真に田代の面影をみた愛子は
田代を疑い、警察に通報してしまいます。
愛子のことを心配しつつも信用していなかった洋平同様に
愛子もまた、田代と共に暮らすという自分の決断を
信用していなかったのではないでしょうか。
結果、田代が殺人犯ではないことが判明し、
愛子は一瞬でも田代に対して疑念を持ったことに
激しく後悔し、慟哭するのです。
正直、これには落涙しました。
愛子の後悔にではなく、その後和解する田代と愛子、洋平に。
「大切なものはどんどん減ってくる」とは直人の言葉ですが、
自分のことを理解してくれる人は
一人いれば十分なのだよ。(しみじみ)

シャツの着こなしとヒゲ、独特のにやついた表情が
見事にゲイにしか見えない妻夫木聡扮する優馬
直人に深く心奪われます。
病床に伏せる母親の存在が
彼らゲイの社会的な生きづらさを強調しますが、
優馬は同じ墓に入ろうとまで言っていた直人を
愛子同様に、最後のところで保身のために裏切ります。
俳優陣の熱演が評価されている本作ですが、
児童施設で直人と兄弟のように過ごしたという薫に扮した
高畑充希の表情で語る繊細な演技に見入りました。

で、沖縄。
このエピソードがもっとも重く、批評的です。
泉(広瀬すず)が米兵によってレイプされるという、
古くて新しい問題はもとより、
沖縄の米軍基地に反対するデモ隊に対する冷笑的態度や
通報することもなく、レイプ現場をカーテン越しに見つめる家族の人影、
すぐそばにいたのに怖じ気づくだけだった泉のボーイフレンドの姿は
すべての日本人を揶揄しているといっていいと思います。
ただ、沖縄が抱える問題を
(言わずもがなそれはすべての日本人の問題だという前提で)
本作のような物語を彩るひとつのエピソードとして採用するのには
若干の抵抗感を感じないわけではありません。

結果的に「怒り」を原動力に行動していたのは
真犯人である田中だけ
でした。
(かろうじて付け加えるなら、田中を殺した泉のボーイフレンドか)
しかも田中の「怒り」は身勝手な厭世観によるのものとしか
思えません。
千葉と東京のエピソードを
愛する人を最後まで信じられなかった自分に対する「怒り」だと
捉えることができないわけではないような気がしないでもないが
やはりこのふたつは「怒り」というより「嘆き」であり、
それは人間の弱さがもたらす不可抗力なものだと感じますが、
「本気で怒っている人」ばかりが登場する沖縄のエピソードは
本作においては突出した歪さを感じ、
「本気で怒っている人に対する冷笑的な態度」に対する憤りは
まったくもって激しく同意するものの、
意地の悪い箱庭的かつ作為的世界観に
素直に感動することは出来ませんでした。

それでも、人間の傲慢さや
脊髄反射的に保身に走ってしまう登場人物たちの姿に
我をみるようないたたまれない気持ちにはなったのですが、
最後の最後で、浜辺にたたずむ広瀬すずが
「ああああー!」と叫んですべては台無しに。

これは愛子や優馬の慟哭や嗚咽とは別物の記号でしかありません。
日本映画で心の苦しみを表現するときには
叫ばなければならないとかいうルールでもあるんでしょうか。
最後の「叫び」には本当にがっかりしましたが、
このような後味の悪い作品を
オールスターキャストで作り上げたことには
敬意を表します。





にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
↑お気に召したらクリックしていただけますと、もんどりうって喜びます。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

のほうず

のほうず
映画が好きで観るのはいいが、
かたっぱしから忘れていくので
オツムのリハビリ的ブログ。
******************
当ブログの文章・画像およびイラストの無断転載を禁じます。引用される場合は、出典の表記と当ブログへのリンクを設定してください。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

お気に召したら
クリックお願いします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

スポンサードリンク

↓過去の記事はこちらから!↓

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンタ