" />

パトリック 戦慄病棟

patrick.jpg



(原題:Patrick 2013年/オーストラリア 96分)
監督/マーク・ハートリー 製作/アントニー・I・ギネイン 脚本/ジャスティン・キング 撮影/ゲイリー・リチャーズ 美術/ロビー・パーキンス 編集/ジェーン・モーラン 音楽/ピノ・ドナッジオ
出演/シャーニ・ビンソン、チャールズ・ダンス、レイチェル・グリフィス

概要とあらすじ
サイキックパワーを持つ昏睡状態の少年が精神病棟で巻きおこす惨劇を描き、現在もカルト的人気を集める1978年製作のオーストラリア製SFホラー「パトリック」をリメイク。不気味な雰囲気がただよう郊外の精神病棟で、看護師が謎の失踪を遂げた。その病棟で働くことになった看護師キャシーは、昏睡状態の少年パトリックの世話を任される。やがてキャシーは、パトリックが実は超能力者であること、そして自分に好意を抱いていることに気づき……。キャシー役に「サプライズ」のシャーニ・ビンソン。オーストラリア製B級映画を題材にしたドキュメンタリー「マッド・ムービーズ オーストラリア映画大暴走」のマーク・ハートリー監督がメガホンをとった。日本では「シッチェス映画祭ファンタスティック・セレクション2014」にて劇場公開。(映画.comより



これぞ、引きこもりの鑑

リメイクだとはつゆ知らなんだ
『パトリック 戦慄病棟』
1978年のリメイク元はカルト的人気作だそうですが、
なんともピリッとしない作品でした。

元修道院だという海沿いの病院。
冒頭からひとりの看護婦が暗闇の中で殺されます。
そして、看護婦が行方不明だという新聞記事が出るのですが、
犯人がナースキャップかぶってるのがわかったり、
最初から、ここがろくでもない病院だということが
伝わりすぎてゲンナリ。

病院の院長ロジェット(チャールズ・ダンス)
「Dr. フランケンシュタイン」と呼ばれる
マッドサイエンティストなのですが、
結局、彼とその黒幕がなにをどうしたいのかは
最後までよくわかりませんでした。

まあ、看護師に欠員ができたということで
すかさず応募したのがキャシー(シャーニ・ビンソン)
看護師として有能なキャシーが
安月給で超過労働という過酷な労働環境のこの病院に
わざわざ望んでやってきた理由はよくわかりません。
ロジェット医師の思想に心酔しているわけでもなさそうだし、
婚約者とうまくいかずに逃げてきた、ということなのかもしれないけれど、
そのわりには追っかけてきた婚約者とは
簡単にヨリを戻しちゃうし、よくわかりません。

安月給かどうかはともかく、超過労働が当たり前というからには
さぞかし忙しいんだろうと思っているとそうでもなく、
8名ほどの寝たきりで昏睡状態の患者を見回るだけで
日が暮れればバーに飲みに行くし、
部屋に帰ればネットするし、のんびりしたもんです。

で、個室にはロジェット医師にとって特別な患者、
パトリックという寝たきりイケメンがいて、
こいつがじつは意志があるというわけ。
いや、意志があるどころか念動力まで持っていて
寝ながらにして、もう、何でもできるのです。
機械だろうがパソコンだろうが人間の肉体だろうが、
自由自在かつ同時多発的に操ることができます。
しかも、パトリックは今の状態に不満がないようで、
引きこもりの鑑のようなやつです。

キャシーに恋したマザコン・パトリックは
あの手この手でキャシーを自分のものにしようとするのですが、
ご多分に漏れず、モテないやつのやることはことごとく見当違いで
キャシーを困らせるばかり。
最後は自らの身体を念動力で操って窓から飛び降り、
自殺する
のでした。
念動力でそんなことができるなら、普通に歩けるんじゃないの?
なんてことをいうのは、野暮なのかもしれませんが、
とにかく寝たきりのパトリックが万能過ぎて
白けるばかり。
特殊メイクやCGもちゃちいし、まったく見どころがありませんでした。

パトリックに扮する役者も大変だったでしょうよ。
なんせ、寝てるだけだもん。





にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
↑お気に召したらクリックしていただけますと、もんどりうって喜びます。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

のほうず

のほうず
映画が好きで観るのはいいが、
かたっぱしから忘れていくので
オツムのリハビリ的ブログ。
******************
当ブログの文章・画像およびイラストの無断転載を禁じます。引用される場合は、出典の表記と当ブログへのリンクを設定してください。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

お気に召したら
クリックお願いします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

スポンサードリンク

↓過去の記事はこちらから!↓

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンタ