" />

アノマリサ

anomalisa.jpg



(原題:Anomalisa 2015年/アメリカ 90分)
監督/デューク・ジョンソン、チャーリー・カウフマン 脚本/チャーリー・カウフマン 製作/ローザ・トラン、デューク・ジョンソン、チャーリー・カウフマン、ディーノ・スタマトプロス 編集/ギャレット・エルキンス 音楽/カーター・バーウェルアニメーションスーパーバイザー/ダン・ドリスコル
出演/デビッド・シューリス、ジェニファー・ジェイソン・リー、トム・ヌーナン

概要とあらすじ
「エターナル・サンシャイン」「マルコヴィッチの穴」などで知られる鬼才脚本家チャーリー・カウフマンが監督・脚本を手がけた、大人向けのストップモーションアニメ。クラウドファンディングで集めた資金で製作された異色のR15指定作品ながら、その独創性が評判を呼び、第88回アカデミー賞長編アニメーション部門にノミネートされた。カスタマーサービス界で名声を築き、本も出版しているマイケル・ストーン。私生活でも妻子に囲まれ恵まれた人生を歩んでいるかに見えたが、本人は自分の退屈な日常に不満を募らせていた。そんなある日、講演をするためシンシナティーを訪れたマイケルは、そこでリサという女性に出会う。長い間、すべての人間の声が同じに聞こえていたマイケルは、「別の声」を持つ彼女と特別な夜を過ごすが……。「ハリー・ポッター」シリーズのデビッド・シューリスが主人公マイケル、「ヘイトフル・エイト」のジェニファー・ジェイソン・リーがリサの声を演じ、マイケルとリサ以外の登場人物の声すべてを「脳内ニューヨーク」のトム・ヌーナンが担当。(映画.comより



手に入らないからこその「逸脱」

日本では劇場公開されず、DVDスルーとなった
『アノマリサ』
これがめっぽう面白い。
チャーリー・カウフマンといえば
『マルコヴィッチの穴』『アダプテーション』
『脳内ニューヨーク』などなど
ま、ヘンテコ映画の名匠ですが、
作品に共通するのはアイデンティティーの揺らぎ。
本作も同様に内省的で、ひねくれています。
しかも、パペットによるストップモーション・アニメ
ストップモーション・アニメの制作における
気が遠くなるような作業の緻密さは
ことさら言うまでもないでしょう。

おもに、カスタマー・サービスにおける顧客対応の大切さを説いた
『客のためは自分のため』という著作によって有名になったマイケル
講演するためにシンシナティーに向かう
飛行機の機内から物語は始まります。
席に着いたマイケルがなにやら手紙を広げると、
送り主の女性が浮かび上がり、
マイケルをFワードだらけで罵倒するのがすでに面白いのです。

パペットの造形や動きは確かにリアルなんだけれど、
顔に継ぎ目が入っていたり、ちょっと動作がぎこちなかったり、
わざと人形感を残しています。
それよりもなによりも、
マイケル以外の人々はみな同じ顔で同じ声。
マイケルにとって、周囲の人間が
どいつもこいつも代わり映えのしないつまらない人間だということが
とてもわかりやすく表現されています。

ホテルの部屋に到着したマイケルは
翌日の講演の練習をしようとするものの、どうも落ち着かない。
落ち着かないのは、かつての恋人ベラがシンシナティ在住だから。
そこで、機内で読んでいた手紙の主であるベラに電話をかけるのでした。
マイケルとベラは
なんらかの事情で10年前に別れたきりだったのです。
その間、マイケルは結婚して一児の父親になりましたが、
ベラのほうは未だ独身……。

ベラと久しぶりのセックスを楽しみたいという考えが
マイケルにまったくなかったとはいえないかもしれませんが、
たぶん、そこまで深く考えずに
せっかくだから昔の恋人に会いたいな♡くらいの
つもりだったんじゃないでしょうか。
ところが、いまだにマイケルとの別れを引きずっているベラにとっては
なにをいまさら蒸し返す気なの? と、なるわけです。
この行動にマイケルの自己中心的な考え方がすでに反映されています。
……マイケルのこの無邪気さ、というか、男の脳天気さ。
気をつけよう。気をつけたい。

シャワーを浴びながら、熱い! 冷たい! とか
ひとりでわめいていたマイケルがフリチンでバスタブから出てきて
鏡をのぞくと、突如異変が起こり、
マイケルの顔の下半分が外れそうになります。
そこに、部屋の外から聞こえてきた女性の声を聞いたマイケルは
「この人は他と違うぞ」とつぶやき、
慌てて廊下に飛び出すのでした。

そして、マイケルが見つけた相手がリサ
リサはほかの人間とは顔も違います。
リサはマイケルのファンで、
マイケルの講演を聴くために遠路はるばるシンシナティーに
来ていたのでした。
いかにも知的でセクシーなリサの同僚と違い、
有り体に言えばドジっ子のリサに惹かれたマイケルは
自分の部屋にリサを誘うのでした。
ここからの、モジモジしつつ
セックスに至るまでのシーンのやりとりが
なんともリアルかつロマンチック。
パペットのセックスシーンといえば
『チーム★アメリカ ワールドポリス』ですが、
特典映像でチャーリー・カウフマン自身が語っているように
『チーム★アメリカ ワールドポリス』のような下品なコミカルさはありません。

リサは、右目の端に傷(アザ?)があり、
いつも前髪で顔の右半分を隠しています。
彼女はその傷をコンプレックスに感じているのですが
マイケルはそこにキスしたいと言います。
その言葉に偽りはないでしょう。
マイケルはリサの「変則的かつ欠落している部分」
チャーミングさを感じているのです。
タイトルの「アノマリサ」とは
「アノマリー(変則的・逸脱)」とリサを合わせた造語です。

その晩、マイケルは夢を見ます。
ホテルの支配人(男)に呼び出され、抱くなら私を抱いてください、と。
受付の女性オペレータたちも同様に
私を抱いてください、と。
これはおそらく、名声を得たマイケルが
自分は誰からも好かれているという誇大妄想を抱いていて
その評価に満足する反面、
代わり映えのしない高評価を退屈に感じ、
そんな状況からから逃れたいとも思っているという表現なのでしょう。

夢から覚めたマイケルがリサと共に朝食を取るとき、
家族を捨ててリサと結婚すると決意しながら、
フォークを噛むな、口に食べ物を入れたまましゃべるな、と
リサの欠点を自分好みに矯正しようとし始めます。
本来、リサの欠点を魅力に感じていたはずなのに、です。
セックス前の口元のクローズアップと
食事中の口元のクローズアップ
は、
同じリサのものなのに違う意味をもたらします。
マイケルにとって、自分が手に入れたものは
途端に魅力を失ってしまうのです。
手に入らないからこそ、逸脱が魅力的なのです。

わざわざ手間のかかるストップモーション・アニメという手法を
選んだことにもコンセプトが込められていると思いますが、
快適な日常のなかで増長し、変則的非日常を熱望するあまり、
自分だけが特別な存在で、あとはクソ。という傲慢さを描いた
とてもミニマルで普遍的、かつ意地悪な作品です。

「桃太郎」の歌が流れるシュールなラストシーンです。





にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
↑お気に召したらクリックしていただけますと、もんどりうって喜びます。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

のほうず
映画が好きで観るのはいいが、
かたっぱしから忘れていくので
オツムのリハビリ的ブログ。
******************
当ブログの文章・画像およびイラストの無断転載を禁じます。引用される場合は、出典の表記と当ブログへのリンクを設定してください。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

お気に召したら
クリックお願いします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

スポンサードリンク

↓過去の記事はこちらから!↓

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンタ