" />

ファイナル・デッドコースター

finaldestination3.jpg



(原題:Final Destination 3 2006年/アメリカ 93分)
監督/ジェームズ・ウォン 製作/ジェームズ・ウォン、グレン・モーガン、クレイグ・ペリー 撮影/ロバート・マクラクラン 音楽/シャーリー・ウォーカー
出演/メアリー・エリザベス・ウィンステッド、ライアン・メリマン、クリス・レムシュ、アレックス・ジョンソン、サム・イーストン、アマンダ・クルー、テキサス・バトル、シャーラン・シモンズ、クリスタル・ロウ

概要とあらすじ
「ファイナル・デスティネーション」「デッドコースター」に続き、“死の運命”から逃れようとする若者たちを描くサバイバル・ホラーの第3弾。ハイスクールの卒業記念に訪れた遊園地で、予知夢によってジェットコースター事故から逃れたウェンディたち。しかし、死を免れたはずの10人は、次々と恐ろしい死を遂げていく……。メガホンを取るのは、シリーズ第1作「ファイナル・デスティネーション」を手掛けたジェームズ・ウォン監督。(映画.comより



アイデアたっぷり、見所満載。

まあ、さすがに3作目ともなると
息切れしてるんだろうなと思いきや、
意外や意外、楽しめた『ファイナル・デッドコースター』
監督は第1作ジェームズ・ウォンが返り咲き。

今回の最初の舞台は遊園地
楽しいものと怖いものが混在する
本シリーズにとってはおあつらえ向きの場所です。
もともと恐がりのウェンディ(メアリー・エリザベス・ウィンステッド)
予知夢を見る役割。
メアリー・エリザベス・ウィンステッドは
『デス・プルーフ in グラインドハウス』のチアガール役や
『10 クローバーフィールド・レーン』で主演の女の子です。
ていうか、3作目にしてこんなこと言うのもなんですが、
なぜに死神はひとりにだけは予知夢を見せて
あらかじめ危険を知られてしまうのでしょうか。
脇の甘さを感じますね。死神の。

で、ジェットコースターです。
オイルがぽたぽた漏れてますから、これはもう危険です。
そしていつもの通り、ウェンディの予知夢として
阿鼻叫喚の惨劇が。
オイル漏れに止まらず、このジェットコースターは
いたるところがガタガタのボロボロだったのはご愛敬。

余談ですが、ぼくもジェットコースターで
怖い思いをした経験がありまして、
とある関西の遊園地でのこと、
カタンコトンと昇ってから下降してキャーというタイプではなく、
カウントダウンとともに急発進し、
一回転して高いところの行き止まりから後ろ向きに戻ってくるタイプの
ジェットコースターに意気揚々と乗り込み、
肩にかける例のガッシャンをセットしたのですが、
係員の「では出発しまーす。3・2・1!」というカウントダウンの直後、
なんと、乗客全員のガッシャンが外れて上がったのです。
まあ、係員の誤操作だったわけですが、
キンタマが縮み上がって肝が冷え上がりました。
こういうとき、乗客はすぐに騒ぎ立てるのではなく、
一瞬、みんな固まって絶句するんですよね。

そんなことはどうでもいいのです。
またしてもいつも通り、予知夢によって生き残った面々に
順番に死が訪れるのです。
本作では前作のように、ちょくちょく予知夢を見るのではなく、
ウェンディが撮影した写真をもとに
これから襲いかかるであろう死因を推理していく
かたちになっています。
とはいえ、ウェンディの推理は、まったく死を未然に防ぐ役には立たず、
すべてが後付けですが
なんとなく謎解きしているようなミステリーっぽさがあります。

まず死神の餌食になるのは、パッパラパーなギャル2人組。
オハイオ・プレイヤーズの『Love Rollercoaster』にのって
日焼けサロンで丸焦げになります。

このシーンを観ればわかりますが、
不可抗力な偶然の積み重ねによる災難だという設定を
厳密に守ろうとする姿勢が窺えます。

かなり強引ではあるけれど、
知恵を絞っている努力に好感が持てます。
これが第2作目と違うところ。
また、ウェンディの部屋の入り口に妹が断っているシーンで
手前と奥の両方にフォーカスするカメラテクニックが使われていて
いろんなアイデアを試そうとする心意気が伝わります。
効果のほどは微妙だけど。
黒人フットボーラーのバカな死に方
ホームセンターでの後ろ頭に連続で釘っていうのも
よかったです。

ギャル2人組を除いた生き残りたちが
みなウェンディの目の前で次々に死んでいくのも特徴的です。
ウェンディは写真に残されたサインを読み取って
注意を促すためにそれぞれ足を運ぶんだけれど、
死を回避することはできません。
ま、それには、次々と生き残った面々が死んでいってるのに
ウェンディの言うことをまったく聞き入れない連中も
問題なのですが。

最期は、街の三百年祭とかで
花火が打ち上がるなかでの祝祭感も盛り上がります。
馬のアクションも、中指を立てたままのひねくれ者の死に様
フレッシュでした。

そして5年後、というエピローグ。
死の順番を乗り越えたウェンディとその妹、
ケヴィン(ライアン・メリマン)の3人が
おびき寄せられたように地下鉄の同じ車両に乗り込みます。
wikipediaによると、この地下鉄で起きる惨劇が
2005年に発生したJR福知山線脱線事故を連想させるため、
日本での劇場公開が延期されたとか。
とにかく、最期まで飽きさせません。
ところが、この惨劇はウェンディが見た予知夢。
やばい! ということで慌てて逃げようとするが……
で、エンディング。
この終わり方もいいですねえ。

というわけで、
アイデアたっぷり、見所満載。
楽しい(?)映画です。





にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
↑お気に召したらクリックしていただけますと、もんどりうって喜びます。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

のほうず

のほうず
映画が好きで観るのはいいが、
かたっぱしから忘れていくので
オツムのリハビリ的ブログ。
******************
当ブログの文章・画像およびイラストの無断転載を禁じます。引用される場合は、出典の表記と当ブログへのリンクを設定してください。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

お気に召したら
クリックお願いします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

スポンサードリンク

↓過去の記事はこちらから!↓

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンタ