" />

ゴジラ(1954)

godzilla1954.jpg



(1954年/日本 97分)
監督/本多猪四郎 製作/田中友幸 原作/香山滋 脚本/村田武雄、本多猪四郎 撮影/玉井正夫 美術監督/北猛夫 美術/中古智 録音/下永尚 照明/石井長四郎 音楽/伊福部昭 特殊技術/円谷英二、向山宏、渡辺明、岸田九一郎 編集/平泰陳
出演/宝田明、河内桃子、平田昭彦、志村喬、村上冬樹、堺左千夫、小川虎之助、山本廉、林幹、恩田清二郎、笈川武夫、榊田敬二、鈴木豊明、高堂國典、菅井きん

概要とあらすじ
1954年に東宝が製作・公開した特撮怪獣映画の金字塔。太平洋の沖合いで船舶が次々に沈没する事件が発生。数少ない生存者が、巨大な怪獣の目撃談をもたらす。古生物学者の山根博士や助手で娘の恵美子、その恋人でサルベージ機関の所長・尾形らで結成された調査団が事件現場近くに浮かぶ大戸島に派遣され、やがて彼らの前に怪獣が姿を現す。島の古い言い伝えから「ゴジラ」と命名された怪獣は、密かに生き残っていた太古の生物が、繰り返される水爆実験の放射能の影響で目を覚ましたものであるとされ、対応策が練られる。しかし、その強大な力に人間たちは成すすべもなく、東京に上陸したゴジラは街を火の海に変えていく。その頃、山根博士の愛弟子である科学者の芹沢は、ゴジラにも有効な恐るべき発明を実現させていた。その技術がいつか悪用されることを恐れ、使用をためらっていた芹沢だったが……。(映画.comより



悲しきナードの失恋デストロイヤー

世界中で愛され続ける珠玉の名作
『ゴジラ(1954)』について
いまさら語ることもなかろうし、
しっかりとした評論や文献も溢れかえっているのですが
まあ、せっかく見直したので
いたってライトな感想を書いChao☆

「賛助 海上保安庁」で始まるオープニングの重厚さからして
怪獣キャラクター「ゴジラ」が暴れ回る
子供だましの映画ではないことがわかるし、
やっぱり伊福部昭による音楽がなにしろかっこいいのです。
繰り返される、おなじみのメインテーマ曲はもちろんのこと、
本作では楽曲やゴジラの雄叫びや足音を表現した音効が
とても大きな役割を担っているのがわかります。
芹沢博士(平田昭彦)が心変わりするきっかけになるのも
少女合唱団が歌う鎮魂歌でした。

特撮では、その精巧さに驚きます。
CGに慣れ親しんだ今となっては
あ。と思うことが時折あるけれど、
それも含めて特撮ファンは本作を愛し続けているのでしょう。

で、やっぱり驚くのは
本作が終戦から9年後に作られ、
第五福竜丸がアメリカ軍の水爆実験によって被爆したのと
同年に公開されたという事実。

大空襲の記憶もまだ生々しかったはずで、
東京がゴジラによって破壊され、火をあげる光景は
当時の観客にとって、さぞかし恐ろしかったことでしょう。

ゴジラがなぜ東京湾から上陸し、
なぜ破壊の限りを尽くすのか、明確な答えはありません。
ただ、水爆実験の影響で地下深くにいたゴジラが覚醒したことは
はっきりと語られているので、
ゴジラは、愚かな人間に業を煮やした自然=神がもたらした
祟りのような存在なのでしょう。

さて、僕なりに考えた
本作が物語る本質的な部分とかけ離れた見どころ
尾形(宝田明)と山根教授(志村喬)の娘・恵美子(河内桃子)と
彦芹博士(平田昭)の微妙な三角関係。

尾形と恵美子が恋仲なのは一目瞭然ですが、
芹沢博士は山根教授が養子にした男で
幼い頃から恵美子と兄弟のように過ごしてきたのでした。
本来なら、芹沢教授と恵美子が結ばれて
山根教授の後を継ぐべきところに
尾形が登場して恵美子の心を奪ったかたちになっておるのです。

船が遭難に遭ったという一報を受けたときの尾形が
シャワーを浴びた直後のようなランニング・シャツ姿で、
待たせていた恵美子を
約束していたコンサートにひとりで送り出す序盤のシーンは
お、ついさっきまでヤってたんだなと想像させるし、
尾形はすっかり山根家に入り込んでいる様子なので、
恵美子との交際は山根教授にもなかば認められているわけですが
まだ正式に婚約などの手続きが済んでいないというのが
もどかしいところ。
そんな非公認な状態から、芹沢博士に対しても
気が引けるような態度を見せる尾形に対して
「芹沢さんのことは、子供の頃からお兄さんのように慕ってきたの。
 それはいまも変わらないわ。」

と、芹沢博士との関係はあくまで兄弟のようなものだと
恵美子は尾形を安心させるのですが、
こんなやりとりの中に
「好き」とか「結婚」とか、
「私が愛しているのは尾形さんだけなの♡」とかいう
愛情を示す明確な台詞が一切ないのが面白い。
それでも、微妙な恋愛バランスが伝わってくるのです。

芹沢博士のほうはといえば、
ナードでコミュ障な性格からか、
恵美子に対して積極的なアプローチをすることはありませんが、
研究中の「オキシジェン・デストロイヤー」の秘密を
恵美子にだけ打ち明ける
ことからも
芹沢博士が恵美子に好意を寄せていたのは間違いないでしょう。
むしろ、芹沢博士にとって
この世で信頼できるのは恵美子だけだったのかもしれません。

ところが、恵美子は
「オキシジェン・デストロイヤー」の秘密を守るという
芹沢博士との約束を破り、尾形に相談してしまいます。
これはもちろん、
ゴジラに対抗するためのやむを得ない判断ですが、
こと、この三角関係に問題を絞ると
芹沢博士との間にふたりだけの秘密を持っていること、
そしてそれを尾形に隠している背徳感に耐えかねた恵美子が
尾形に対する忠誠を表明したということでもあります。
芹沢博士にとっては、これはキツい。ツラい。

そして、芹沢博士と尾形は文字通り格闘します。
これももちろん物語上は、
ゴジラ退治のために「オキシジェン・デストロイヤー」を
使用することの是非を巡る争いですが、
恋敵どうしの決闘でもあるはずです。
格闘の結果、頭を負傷して敗北したのは尾形でしたが、
負傷した尾形をいたわる恵美子の態度からすれば
恋愛に敗北したのは芹沢博士のほうでしょう。

失恋したことで人生に絶望した芹沢博士が、
「オキシジェン・デストロイヤー」の使用を認め、
自らの研究成果とともに海中深くで自死することを選んだのは
ゴジラを退治して人々を救うという大義ではなく、
失恋による厭世観が動機ではないのか……。

てな与太を飛ばしたところで、
芹沢博士、R.I.P。





にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
↑お気に召したらクリックしていただけますと、もんどりうって喜びます。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

のほうず

のほうず
映画が好きで観るのはいいが、
かたっぱしから忘れていくので
オツムのリハビリ的ブログ。
******************
当ブログの文章・画像およびイラストの無断転載を禁じます。引用される場合は、出典の表記と当ブログへのリンクを設定してください。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

お気に召したら
クリックお願いします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

スポンサードリンク

↓過去の記事はこちらから!↓

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンタ