" />

エイリアン・ビキニの侵略

alienbikini.jpg



(原題:Invasion of Alien Bikini 2011年/韓国 75分)
監督・脚本/オ・ヨンドウ 製作/ジャン・ヨンジュン 撮影/グ・チュンモ 音楽/キム・ジャンユン
出演/ホン・ヨングン、ハ・ウンジョン、チェ・ヨンジョ、ジョ・ワンヨン、ソ・ビョンチョル、キム・ヒョンテ、キム・ソンミン

概要とあらすじ
2011年ゆうばり国際ファンタスティック映画祭のオフシアター・コンペティション部門でグランプリを受賞した異色の韓国製SFサバイバルムービー。絶世の美女の姿をしたエイリアンのモニカが純潔な精子を求めて地球に降り立ち、30歳の童貞青年ヨンゴンに狙いを定める。モニカが身ごもると地球が滅亡してしまう上に、本当に愛する人に出会うまで純潔を貫くことを誓っていたヨンゴンは、セクシーなビキニ姿で誘惑してくるモニカから貞操を守るために奮闘する。(映画.comより



下着はビキニではない!!

僕の勝手な印象だとは思いますが、
韓国映画であまりお目にかからないB級バカ映画
『エイリアン・ビキニの侵略』

「エイリアン・ビキニ」という言葉から
天国にいるような気分を味わえるに違いないと思い、
『スピーシーズ』とかトロマ作品あたりをイメージしつつ、
胸を高鳴らせていたわけですが、
なんと、ビキニ姿の女性は登場しないという驚愕の事実。
下着姿の女性は登場するけれど……下着はビキニではない!!
これでは「エイリアン・ランジェリー」じゃないか!
そりゃあ下着も好きだが、ビキニと一緒にされては困る!
下着とビキニは、冷麺と冷やし中華くらいに違う!
さらに登場する女性はたったひとり。
ビキニ姿のナイスバディ・エイリアンが大挙して襲いかかり、
ちょっと〜♡ やめてくださいよ〜♡ 死んじゃうじゃないですか〜♡
みたいなことを想像していた僕の失意たるや。

まったく毛の質感を考慮していない付けひげをつけた
ヨンゴン(ホン・ヨングン)
町の平和を守るべく、たったひとりで自警団をやっていて
ゴミが落ちていたりすると拾ったりしています。
すると、女性を追い回す輩と遭遇。
滅法強いヨンゴンは輩たちをなぎ倒し、
自分のアパートに連れ帰って介抱してやるのでした。
ハ・モニカ(ハ・ウンジョン)というこの女性が
(「モニカ」はモニカ・ベルッチから取ったそうな)
エイリアンに乗り移られていて、
生き残るためには今日中に受精しなければならん、というわけ。

というわけ。とかいいながら
どういうわけか説明しろといわれても困りますが、
とにかくここから、このアパートの一室で
うふふおほほなモジモジシーンがしばらく続きます。
唐突にROLEXのCMが入ったりするのはさっぱり訳がわかりませんが
延々と切り返しで続く会話……。
そして、ジェンガのシーンの長いこと。

さていよいよお互いの気分が盛り上がり、
ヨンゴンはヤリたくてたまらないんだろうと思っていたら
自分は純潔=童貞を守っているからセックスできないと言い出す始末。
拒否し続けるヨンゴンに業を煮やしたモニカが
ヨンゴンを縛り上げて、ドMな展開がスタート。

ま、個人的には、こんなことをしてくれる女性は
天使か女神以外の何物でもないのですがそれはともかく、
ヨンゴンの股間のカットがないもんだから
モニカの攻撃(場合によってはサービス)に必死で耐えるヨンゴンが
勃起を耐えているのか、射精を耐えているのか、
よくわかりません。

ていうか、いくら歯を食いしばっても
勃起は耐えられないと思うんだが……まあ、いいか。
モニカの攻撃も、黒板をひっかく音を聞かせたりと
なんだか的外れなことに。

どうやらヨンゴンは父親から虐待を受けていて
思いあまって父親を絞殺した過去があるようす。
虐待を受けているヨンゴンはヅラをかぶっているだけなので
何歳くらいのことなのかわかりませんが、
ともかく、その記憶がフラッシュバックしたヨンゴンが
モニカをボコボコに殴り倒し、
なんと、血まみれで気を失ったモニカを犯し始め
お色気コメディから突如エログロな展開に。

そもそも、虐待と父殺しのトラウマが
なぜ自警団やストイックな健康志向や童貞を守るという
発想に至るのか疑問だし、
なぜ気絶したモニカに突然欲情したのかもよくわかりません。
まあ、狂ってるってことかな? そうなのかな?

あっという間に妊娠・出産したモニカが息絶え、
どこかへ逃亡した産まれたばかりの子供=エイリアンを追うヨンゴン。
「モニカさんを殺したのも、地球を破壊するのも許さん!」
……いや、モニカを殺したの、おまえだから!!

やっぱりヅラをかぶったヨンゴン=エイリアンが
流れる時間が違うとかなんとかいうと
浦島太郎的な昔話が挿入され、あっという間に年老いていくヨンゴン。
なんで急にこんなことになるのか……
ラストカットでは夜の街を見守るヨンゴンがいるわけで、
この浦島太郎的エピソードで一体なにがしたかったのか……

ま、とにかく、低予算ながら
いろんなアイデアを詰め込んだ気概みたいなものは感じられます。
やはり本作の最大の問題は、ビキニが登場しないこと。
最後に、大事なことなので繰り返しますよ。
……下着はビキニではない!!





にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
↑お気に召したらクリックしていただけますと、もんどりうって喜びます。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

のほうず

のほうず
映画が好きで観るのはいいが、
かたっぱしから忘れていくので
オツムのリハビリ的ブログ。
******************
当ブログの文章・画像およびイラストの無断転載を禁じます。引用される場合は、出典の表記と当ブログへのリンクを設定してください。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

お気に召したら
クリックお願いします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

スポンサードリンク

↓過去の記事はこちらから!↓

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンタ