" />

混血児リカ ハマぐれ子守唄

konketsujirika3.jpg



(1973年/日本 85分)
監督/吉村公三郎 脚本/新藤兼人 原作/凡天太郎 製作/安西一人、高島道吉、遠藤雅也 撮影/杉田安久利 美術/阿部三郎 音楽/竹村次郎 録音/黒岩竜彦 照明/岡本健一 編集/近藤光雄
出演/青木リカ、河原崎次郎、宗田政美、平井佳代、栗原妙子、笠原玲子、田沢淳子、大木正司、田道秀幸、初井言栄、柳原幸一、陳永富、加藤善己、内田直哉、扇谷敏、深沢英子、市毛良枝、殿山泰司、マンモス鈴木、清水幹生、ボス・アルストルム、田中邦衛

概要とあらすじ
“混血児リカ”シリーズ第三作目。国際悪徳商人を追って、天城山中、伊豆海岸で奔放な活躍をするリカを描く。少年院にまい戻ったリカは、院のボス・竜巻お万と反発しながらも、脱走の機会を狙っていたが、ある日、保護員のスキに乗じて脱走に成功した。リカはなつかしい古巣、横浜港に戻って来た。その時、親子心中をはかった黒人女とその娘ジュンを救った。ジュンの父はアメリカ人で、ジュン親子を棄て、失踪していた。ジュンが黒人の母を恨んでいると知ったリカは同じハーフとして同情するのだった……(映画.comより抜粋



あっけらかんとした反骨心

せっかくだからコンプリートしたいという思いで観た
『混血児リカ』シリーズの第3作、
『混血児リカ ハマぐれ子守唄』
監督は『混血児リカ』『混血児リカ ひとりゆくさすらい旅』
中平康から吉村公三郎に替わっていますが、
脚本は3作通して新藤兼人です。

前作『混血児リカ ひとりゆくさすらい旅』も
なかなか支離滅裂な作品でしたが、
本作は輪をかけて整合性を無視しております。
もともとこのシリーズは、
沖縄に駐留する米兵による日本人少女レイプによって
この世に生を受けたリカ(青木リカ)
屈折した生い立ちからくる差別に敢然と腕力で立ち向かい、
ひいてはその姿がジェンダー・フリーの象徴として
現状を打破するさまを描く痛快活劇だったと思うのですが、
本作はお色気コメディ方向に針を振り切っております。

あいかわらず、なんか悪さをして
矯正施設の愛友学園に連れ戻されたリカ。
そこにはあいかわらず牢名主の竜巻お万(宗田政美)
いたりするわけですが
なんと、囚人服がミニスカ。
それを観た瞬間に、ああそういうことなのねと、納得します。

で、リカは
間抜けな看守達の監視から逃れ、やっぱり脱走するのです。
囚人服のまま脱走したリカが
なぜ、全身真っ赤のツナギ(ワンピース? パンタロン?)を
ブティックで買うだけの金を持っていたのかは
気にしてはいけません。
とにかく、真っ赤な装いのリカは
シャネルズ方式による黒人女性(深沢英子)
娘のジュン(市毛良枝!)と心中しようとしたところに出くわして助け、
近しい間柄になるのですが、
アメリカ人男性と黒人女性の間に産まれたジュンが
どっからどう見ても日本人の市毛良枝なのはなぜか……
気にしてはいけません。

そんなリカのもとに、
学ラン姿の不良グループが現れます。
リーダーのハブのゴン太(柳原幸一)
アメ公やアイノコを敵対視しているのですが
それは沖縄出身の彼が、
かつての彼女が米兵によって輪姦されたにもかかわらず、
その彼女が米兵相手のバーでホステスとして働くようになった
ことから、
米兵に対する敵対心と同時に
女性に対する不信感をも募らせていたようです。
とはいえその後、ハブのゴン太がやることは
拉致&人身売買という強姦米兵以下のことであり、
同情の余地はありません。

リカにフランスパンでボコボコにされたハブのゴン太グループは
リカひとりを相手に5人がかりで復讐を企むますが、
そこに突然バイクで現れたのが、ゴロー(河原崎次郎)
誰?? あなた、誰??

まあ、ゴローはリカの恋人(?)的なやつみたいらしいです。
ホテルにしけ込んだゴローとリカが
さっそくセクロスしようとすると、
学ラングループが邪魔に入ります。
え? なんで、この部屋が分かったの? なんて驚いている暇もなく、
続いて警官が登場。
え? 誰かが通報したの? なんて考える暇もなく、
リカを見つけた警官は「署まで同行してもらいます」……とのこと。
気にしてはいけません。

リカたち女性囚たちは「ユートピア精神病院」に移され、
兵隊キチガイの田中邦衛が登場したり、
ゴリラ男(マンモス鈴木)がウガーいうたり、
ドタバタやるわけですが、
そういえばここまで、悪ガキがじゃれているだけで
事件らしい事件が起こってないなあと思っていると、
J・F・ニクイソン(清水幹生)というふざけた名前の
外人になりすました日本人が突如現れ、
拉致した市毛良枝をレイプするところを映像に収めて
なんかよくわかんないけれど、とにかく一儲けしようとするので
立ち向かうべき敵らしい敵の登場で
構造的にはやっと落ちつきます。

とはいえその後も、脈絡なくゴローが再登場して
リカと青姦
はじめたり、
支離滅裂だけど景気のいい展開がラストまで続き、ジ・エンド。

ま、ツッコミどころは盛りだくさんですが、
虐げられているものがデカい面をしているやつらに一杯食わす痛快さを
あっけらかんと描く陽性の反骨心みたいなものが
今の日本映画にはすっかりなくなってしまったなあ、
などと思ってみたりします。





にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
↑お気に召したらクリックしていただけますと、もんどりうって喜びます。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

のほうず
映画が好きで観るのはいいが、
かたっぱしから忘れていくので
オツムのリハビリ的ブログ。
******************
当ブログの文章・画像およびイラストの無断転載を禁じます。引用される場合は、出典の表記と当ブログへのリンクを設定してください。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

お気に召したら
クリックお願いします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

スポンサードリンク

↓過去の記事はこちらから!↓

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンタ