" />

日本で一番悪い奴ら

nichiwaru.jpg



(2016年/日本 135分)
監督/白石和彌 原作/稲葉圭昭 脚本/池上純哉 製作/由里敬三、遠藤茂行、木下直哉、中西一雄、矢内廣、細字慶一 撮影/今井孝博 美術/今村力 照明/金子康博 録音/浦田和治 音響効果/柴崎憲治 編/集加藤ひとみ 音楽/安川午朗
出演/綾野剛、YOUNG DAIS、植野行雄、矢吹春奈、瀧内公美、田中隆三、みのすけ、中村倫也、勝矢、斎藤歩、青木崇高、木下隆行、音尾琢真、ピエール瀧、中村獅童、白石糸

概要とあらすじ
実在の事件をもとに描いた「凶悪」で話題をさらった白石和彌監督が、2002年の北海道警察で起こり「日本警察史上最大の不祥事」とされた「稲葉事件」を題材に描く作品。綾野剛が演じる北海道警の刑事・諸星要一が、捜査協力者で「S」と呼ばれる裏社会のスパイとともに悪事に手を染めていく様を描く。大学時代に鍛えた柔道の腕前を買われて道警の刑事となった諸星は、強い正義感を持ち合わせているが、なかなかうだつが上がらない。やがて、敏腕刑事の村井から「裏社会に飛び込み『S』(スパイ)を作れ」と教えられた諸星は、その言葉の通りに「S」を率いて危険な捜査に踏み込んでいくが……。暴力団と密接な関係を持ち、諸星に影響を与える村井役で、「凶悪」に続き白石監督とタッグを組むピエール瀧が出演する。(映画.comより



「警察を信用しすぎないほうがいいよ」

「日本警察史上最大の不祥事」とされる「稲葉事件」を描いた
『日本で一番悪い奴ら』
おそらく「日本警察史上最大の不祥事」というのは、
明るみに出たものの中で最大という意味だろうし、
本作を観れば、「稲葉事件」という呼び方も
ほんとは「道警事件」と呼ぶべきだろと誰しも思うはず。

「北海道警察から日本一を出したい」という思惑によって
柔道が強い諸星(綾野剛)を警官に採用することから
警察がメンツを重んじる体質であることと、
本土の警察に対する道警の対抗心がすでに現れています。

基本的にまじめな諸星は
『キッズ・リターン』のモロ師岡的存在の先輩刑事、
村井(ピエール瀧)から
「刑事は点数。点数を稼ぐには裏社会に飛び込んで、
 S(スパイ)を作れ」
という指南に従順に従い、
点数を稼いで「道警のエース」と成り上がるのでしたが、
急にイケイケになる諸星の変貌ぶりに
若干、唐突さを感じてしまいました。
やくざの組長・黒岩(中村獅童)
あっさり諸星と意気投合し、「兄弟」と呼び合う仲になるのも
やっぱり唐突な感じはしましたが、
黒岩は端から諸星を利用するつもりだったとも思えるので
こちらはさほど違和感は大きくありませんでした。
ちなみに『映画秘宝2016年8月号』によれば、
黒岩が諸星に飲ませる「サメのエキス」
若松孝二監督が映画を撮れない時期にやっていたサイドビジネスだそうで
元若松組の白石監督なりのオマージュだとか。

ロシア語が堪能な売人DJ・太郎(YOUNG DAIS)
盗難車バイヤーのパキスタン人ラシード(植野行雄)
Sに加えた4人は
ロシアから銃を仕入れ、その銃を諸星が「摘発」するのでしたが、
銃を仕入れるための金を払っているのは諸星。
その後、諸星が転落していくのは目に見えていますが、
市民の安全を守るためという当初の目的が
情報を得るために悪人と懇意にし、
点数を稼ぐために銃を押収するために銃を買う……と
どんどん手段が目的化していくさまが恐ろしい。

これは諸星のみならず、
国松長官狙撃事件を受けて、より一層の銃摘発に乗り出した道警が
次々と銃を「押収」してくる諸星のおかげでウハウハ状態になると
「国松長官に足を向けて寝られないな〜」なんて
言うことからもわかります。
さらには、銃を買う金がないからシャブをさばき、
大量のシャブの密輸を見逃すかわりに
大量の銃を手に入れようと企てて……
もうここまでくれば本末転倒ぶりにあきれるほかなく、
そもそもなにが目的だったのかわけがわかりません。
警察と暴力団は親分が違うだけで、結局同じ穴のむじな。
裏で手を結んだり、覇権争いをしているだけなのでしょう。

諸星に扮する綾野剛ははまり役といっていい演技で、
とくに初めてシャブを打ってしまうシーンでの顔芸
諸星の転落人生の始まりを象徴させるものでした。
YOUNG DAISは、演技経験は浅いけれど勘がいいんだろうなと感じるし、
ピエール瀧はいつも通りで、
中村獅童も行雄ちゃんも適役でした。
問題は、TKOの木下隆行ですよ。
諸星をいたぶる関東の大物やくざという役でしたが、
貫禄はないわ、怖くないわ、
コントレベルの演技で非常に興ざめでした。

全体的にコメディ調なのは、
やっぱり実際の顛末があまりにも荒唐無稽だからでしょうが、
135分という尺はちょっと長く、テンポが鈍いかな?
と、思うところがないわけではありません。
70〜80年代を再現した美術は
カタカナの「コカコーラ」の瓶にはグッときましたが
特別に時代感を感じることはありませんでした。
(パチスロの機種はちゃんと当時のものだったりするらしいけど)
とはいえ、全体的には楽しい
おっさんエンターテイメントです。

そして最後に告げられる、
諸星=原作者の稲葉圭昭以外の警察関係者たちは
誰一人として逮捕されていないという事実……。

とてつもなく深い闇を感じました。

やはり、『映画秘宝2016年8月号』に掲載された
稲葉圭昭氏のインタビューから。
「警察を信用しすぎないほうがいいよ」……。
(稲葉氏は本作にチラッと登場しています)





にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
↑お気に召したらクリックしていただけますと、もんどりうって喜びます。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

のほうず

のほうず
映画が好きで観るのはいいが、
かたっぱしから忘れていくので
オツムのリハビリ的ブログ。
******************
当ブログの文章・画像およびイラストの無断転載を禁じます。引用される場合は、出典の表記と当ブログへのリンクを設定してください。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

お気に召したら
クリックお願いします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

スポンサードリンク

↓過去の記事はこちらから!↓

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンタ