" />

桐島、部活やめるってよ

kirishima.jpg



(2012年/日本 103分)
監督/吉田大八
出演/神木隆之介・橋本愛・大後寿々花・前野朋哉・岩井秀人

あらすじ
ありふれた時間が校舎に流れる「金曜日」の放課後。1つだけ昨日までと違ったのは、学校内の誰もが認めるスター「桐島」の退部のニュースが校内を駆け巡ったこと。彼女さえも連絡が取れずその理由を知らせれぬまま、退部に大きな影響を受けるバレーボール部の部員たちはもちろんのこと、桐島と同様に学校内ヒエラルキーの“上”に即する生徒たち、そして直接的には桐島と関係のない“下”に属する生徒まで、あらゆる部活、クラスの人間関係が静かに変化していく。校内の人間関係に緊張感が張りつめる中、桐島に一番遠い存在だった“下”に属する映画部前田が動き出し、物語は思わぬ方向へ展開していく。(公式サイトより)



人生、意味なんかいらないってよ!

公開してからじわじわと話題が話題を呼び、
サブカル勢の熱狂的な後押しを受けてカルト的な人気を博した本作。
すでに多くの方が評論していますが、
語りたくなる映画であることは間違いないでしょう。

以前観た、吉田大八監督のデビュー作『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』が
個人的にイマイチだったので、まったくノーマークでしたが
話題につられて観に行ったら、完全にやられました。素晴らしいです!

誰にでもありそうな高校生活を描いているので
学園ドラマといえばそうだし、
それだけでも十分にエンターテイメントとして楽しむことができます。
んが、しかし! それで終わってしまうのはもったいない映画なのです。

「桐島」は設定だけで、映画の中には登場しません。
(桐島らしき人物?はちらっと出てきますが)
「桐島」は誰もが子どもの頃一度は夢見た「そうなれたらいいな〜」的存在の象徴です。
それは、プロ野球選手だったり、映画監督だったり、
漫画家だったり、ミュージシャンだったり…
漠然と夢見る存在の象徴である「桐島」は決して姿を現しません。

登場人物たちは高校2年生です。この設定が絶妙です。
そろそろ将来に向けて重要な選択をするときがせまってきています。
それでも、3年生ほど切羽詰まっていません。

生徒たちは進路希望の用紙を教師から渡されます。
ちゃらいパーマ野郎は「親にまかせてるよ」といい、
宏樹(イケメンNo.2の実質的主人公)は用紙を四つ折りにしてポケットに入れます。
保留です。もしくは逃避です。
元野球部の宏樹は、野球部を辞めたくせに
野球用のバッグをいつも持っています。これは未練です。

高校2年生という設定で強調されていますが、
すっかり大人になった今でも
「こんなはずじゃない」と「まあ、こんなもんだよ」の狭間で
なんとなく折り合いをつけているということは
あるんじゃないでしょうか。

元野球部の宏樹は、野球は好きなんだけど
プロ野球選手になれるわけでもないのに野球をすることに
一体何の意味があるのか、という葛藤に苦しんでいます。
「結局、できるやつはできるし、できないやつはできないって話だ」と
しらけてみせます。
そのくせ、夜中に素振りをする野球部の先輩に遭遇したら
慌てて隠れてしまいます。

学校内ヒエラルキーの頂点に立つ「桐島」が
突然部活を辞めた(という噂)によって、
それを拠り所(実存的価値観)にしていた人物たちはうろたえます。
でも、桐島の不在と関係のない人物もいます。
それが映画部の前田たちと野球部の先輩です。

前田たちも野球部の先輩も
自分がイケてないことはとっくの昔にわかってます。
「桐島」が部活辞めても彼らには何の関係もありません。
だから、ヒエラルキーの位置取りなど気にしません。
自分の能力の限界もわかってるのです。ただ好きだからやってるだけなんです。
ラストで、このことに宏樹は愕然とします。
何かをするときに、意味や価値がなくてもいいんだということに
気づかされます。
大げさに聞こえるかも知れませんが
必ず死ぬとわかっているのに、なぜ生き続けるのかという疑問同様、
実存的な問題です。

イケてない前田たちが映画部であることは
イケてない映画ファンの琴線に触れて、
この映画のカルト的熱狂を増幅させています。
愛読書は映画秘宝(原作ではキネマ旬報)、
好きな映画監督はジョージ・A・ロメロ(原作では岩井俊二)。
観に行く映画は『鉄男』(しかも、ちんこがドリルになってるシーン!)

そして、偶然出会ったかすみちゃん(橋本愛)との会話で
「タランティーノは知ってる?」「ああ、人がいっぱい死ぬやつ…」
「…だいたいいっぱい死ぬよね」
というくだりは笑いを誘いますが、
本作での同じ時間を違う視点で何度もくり返すという手法は
タランティーノの得意とするところなので、ひとつのオマージュかと思われます。

そして、クライマックスの屋上のシーンへ向けて
たらたら進んでいたストーリーは一気に加速します。
桐島がいなくなったことで、急遽代役を任された風助(バレー部)はこう叫びます。
「なんとかしようとしてもこの程度なんだよ! 俺は!」
(ここが一番泣きそうになりますw)
それを見つめるバドミントン部の実果(清水くるみ)も
優秀だった姉(亡くなっている)の影に苦しんでいます。

屋上では、前田率いる映画部が「生徒会・オブ・ザ・デッド」を撮影しています。
そこに「桐島」問題でうろたえている連中が押し寄せてきます。
映画部にしたら、「せっかくこっちはこっちで関係なくやってるのに、
なんでわざわざ邪魔しに来るのか!」ってことですよ。
桐島が辞めたことに一番動揺してるバレー部のバカマッチョが
映画部手づくりの隕石を蹴り上げたときは、本当に頭きた!!w
今思い出しても頭に来る!!

ラストシーンで、何かに気づいた宏樹は
「桐島」に電話をかけますが、コールの途中で切ります。
そして、野球部の練習を見ている後ろ姿で終わります。
このシーンをあやふやでわかりづらいという意見もあるようですが
人生にわかりやすい正解なんてないんです!
エンドロールでは、登場人物の役名の後に
(映画部)とか(バドミントン部)のように
それぞれが所属する部がついていますが
宏樹は(   )と空欄になっています。
こういう遊びもいいですねぇ。

宏樹がそのあと何を選択して、どうしたか。
それは観客それぞれにゆだねられているのです。
このほかにも、観客が思いを巡らせることのできる場面が
随所にでてきます。
すべてを説明してしまうのではなく、
観客が自分の体験に置き換え可能な猶予をもたせていることが
この映画の普遍性を高めて、魅力あるものにしていると思います。

「桐島」=キリストのもじりだと、指摘する方もいらっしゃいますが
(根拠としてキリストが死んだのが金曜日、とか)
あながち間違っていないと思います。
この真相ばっかりは、原作者のみが知るところですが
そういう言葉遊びがあっても不思議ではありません。
(少なくとも「○○はキリストを超えた」とかいうよりマトモ)

劇中、「桐島」の彼女である梨紗(エロいい女)が
宏樹を追いかけて、バスに乗り込み、
桐島と連絡がつかないことに腹を立てて
「ふざけんな、桐島!」というシーンがあります。
これには違和感を感じました。
学校一の美男美女のカップルであることをステータスとしている梨紗が
桐島のことを名字で呼ぶでしょうか?
「桐島くんのことを○○○って呼べるのはあたしだけ(ハート)」って思って、
下の名前で呼んでいるに違いありません!ww でしょっ!?
にも拘わらず、名字で呼ばせるあたりに作者(脚本家?)の意図が感じられます。
「桐島」=キリスト説の真偽はともかく、
「桐島」の普遍性を重視して、情報を制限しているのは明らかです。

ロケ地となった高校は、高知県にある学校らしいのですが
高知県らしさはまったくありません。
だれもはりまや橋で待ち合わせたりしませんし、高知弁ですらありません。
これも普遍性を持たせるための適確な演出だと思います。

最後に、この映画の製作は日本テレビだということ。
テレビ局製作の映画というと
夢にときめいたり、事件が現場で起こったりする
どうしようもない映画(The movie!)が多いですが、
テレビ局製作でも、アイデアと熱意があれば
こんなに素晴らしい映画になるというのはうれしい驚きでした。

やればできるじゃないか、テレビ局!





にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

のほうず

のほうず
映画が好きで観るのはいいが、
かたっぱしから忘れていくので
オツムのリハビリ的ブログ。
******************
当ブログの文章・画像およびイラストの無断転載を禁じます。引用される場合は、出典の表記と当ブログへのリンクを設定してください。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

お気に召したら
クリックお願いします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

スポンサードリンク

↓過去の記事はこちらから!↓

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンタ