" />

エボラ・シンドローム 悪魔の殺人ウィルス

ebolasyndrome.jpg



(原題:伊波拉病毒 Ebola Syndrome 1996年/香港 98分)
監督/ハーマン・ヤウ 製作/バリー・ウォン 脚本/チョウ・ティン 撮影/ユー・クォックピン 美術/ホー・チハン 音楽/マク・チュンハン
出演/アンソニー・ウォン、ロー・マン、ビンセント・ワン、シン・フイウォン

概要とあらすじ
「八仙飯店之人肉饅頭」のハーマン・ヤウ監督、アンソニー・ウォン主演による感染パニックホラー。冴えないチンピラのカイはボスの妻を寝取ったことがバレて殺されそうになるが、逆にボス夫妻を殺害してアフリカへ逃亡する。十数年後、アフリカの中華料理店で働いていたカイは、豚肉を仕入れにサバンナ奥地の村を訪れる。そこではエボラ出血熱が蔓延していたが、カイは気づかないまま村の住民をレイプ・殺害し、ウィルスに感染してしまう。しかし、カイは1000万人にひとりのエボラウィルス耐性の持ち主だった。復活を遂げたカイは香港へと舞い戻り、歩く病原体となって街中をパニックに陥れる。1997年に日本で劇場公開。2015年8月、90年代の香港バイオレンス映画を集めた特集上映「スーパークレイジー極悪列伝」でリバイバル上映。(映画.comより



エボラ出血熱に感染しようがしまいが

ハーマン・ヤウ監督&アンソニー・ウォン
「三級片」コンビによる
『エボラ・シンドローム 悪魔の殺人ウィルス』でーす♡

伝説の『八仙飯店之人肉饅頭』から3年後に作られた本作は
前作よりエロ要素が多めではありますが、
基本的な構造はそっくりで、
アンソニー・ウォン扮する本作の主人公カイ
自分が雇われている店のオーナー家族を殺し、
肉を刻み、ハンバーガーの具にして客に喰わせます。

『八仙飯店之人肉饅頭』には、それでも
どことな〜く悲哀のようなものがありましたが、
本作は極めて明るく軽薄なエログロムービー
仕上がっております。
エログロをベースにした物語に
さらにエボラ出血熱によるパンデミックの恐怖を描こうとする
意欲作! と、いっていいのかどうかわかりませんが、
牛丼に天ぷらを乗っけたような作品です。

とはいえ、アンソニー・ウォンが
最初から最後まで異常なテンションで狂いまくっているので
エボラ出血熱に感染しようがしまいが、
関係なしに恐ろしいのです。

なにせ、社長夫人と浮気中のカイ(アンソニー・ウォン)は
「キスしろ。やっぱりフェラしろ。やっぱ、キスだ」
下品極まりないセックスの現場を社長に目撃され、
許してくだされ〜みたいなことを言っていたのに、
チンコを切れと言われると
一転、社長と付き人をハサミでメッタ刺し。
浮気相手の夫人の舌をちょんぎって逃亡します。
南アフリカへ。

なんで、南アフリカへ? なんてことは気にしてはいけません。

南アフリカの中華料理店で働くカイは
あいかわらずおしゃべりのクズで
客に出す料理に唾を入れたりしています。
(これは伏線なのかも!)
安い豚肉を求めて、社長とふたりで出掛けた
原住民が暮らす村は原因不明の病人や死体がごろごろ。
だめだろう、こんなところで豚肉買っちゃあ。
帰り道で車が事故ると、ブチぎれたカイはひとりでうろつき、
卒倒している原住民の女性を見つけると、レイプ。
そして、エボラ出血熱に感染するのですが
どうやらカイは1000万人にひとりという抗体の持ち主
保菌者でありながら発症しないのでした。
無敵なのです。

その後、勤め先の社長を殺し、いけすかない夫人をレイプ。
目玉を吸い取ったりします。
そして丹念に死体を解体して調理したのが、
人肉饅頭ならぬ「アフリカン・バーガー」なのでした。
あ、そういえば、
社長夫婦の激しいセックスのあえぎ声を盗み聞きしたカイは
たまらなくなって、商品の肉塊に穴を開けて
オナニーしたあとで、やっぱりその肉を料理に使ったりします。
基本的に、ジョークが不潔です。

社長が隠していた金庫を発見したカイは大金を手にして、
香港に舞い戻り、豪遊するうちに
どんどんエボラ菌をまき散らしていく
というお話。
で、まあ、エボラに感染するというのは恐ろしいんだけど、
カイは気に入らない相手は簡単に殺してしまうので
繰り返しになりますが、
エボラに感染しているかどうかは、あんまり重要ではありません。
それよりも、追い詰められて子どもを人質に取ったカイが、
あまりに首を強く絞めていたのでその子どもが死んでしまうという、
なんとも容赦のない演出が
ハーマン・ヤウらしいといえば、らしいところ。

そういえば、最初の殺人で生き残った少女
時を経てスチュワーデスになり、
運命的にカイと再会するのだけれど、
クライマックスにはあんまり関係がありません。
最終的に、火だるまになって銃殺されるカイ。

アンソニー・ウォンのオーバー・アクトと
ハーマン・ヤウ監督の過剰な演出を楽しみましょうよ。
もし、初めて自宅に呼んだ彼女と
DVDでも観よっかーなんつってこの作品をみせて
彼女が楽しそうにしていたら、
その場でプロポーズしたほうがいいと思います。





にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
↑お気に召したらクリックしていただけますと、もんどりうって喜びます。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

のほうず

のほうず
映画が好きで観るのはいいが、
かたっぱしから忘れていくので
オツムのリハビリ的ブログ。
******************
当ブログの文章・画像およびイラストの無断転載を禁じます。引用される場合は、出典の表記と当ブログへのリンクを設定してください。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

お気に召したら
クリックお願いします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

スポンサードリンク

↓過去の記事はこちらから!↓

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンタ