" />

Seventh Code

seventhcode.jpg



(2013年/日本 60分)
監督・脚本/黒沢清 企画/秋元康 撮影/木村信也 照明/尾下栄治 美術/安宅紀史 録音/藤本賢一 編集/高橋幸一 衣装/宮本まさ江
出演/前田敦子、鈴木亮平、アイシー、山本浩司

概要とあらすじ
前田敦子の4thシングル「セブンスコード」のミュージックビデオから派生した作品で、「トウキョウソナタ」「リアル 完全なる首長竜の日」の黒沢清監督がオリジナル脚本で手がけたサスペンス。第8回ローマ国際映画祭インターナショナル・コンペティション部門に出品され、最優秀監督賞と最優秀技術貢献賞を受賞した。東京で知り合った男・松永のことが忘れられず、ロシアのウラジオストクまでやってきた高山秋子。しかし、再会を果たした松永は秋子のことを覚えておらず、「外国では人を信じるな」とだけ言い残して姿を消す。松永の後を追おうとした秋子はマフィアに襲われ、荷物も所持金も全てを奪われてしまう。荒野に捨てられた秋子は何とかして街に戻り、日本人の斉藤が経営するレストランに職住を得て、再び松永を探し始める。そんなある日、店の前を松永が通り過ぎ、秋子はその後を追いかけるが……。(映画.comより



MV部分はさておき

話には聞いていたけれど、
MVから派生した作品ということで
なんとなく敬遠していた『Seventh Code』
60分と短いですが、劇場公開もされたみたいなので
映画といって差し支えないんでしょう。
とにかく、黒沢清作品ですから
一応押さえておきたいと思った次第。

ひきの画で、青緑の車を追いかける
前田敦子をとらえたオープニング

どことなくゴダールっぽい。
全編ロシアでロケされたという本作は
まずは画的に非日常的であり、映画的。
このオープニングにはとてもワクワクしました。

どうやら東京で一度声をかけられて食事したのを理由に
松永(鈴木亮平)という男をロシアまで追いかけてきたという
秋子(前田敦子)
完全にキチガイ女です。
会ったことすら覚えていなかった松永は
このストーカー女を適当にあしらうのですが、
それでもしつこくストーキングする秋子は
いかつい男に捕まって、麻袋に入れられ、
捨てられるのでした。

前田敦子に関してもの言うと
いろいろめんどくさいのですが、
僕には、彼女の魅力がまったくわかりません。
かわいいとか、かわいくないとかいうよりも
一体なにを考えて、いまその表情なのか、
さっぱり理解できないのです。
それは本作に限ったことではなく、
独特な異物感というか、マネキン感を感じるのですが、
それが魅力だといわれればそうなのかもしれません。

麻袋から脱出した秋子は
日本人が経営するレストランを見つけ、
払える金もないのに大量の食事を平らげた挙げ句に
お金がないんで、ここで働かせてくださいと
言い出す始末。
どこまでずうずうしいんでしょうか。
それはともかく、食事シーンで前田敦子がむさぼり食うさま
傑作『もらとりあむタマ子』を思い起こさせ、
彼女はこういうシーンでこそ本領を発揮するのではないか
とさえ思います。

日本語ぺらぺらの中国人と
どうにもだらしない店主のエピソードとかありましたが
それはさておき、
ついに松永と再会した秋子が
松永のマンションに招かれたあと、
じつは核兵器の部品の裏取引に関与していた松永
組織から秋子を始末しろといわれ、それを実行しようとすると
突然、秋子は慣れた身のこなしで反撃に出るのです。
これには、うそだろ? と思いましたが、
松永と格闘する秋子の動きは
訓練された傭兵のそれで
じつは秋子は政治家に雇われたプロの暗殺者だったとわかります。
総合格闘技系のアクションが
突拍子もない展開に説得力を与えていて、楽しい。

これみよがしの説明はないけれど、
麻袋から脱出したばかりの秋子が
近所のおっちゃんに声をかけられ、
ロシア語で「わたしにかまわないで」と答えたり、
取引に使われていた廃墟のトビラの暗証番号を知っていたり、

なんでだよ? と思ってしまう伏線は
すべて回収されていきます。
(もちろん、これみよがしの回収ではないけれど)
まあ、輩につかまって麻袋に入れられて捨てられることまで
計算ずくだったとしたら、都合が良すぎるけど。

秋子が任務を完了して一件落着すると、
前田敦子が歌い始めて、はっきりとMVに。
ま、曲はクソつまんないし、ここはどうでもいいです。

とにかく、黒沢清監督のサスペンス演出の妙が
十二分に発揮されているし、
とくに照明が美しい作品でした。





にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
↑お気に召したらクリックしていただけますと、もんどりうって喜びます。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

のほうず

のほうず
映画が好きで観るのはいいが、
かたっぱしから忘れていくので
オツムのリハビリ的ブログ。
******************
当ブログの文章・画像およびイラストの無断転載を禁じます。引用される場合は、出典の表記と当ブログへのリンクを設定してください。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

お気に召したら
クリックお願いします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

スポンサードリンク

↓過去の記事はこちらから!↓

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンタ