" />

クリーピー 偽りの隣人

creepy.jpg



(2016年/日本 130分)
監督/黒沢清 原作/前川裕 脚本/黒沢清、池田千尋 撮影/芦澤明子 美術/安宅紀史 照明/永田英則 録音/島津未来介 編集/高橋幸一 装飾/山本直輝 音楽/羽深由理
出演/西島秀俊、竹内結子、川口春奈、東出昌大、香川照之、藤野涼子、戸田昌宏、馬場徹、最所美咲、笹野高史

概要とあらすじ
「岸辺の旅」でカンヌ国際映画祭「ある視点」部門監督賞を受賞した黒沢清監督が、日本ミステリー文学大賞新人賞を受賞した前川裕の小説「クリーピー」を実写映画化したサスペンススリラー。「東南角部屋二階の女」で長編監督デビューした池田千尋と黒沢監督が共同脚本を手がけ、奇妙な隣人に翻弄されるうちに深い闇に引きずり込まれていく夫婦の恐怖を、原作とは異なる映画オリジナルの展開で描き出す。元刑事の犯罪心理学者・高倉は、刑事時代の同僚である野上から、6年前に起きた一家失踪事件の分析を依頼され、唯一の生き残りである長女の記憶を探るが真相にたどり着けずにいた。そんな折、新居に引っ越した高倉と妻の康子は、隣人の西野一家にどこか違和感を抱いていた。ある日、高倉夫妻の家に西野の娘・澪が駆け込んできて、実は西野が父親ではなく全くの他人であるという驚くべき事実を打ち明ける。主人公の犯罪心理学者を西島秀俊、不気味な隣人を香川照之が演じるほか、竹内結子、東出昌大ら豪華キャストが集結。(映画.comより



黒沢流ダークファンタジー

サイコ・スリラーを得意中の得意とする
黒沢清監督の『クリーピー 偽りの隣人』
『リアル 完全なる首長竜の日(2013)』とか
『岸辺の旅(2015)』とか、
このところ、大人しい作品が(そうか? 本当にそうか?)
続いていたので
公開を非常に楽しみにしておりました。

冒頭、いきなり連続殺人犯が警察署から逃亡を図り、
犯罪心理学を得意とする刑事・高倉(西島秀俊)
自前の理論をもとに犯人を説得するも当てが外れ、
自分が刺されたうえに人質も殺されてしまいます。
どうも高倉は犯罪者の心理を型にはめたがる傾向があるようです。
そしてそれは、高倉が秘めたるサイコパス成分
すでに匂わせています。

この事件を機に警察を退職した高倉は
大学で犯罪心理学の教鞭をとることに。
新生活を始めるためか、妻・康子(竹内結子)とともに
新居に引っ越したばかりの高倉は
夫婦共々ご近所にあいさつ回り。
そして、隣に住んでいたのが西野(香川照之)という
明らかに挙動不審な男だったのです。
西野の言動に不信感を募らせる康子に対して高倉は、
「サイコパスはだいたい近所の評判がいいから。
 逆に安心かもよ」
なんて軽口を叩く始末。やれやれ。

最初に西野宅を訪問したとき、
西野は不在(?)のようで顔を出しませんでしたが、
高倉夫婦が立ち去った瞬間に大きく風に揺れる庭の草。
こういうのがまさに黒沢清っぽい演出で
とてもワクワクします。
改めて康子が手作りチョコを持って挨拶に行くと、
ついに玄関から現れた西野の顔は影に隠れて見えず、
康子に向かって近づいてくるあいだ、
一瞬、強い陽に顔を照らされたあと、
再び顔が影に覆われるという光による演出

何も起きていないのに不穏な空気を充満させます。

光による演出といえば、
6年前に起きた一家失踪事件の唯一の生き残りである
長女・早紀(川口春奈)に対して
高倉が大学の構内でインタビューする長回しシーン。
事件当時の記憶がほとんどなかった早紀が
最近になって少しずつ蘇りつつあるという記憶を語り始めると
急激に室内が暗くなるのです。
黒沢監督は、照明による同じような演出を
ほかの作品でもみせていますが
これがもう、本当に巧みで、もう大好き。
『映画秘宝』2016年7月号の監督インタビューによれば
 仕掛けられた巨大な暗幕を
 スタッフがタイミングを合わせて引っ張り、
 日光を遮断してるんだとか。すごい)
また、この大学のシーンでは
ガラス張りの壁の向こう側にある中庭のようなところで
つねに大勢の学生たちが行き交い、談笑しています。
単に絵面として面白いのは間違いないのですが、
平穏な日常からガラス一枚隔てた場所では
忌まわしい事件の真相が明かされようとしている……
てな深読みもできないわけではなさそうです。

香川照之がまあ楽しそうに演じている西野は、
狙いをつけた家族に言葉巧みに近づき、
家と財産を乗っ取りながら転々としているという
正真正銘のサイコパスなのでした。
どうやら男はさっさと殺してしまうようですが、
なぜか被害者の妻はシャブ漬けにします。
そしてさらになぜか娘には危害を与えないのが
不思議なところ。
西野の娘(ということになっている)澪(藤野涼子)
逃げるなり警察に通報するなりする機会は
いくらでもあるのにそれをしないのは
ストックホルム症候群でしょうか。
澪は逃げるどころか、父親の死体処理と
母親殺害まで西野に命じられるがまま
になっています。

それでも、澪が助けを求めているのは確かで
高倉に対してこっそりと
「あの人、お父さんじゃありません。ぜんぜん知らない人です」
と打ち明けるのです……が
これ、キャッチコピーにも使われているので
この事実に驚くことができず、非常に残念です。
それを聞いた高倉もあまり芳しい反応を見せないので
かなりショッキングな告白にもかかわらず、
物語的にも宙ぶらりんなセリフになってしまっています。

基本的に黒沢清監督のファンなので
本作を十分に楽しんだ、という前提のもとで
あえていくつか難癖をつけるとすれば、
警察の東出昌大笹野高史
あまりにも無防備すぎじゃないの? と思うし、
西野と名乗る香川照之は、
すでにそこで暮らしていた西野家を乗っ取った男であって
マンションならともかく、
いくら近所付き合いが希薄だといっても
香川照之が西野家を乗っ取る以前からそこで暮らす近隣住人には
あれ、誰? と怪しまれるはずだし、
誰もが『悪魔のいけにえ』を想起する重い扉の向こうにある
奇怪な壁(防音のためだとか)の隠し部屋と
その部屋のど真ん中にある不自然な床下収納は
元・西野家の人たちが作っているはずで
だとすれば、そもそも元・西野家も十分に怪しいぞ!
てことになりはしないかい?
それとも、あとから香川照之がリフォームしたのか?

ま、監督自身が本作をダークファンタジーだと言っているし、
そもそも黒沢作品は現実と異界が交わる違和感が魅力だから
別にいいんですけど。

あと、130分という尺はちょっと長いような気がします。
またしても分析を誤った高倉が
すっかりシャブ漬けになって香川照之のコントロール下にある康子に
裏切られる(あれは何を注射されたんだろ?)ところで
最高に嫌な感じを残して終わっても
よかったのではないでしょうか。
(あまりの絶望に座席から立ち上がれないかもしれないけど)

その後、香川照之率いる面々がバンで移動するシーン
黒沢監督おなじみの意図した違和感のある特撮が観れたのが
ファンとしては嬉しかったとしても、
最後に高倉が反撃に出て、観客の溜飲を下げるような幕引きは
ちょっぴり不満が残ります。
とはいえ、竹内結子の慟哭演技は素晴らしかったけど。
じゃあ、いいじゃねえかよ。

てなことをいいながら、
映画でしかできない表現で楽しませてくれるし、
繰り返し観たくなる作品です。





にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
↑お気に召したらクリックしていただけますと、もんどりうって喜びます。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

のほうず

のほうず
映画が好きで観るのはいいが、
かたっぱしから忘れていくので
オツムのリハビリ的ブログ。
******************
当ブログの文章・画像およびイラストの無断転載を禁じます。引用される場合は、出典の表記と当ブログへのリンクを設定してください。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

お気に召したら
クリックお願いします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

スポンサードリンク

↓過去の記事はこちらから!↓

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンタ