" />

アタック・ザ・ブロック

attacktheblock.jpg



(原題: Attack the Block 2011年/イギリス 88分)
監督・脚本/ジョー・コーニッシュ
出演/ジョディ・ウィッテカー、ジョン・ボヤーガ、ニック・フロスト、ルーク・トレッダウェイ、ジャメイン・ハンター

概要とあらすじ
「ショーン・オブ・ザ・デッド」「ホット・ファズ 俺たちスーパーポリスメン!」のエドガー・ライトが製作総指揮を務め、ニック・フロストが出演。新人ジョー・コーニッシュ監督が手がけたSFパニックアクション。ロンドンの貧しい公共団地で荒んだ生活を送る不良少年たちは、毎晩騒いでは住民を困らせていた。そんなある日、街に凶暴なエイリアンが襲来し、不良少年たちは家族や友人を守り、街を救うために立ち上がる。(映画.comより)



ナルトって人気あるのね。

ブロック(=団地)限定の限られた空間でのSFパニック映画。
5人組みの少年ギャングたちのファッションを見ながら
「かっこいいけど、それにしてもフード付パーカー率高いな」と
思っていたわけですが、
ちゃんとそれにはわけがあったのですな。

ジョー・コーニッシュ監督が実際に暴漢に襲われた経験から
「なんであの子たち(暴漢)はこんなことをしているんだろう」
と感じたことが、この作品のアイデアとなったそうですが
イギリスでは、サッチャー政権
福祉の予算をカットする政策を打ち出したことから貧富の差が広がり、
そんな貧困層の家庭が住むのがブロック(=団地)であり、
その子どもたちがギャング化して、犯罪行為を働く際に
自分の顔を隠すためのもの、それがフードなのです。
図らずも2011年に起こったロンドンの暴動を
それより前にイギリスで公開されたこの作品が
予見することになったわけです。

つまり、ブラジルの貧困層のギャング化した子どもたちを描いた
『シティ・オブ・ゴッド』などと
同じ視点で作られた作品なのですが、
『シティ・オブ・ゴッド』がシリアスなのに対して、
この作品が宇宙から来たエイリアンに襲撃されるSFであり、
コメディの要素が存分に込められた
純粋なエンターテイメント作品であることは
イギリス人特有のブラックユーモアなのでしょうか。

冒頭から、夜勤明けの看護師サム(ジョディ・ウィッテカー)
襲い、指輪まで外させて奪うクソガキどもに
もう腹立ちまくりなのです。
何にも考えずにひゃあひゃあ騒ぐクソガキ仲間と
デンゼル・ワシントンの少年時代の役があったら
こいつしかいないと思わせるモーゼス(ジョン・ボヤーガ)
わけ知り顔のくそなまいきな態度が
鼻につくやら目につくやら。

後半で、そんなモーゼスの家庭が荒みきっている描写があり、
子どもたちのギャング化の要因が家庭環境にあるというのは
世界共通だし、同情もするのですが
だからといって彼らの犯罪行為が正当化されるはずもなく、
そこんところでモーゼスたちに感情移入できなかったのが
正直なところ。すまぬ。
クソガキたちが、泣きじゃくるとか弱みを見せるところがあれば
そっちのモードにグッと入って行けたかもしれません。
ただ、それじゃあ『シティ・オブ・ゴッド』みたいに
どんどんシリアス方面に近づいていっちゃうから
この作品ではダメなことはわかってますよ。ふんっ!

違う見方をすると、クソガキたちが
人種に関係なくつるんでいるのは好印象でした。
モーゼスのセリフで
「俺たちを仲違いさせるためにドラッグを与え、
 ガンを与え、今度はエイリアンかよ!」

というのがありましたが、発言としては
黒人のことを言っているようであるものの、
人種に関係なく貧困層全体に対する言葉だったように思えます。
あれやこれやあったあとのラストで、
団地の部屋から脱出したモーゼスが
窓の外でぶらさがりながら掴まっているのが
ユニオンジャック
だったのは偶然ではないでしょう。

この作品で描かれるエイリアン
ツルツルでもフニャフニャでもピカピカでもない、
狼の牙をもったゴリラみたいな造形です。
しかも、はっきりと見て取れるのは蒼く光る牙だけで、
体全体は終始シルエットのみです。
このことはかなり重要ではにゃいかと思われましゅ。
シルエットのみにすることで、観客がいかようにも置換可能な
「なんかよくわからない敵」=「襲ってくるものの総体」
イメージさせる秀逸な表現ではないでしょうか。
襲ってくる「敵」は政府や大人たちかもしれないし、
自分たちの心の闇かもしれない……

これが初監督作品となるジョー・コーニッシュ監督は
スピルバーグや過去のSF映画のファンであると公言しているので
あえて余計な深読みをしてみようかしらんと
思う次第でございますが
モーゼスたちよりもさらに若い小学生くらいの二人組み
狂言回しとして登場します。
この漫才コンビのような二人組みって……
C3POとR2D2じゃないの?
いや、見た目は全然違うけどさ。役割としてさ。
いや、役割っつーか、二人の掛け合いが、ね。
いや、う〜ん、まっ、掛け合いっつーか、さぁ。
いや、……証拠とかいわれてもなあ……





にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
↑お気に召したらクリックしていただけますと、もんどりうって喜びます。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

おもしろい映画でした

2016/05/05 (木) 08:29:16 | URL | kazu #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

のほうず

のほうず
映画が好きで観るのはいいが、
かたっぱしから忘れていくので
オツムのリハビリ的ブログ。
******************
当ブログの文章・画像およびイラストの無断転載を禁じます。引用される場合は、出典の表記と当ブログへのリンクを設定してください。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

お気に召したら
クリックお願いします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

スポンサードリンク

↓過去の記事はこちらから!↓

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンタ