" />

死霊のえじき

dayofthedead.jpg



(原題:Day of the Dead 1985年/アメリカ 102分)
監督・脚本/ジョージ・A・ロメロ 製/作リチャード・P・ルビンスタイン 製作総指揮/サラ・M・ハッサネン 撮影/マイケル・ゴーニック 編集/パスクァーレ・ブバ 音楽/ジョン・ハリソン 特殊メイク/トム・サヴィーニ
出演/ロリ・カーディル、テリー・アレクサンダー、ジョセフ・ピラトー、ジャーラス・コンロイ、アントン・ディレオ、リチャード・リバティー、ハワード・シャーマン、G・ハワード・クラー、ラルフ・マレロ、ジョン・アンプラス

概要とあらすじ
ゾンビは増殖を続け、地球を埋め尽くそうとしていた。軍の地下基地ではサラを始めとする科学者たちがゾンビに関する研究を行なっていた。ローガン博士はバブと名づけたゾンビを飼いならしていたが、肝心の研究は遅々として進まず、人間同士の対立も絶えない。そんな争いの果てに、基地内にゾンビたちが侵入。サラたちの運命は? ジョージ・A・ロメロ監督による「ゾンビ」シリーズの第3弾。(映画.comより



復習のロメロ その3

ジョージ・A・ロメロの
いわゆるゾンビ3部作完結編にあたる、
『死霊のえじき』です。
当初は、ダリオ・アルジェント
前作に続きいっちょかみする予定でしたが叶わず、
低予算での製作を余儀なくされたという本作。

あいかわらず、世界中にゾンビが蔓延しているという状況から
物語が始まります。
ヘリコプターが、前作から地続きなのかと思わせますが
お話しはまったく繫がっておりません。
タイトルと同時に登場する
顎が崩れ落ちているゾンビの特殊メイクが強烈。
ゾンビ化しているのかどうかわからないけれど、
ワニも登場します。

なにやら、
地下の施設に立てこもっていると思われる登場人物たちが
それぞれどういう立場でどういう関係なのかが
わかりやすく伝えられないので
結構長時間、やきもきさせられます。
ゾンビの生態を研究する科学者たちと
彼ら科学者たちを警備・支援している軍人たち

という構図は、徐々にわかってはくるのですが
そもそもの指令系統がよくわからず、
軍人たちも誰に命じられて任務に当たっているのか
曖昧です。
どうやら精神をやられているスペイン人の軍人と
科学者のサラ(ロリー・カーディル)
付き合っているらしいのですが、
このふたりが恋愛関係にあるようには
とても思えません。

ゾンビによって追い詰められた人間同士が
本性をむき出しにして、醜い争いを始めるのは
ゾンビ3部作に共通したテーマですが、
本作では、人間同士の関係がかなり単純化されており、
とくに軍人たちは徹底的に能無しのバカで
学園ものに登場する不良たちにしか見えません。
「我々は神に罰を受けた」というセリフも
愚かな人間の自業自得によって
このような終末を招いたという一貫した主張は感じられるものの、
第1作の『ナイト・オブ・ザ・リビングデッド』から
より深く掘り下げられたようには
到底思えません。

本作のフレッシュな点は
ゾンビは飼い慣らすことができるのではないかというところ。
若干、マッドぎみのローガン博士(リチャード・リバティー)
おそらく父への復讐の意味も込めて名づけた
バブというゾンビ
徐々にかつての生活の記憶を取り戻していきます。

バカ軍人の番長に殺されたローガン博士の死体をみたバブは
あきらかな哀しみを表現し、
なんと、銃で番長に復讐を始めます。
全2作までのゾンビはほぼ無個性な集団でしたが、
本作で初めてゾンビが個性を持った
言えるのではないでしょうか。

ただまあ、第1作から第2作、そして本作と
社会派映画としての密度は低下していった感が否めません。
そのかわりというわけじゃないでしょうが、
グロ表現が豊富で、人体破壊のアイデアが満載
その点に関しては十分に楽しめる作品ではあります。





にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
↑お気に召したらクリックしていただけますと、もんどりうって喜びます。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

のほうず
映画が好きで観るのはいいが、
かたっぱしから忘れていくので
オツムのリハビリ的ブログ。
******************
当ブログの文章・画像およびイラストの無断転載を禁じます。引用される場合は、出典の表記と当ブログへのリンクを設定してください。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

お気に召したら
クリックお願いします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

スポンサードリンク

↓過去の記事はこちらから!↓

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンタ