" />

インシディアス 序章

insidious3.jpg



(原題:Insidious: Chapter 3 2015年/アメリカ 93分)
監督・脚本/リー・ワネル 製作/ジェイソン・ブラム、オーレン・ペリ、ジェームズ・ワン 撮影/ブライアン・ピアソン 美術/ジェニファー・スペンス 衣装/アリエラ・ウォルド=コーヘイン 編集/ティム・アルバーソン 音楽/ジョセフ・ビシャラ
出演/ダーモット・マローニー、ステファニー・スコット、リン・シェイ、リー・ワネル、アンガス・サンプソン

概要とあらすじ
人気ホラーシリーズ「インシディアス」の第3作で、物語の原点を描くプリクエル(前日譚)。前2作で脚本・出演を兼ねた「ソウ」シリーズのリー・ワネルが、今作では監督も務め、前2作を監督したジェームズ・ワンが製作を担当した。高校卒業を間近に控えたクインは、最近亡くなった母のリリーと交信をしようと、霊能者エリーズのもとを訪れる。夫が自殺してしまったエリーズは霊能者を引退していたが、クインに同情して話を聞くことに。すると、クインに霊がとり憑かれていることに気付く。やがてクインは交通事故に遭うなど不幸に襲われ、クインの父はエリーズに助けを求めるのだが……。(映画.comより



もう1本くらいなら付き合ってやってもいいよ

原題は、たんに「Chapter 3」ですが
「序章」っていうくらいだから、全2作の前日譚となるはずの
『インシディアス 序章』
もう、いろいろ言いたいことがあるんですが
とりあえず本作について、行こう。さあ、行こう。

ジェームズ・ワンは製作にまわり、
脚本およびゴーストバスターコンビの片割れを演じる
リー・ワネルが監督を務めています。
ジェームズ・ワンって、ヒッチコック的な出たがりなんでしょうか。
本作では、オーディション・シーンにいたし、
前作ではパソコンのモニタに登場してましたね。
(第1作では、本人は出ていないと思うけれど
 黒板の落書きに『ソウ』の人形が)

全2作から遡ること数年前、
霊媒師の仕事を辞めていたエリーズ(リン・シェイ)の屋敷に
乳癌で死んだ母と話したいという女の子、
クイン(ステファニー・スコット)がやってきます。
このステファニー・スコットの目映いばかりにピチピチしていて
なおかつ優等生的な可愛さがもうたまらん。
母との交信を懇願するクインを一度は断ったものの、
情に負けて降霊を引き受けたエリーズでしたが、
母親より邪悪な例の存在に気づいて、やっぱり中止に。
ところが、邪悪な悪霊は
すでにクインに目をつけていたのでした。

クインが自動車にひかれるシーンは素直にびっくりしたし、
おどかし演出にもびびりまくり。
悪霊たちも全2作よりキャラ立ちしていました。
あとから冷静に考えれば、
あまりフレッシュなアイデアはありませんでしたが
まあ、わーわー楽しむホラー映画としては
及第点ではないでしょうか。

クインは超〜かわいいヒロインなんですが、
両脚にギプスをしているので、ほぼマグロ状態。
それでもぶん投げられたりしてボロボロになっていく姿は
むしろコメディ
で、笑っちゃいました。
しかし、本作の本当にヒロインは
第1作から登場しているエリーズ。
エリーズに扮するリン・シェイおばあちゃんの
知的でキュートな魅力が満載です。
自信を取り戻したエリーゼが再び「彼方」へと赴き、
「黒衣の花嫁」を突き飛ばしたあと、
「Come on Bitch!」と啖呵を切っていたのには
思わずイェ〜イと声が出ました。
エリーゼに対して、
お前を殺してやる! と「黒衣の花嫁」が言うのは
第1作のラストで実現されている
わけで
それを知っていれば、このやりとりが感慨深いものになるはず。

で、まあ、概ね楽しめる出来にはなっていると思いますが
第2作の複雑な面白さには遥かに及ばず。
「序章」っていうもんだから、
てっきり「黒衣の花嫁」ことパーカー・クレインの
秘密が明かされるんだと思っておりました
が、
黒衣の花嫁は登場こそすれ、
クインをつけ狙う悪霊は呼吸器を付けた新キャラ
もちろんほかにも真っ赤なお顔の悪魔がいたりするもんだから、
誰が大ボスで、誰をやっつければいいのか
とっても曖昧。
ていうか、クインのかーちゃん!
もっと早く出てきてよ!
 知ってたでしょ? クインが大変なの!

要するに、前日譚といっても
前作までに登場した呪いの源流を遡るのではなく、
エリーゼとゴーストバスターコンビのなれそめでした。
じゃあ、『インシディアス 第2章』のラストで、
エリーゼが「オー、マイガッー!」と叫んだのは
なんだったんだよ
ってことですが、
どうやら、シリーズ4の製作が決定しているようで
そこでもろもろの真相が明らかになるんでしょうか。

うーん、もう1本くらいなら
付き合ってやってもいいとは思いますよ。





にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
↑お気に召したらクリックしていただけますと、もんどりうって喜びます。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

のほうず

のほうず
映画が好きで観るのはいいが、
かたっぱしから忘れていくので
オツムのリハビリ的ブログ。
******************
当ブログの文章・画像およびイラストの無断転載を禁じます。引用される場合は、出典の表記と当ブログへのリンクを設定してください。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

お気に召したら
クリックお願いします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

スポンサードリンク

↓過去の記事はこちらから!↓

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンタ