" />

ミスト

mist.jpg



(原題:The Mist 2007年/アメリカ 125分)
監督・脚本/フランク・ダラボン 製作/フランク・ダラボン、リズ・グロッツァー 原作/スティーブン・キング 撮影/ローン・シュミット 音楽/マーク・アイシャム
出演/トーマス・ジェーン、マーシャ・ゲイ・ハーデン、ローリー・ホールデン、アンドレ・ブラウアー、トビー・ジョーンズ、ウィリアム・サドラー、アレクサ・ダバロス、ネイサン・ギャンブ、クリス・オーウェン、サム・ウィットワー、ロバート・C・トレベイラー、デビッド・ジェンセン、ケリー・コリンズ・リンツ

概要とあらすじ
「ショーシャンクの空に」「グリーンマイル」でスティーブン・キングの世界を見事に映画化したフランク・ダラボン監督が、映像化不可能と言われていたキングの傑作中篇「霧」に挑んだ意欲作。激しい嵐が過ぎ去った町に不気味な深い霧が立ち込め、住民たちは身動きが取れなくなってしまう。やがて霧の中に潜んだ正体不明の生物が彼らを襲いはじめ……。原作とは異なる衝撃のラストが全米公開時に大きな話題を呼んだ。(映画.comより



あきらめないで!(by J-POP)

スティーブン・キング原作の映画は数あれど、
『ミスト』がちょっと変わり種のように感じるのは
やっぱり、原作と異なる意地の悪いエンディングを用意した
フランク・ダラボン監督の手腕によるところが
大きいのではないでしょうか。

とにかく本作は、ショッピング・センターに
町の人々を集合させることが大命題。
そのために前夜の嵐で気が倒れたりする根拠が用意されますが、
イラストレーターのデヴィッド(トーマス・ジェーン)
息子のビリー(ネイサン・ギャンブル)
仲の悪い隣人のノートン(アンドレ・ブラウアー)を連れて
買い出しのためにショッピング・センターへと到着し、
鼻血の男が店内に駆け込んできて
「霧の中に何かがいる!」と叫んだかと思うと、
外はみるみるうちに霧で覆われて
買い物客たちが店内に閉じ籠もることになるまでの序盤、
つまり、設定完了するまでのテンポの早さが小気味よく、
とっとと本題に入ってしまいたい思惑が窺えます。
それを性急すぎると感じさせないのも見事ではないか。
見事ではニャいかな?(どうした急に)

立ちこめる霧の中には、
正体不明のクリーチャーが潜んでいて……というわけですが
本作においては、クリーチャーがなんだろうと
どうでもいいのです。

人間たちを怯えさせ、一カ所に閉じ込める根拠となるものであれば
なんでもいいのです。
あえていえば、人間たちの敵となるのはクリーチャーではなく、
漠然とした不安感=霧でしょう。

ショッピング・センターの店内で醜く争う人間たちに
割り振られたキャラクターは
それぞれに人間社会における典型的なタイプを代表するもの。
最後の最後まで徹底的にバカな田舎もの、
プライドが高く、他人の意見に耳を貸さない弁護士、
見た目と立場だけでナメられていたけど
じつは銃大会チャンピオンで勇敢な店員、
そして、狂信者の女などなど。
いくつかのグループに分かれていがみ合う彼らは
本来なら、この窮地を脱するという
同じ目的を持っているにもかかわらず、
現在進行形の問題に対処するわけではなく、
日頃から腹にためていた鬱憤やコンプレックスをぶつけ合い、
議論とは別物の、人格否定へと至ります。

これぞ、愚昧。
女性教師が「人間は生まれつき善良のはずだわ」といえば、
「恐怖を抱くと人は無法状態になる」
「解決策を示す人物に見境もなく従ってしまう」

デヴィッドに言わせているように
愚昧で矮小な人間を描くのが本作の目的でしょう。
ロメロ的というべきか。

デヴィッドは主人公らしく、
理性的かつ勇敢に振る舞っていましたが
冒頭のシーンで、
『続・夕陽のガンマン』っぽいイラストを描いていたのを思い出せば
少しヒーローを気取っていたところが
あるのかもしれません。
デヴィッドを含む5人は
狂信者カーモディ(マーシャ・ゲイ・ハーデン)
信者だらけになってしまったショッピング・センターから
脱出するものの、ガス欠で万事休す。
眠っているデヴィッドの息子を含む5人は死を覚悟し、
手元の銃に残された4発の弾丸でメンバーを射殺したデヴィッド
絶望に苛まれながら車外に出て、
「(バケモンども)来やがれ!」と叫んでいるところへ軍隊が現れ、
トラックの荷台に乗っている救助された人々のなかに
謎の霧が発生した直後にショッピング・センターから
「おまえら、地獄へ堕ちろ!」とののしりながらひとり出て行った女性
彼女の子供たちがいたのでした。

デヴィッドはずっと独り相撲をとっていたことになりますが
彼のそれまでの行動が間違っていたとは言い難く、
ショッピング・センターから出て行ったものは殺されているのですから
トラックの女性が正しかったわけでもありません。
(あの時点では、女性の行動は無謀でしかなく、運がよかったとしか)
しかし、最後の最後で自分たちの運命を決めてしまった
デヴィッドを含む5人の判断は
完全に間違っていました。
(しかも、息子の意向は反映されていない)

とにかく、あきらめちゃないで! なんていうと
クソJ-POPみたいですが、
勝手に悲観して自分の人生を閉じることはないでしょう。
だって、運命は神のみぞ知るのですから……って
だめじゃん。これじゃ、キチガイばばあと一緒じゃん。





にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
↑お気に召したらクリックしていただけますと、もんどりうって喜びます。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

のほうず

のほうず
映画が好きで観るのはいいが、
かたっぱしから忘れていくので
オツムのリハビリ的ブログ。
******************
当ブログの文章・画像およびイラストの無断転載を禁じます。引用される場合は、出典の表記と当ブログへのリンクを設定してください。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

お気に召したら
クリックお願いします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

スポンサードリンク

↓過去の記事はこちらから!↓

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンタ