" />

恋人たち

ill668.jpg



(2015年/日本 140分)
監督・脚本・原作/橋口亮輔 製作/井田寛、上野廣幸 撮影/上野彰吾 照明/赤津淳一 録音/小川武 美術/安宅紀史 音楽/明星/Akeboshi
出演/篠原篤、成嶋瞳子、池田良、光石研、安藤玉恵、木野花、黒田大輔、山中聡、内田慈、山中崇、リリー・フランキー

概要とあらすじ
「ぐるりのこと。」で数々の映画賞を受賞した橋口亮輔監督が、同作以来7年ぶりに手がけた長編監督作。橋口監督のオリジナル脚本作品で、不器用だがひたむきに日常を生きる人々の姿を、時折笑いを交えながらも繊細に描き出した。通り魔事件で妻を失い、橋梁点検の仕事をしながら裁判のために奔走するアツシ。そりがあわない姑や自分に関心のない夫との平凡な生活の中で、突如現れた男に心揺れ動く主婦・瞳子。親友への想いを胸に秘めた同性愛者で完璧主義のエリート弁護士・四ノ宮。3人はもがき苦しみながらも、人とのつながりを通し、かけがえのないものに気付いていく。主人公となる3人はオーディションで新人を選出し、橋口監督が彼らにあわせてキャラクターをあて書きした。リリー・フランキー、木野花、光石研ら実力派が脇を固める。(映画.comより



日本に漂う、嫌な「空気」

橋口亮輔監督の前作『ぐるりのこと。』
あんまり好きじゃないんですが
とにかく2015年公開の日本映画のなかで
もっとも高い評価を得た(であろう)『恋人たち』

無差別通り魔殺人で妻を殺された過去を持つアツシ(篠原篤)
つまらない夫と偏屈な姑との同居生活に耐えながら、
「お姫様」になることを夢見る主婦・瞳子(成嶋瞳子)
高慢ちきなゲイの弁護士・四ノ宮(池田良)という
3人のエピソードが当人たちの及び知らないところで絡み合う物語。
いまの日本に漂う、嫌な「空気」、
すなわち閉塞感や鬱屈、差別感情などを描こうとしているのは
一目瞭然。

とはいえ、この3人のエピソードを並列に扱い、
現代日本社会の息苦しい空気感を表現するにしては
アツシのエピソードは突出しています。
アツシの妻を殺害した犯人が
精神鑑定の結果によって不起訴となり、
そのことでアツシが苦しむのは
ほかの2人が日常的に抱える問題とは別種のものではないでしょうか。

そのかわり(というべきかどうか)、
アツシのエピソードには今を生きる理不尽さが凝縮されていて、
彼の憤りには激しく共感しました。
加害者の人権を尊重するあまり、
被害者が忍耐を強いられる状況に追い込まれるのはいたたまれません。
司法の問題だけではなく、
アツシの義理の姉の結婚が、
妹(=アツシの妻)が殺されたことによって破談になったりするのは
まさに理解不能な現実です。

アツシが、不起訴になった通り魔を自分の手で殺したいと思うのは
至極真っ当な発想だと思うし、
それをやっちゃあ犯人と同じだよみたいな意見は
被害者遺族の感情を鑑みない机上論でしかありません。
なにしろ、アツシにとって犯人は「殺してもいい人間」なのですから。
だからこそ、被害者遺族の報復を抑止するための
法による死刑というものが存在するのではないでしょうか。
さりとて、アツシが報復(自殺を含めて)を実行するのは
新たな不幸を招くものでしかないのは自明のことで
彼に必要なのは黒田大輔が演じる職場の先輩のような
溜まりに溜まった鬱憤を受け止めてくれる存在なのでしょう。
かつて皇居に向けてロケットを発射に失敗した元・左翼の黒田が
左腕をなくしているのは象徴的で
彼は強烈な挫折を経験したことのある人間です。
黒田の穏やかさには、敗北感からくる諦念が窺えますが
それでもアツシの怒りを受け止めるだけの素養は
十分にあるように思います。

主婦・瞳子は、もっとも一般的な日本人女性像を
象徴しているように思います。
瞳子が働く弁当屋の女将がヒステリックになるのは
妊娠中だからかもしれませんが、
優柔不断かつ、むしろ怒るほうが悪いというような旦那の態度は
心底むかつきます。
皇室ネタにはかなりの勇気を感じましたが、
自作の小説を書き、その小説の主人公をマンガにしている瞳子は
ファンタジックな妄想を内に秘めている乙女です。
瞳子を演じる高橋瞳子のどこにでもいそうなおばちゃん感
素晴らしい。
瞳子と肉体関係を持った直後の光石研が
瞳子の乳首をいじりながら話す
態度も素晴らしい。

弁護士・四ノ宮のエピソードは
ゲイに対する偏見を表現しようとしていたのかもしれませんが
なにしろ端っから四ノ宮が高慢ちきでいけ好かない野郎なので
彼の心の痛みに共感する気持ちがなかなか湧き上がりません。
彼本人よりも、彼が担当する結婚したばかりの女子アナ(内田慈)
結婚相手が「ブラッキー」だったから結婚詐欺だと訴えることのほうが
よりおぞましい。
映画を観ているときはなんのことかわかりませんでしたが
調べてみると、「ブラッキー」とは、
2chなどで使われる被差別部落出身者を意味する隠語だそうで、
部落出身者を差別したうえで、差別していることを隠蔽しているという
何重にも汚らわしく、醜い言葉でした。

ラストシーンで
首都高の隙間から見える青空を見上げたアツシが
「よし」というのは
とにかく上を向いて逞しく生きていくしかないという
ポジティブな感情は受け取れましたが
あまりにも明解な解答を示しすぎている感じもします。
元の生活に戻った瞳子が、
いつものように夫からセックスするぞのサインを受け取り、
切らしたスキンを買いに行こうとすると
「なくていいよ、夫婦なんだから」と夫がいうのも
じゃあ、なんでいままで避妊してたのか、よくわかりません。

それぞれのエピソードにぐっとくる場面は多かったのですが
それぞれが違うレイヤーの物語に思えてしまい、
全体を貫く軸のようなものが
漠然とした不能感に留まっているように感じたのは残念でした。
とはいえ、一見の価値ありです。





にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
↑お気に召したらクリックしていただけますと、もんどりうって喜びます。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

のほうず

のほうず
映画が好きで観るのはいいが、
かたっぱしから忘れていくので
オツムのリハビリ的ブログ。
******************
当ブログの文章・画像およびイラストの無断転載を禁じます。引用される場合は、出典の表記と当ブログへのリンクを設定してください。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

お気に召したら
クリックお願いします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

スポンサードリンク

↓過去の記事はこちらから!↓

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンタ