" />

マーシュランド

ill657.jpg



(原題:La isla minima 2014年/スペイン 105分)
監督/アルベルト・ロドリゲス 脚本/ラファエル・コボス、アルベルト・ロドリゲス 撮影/アレックス・カタラン 編集/ホセ・M・G・モジャーノ 音楽/フリオ・デ・ラ・ロサ
出演/ラウール・アレバロ、ハビエル・グティエレス、アントニオ・デ・ラ・トーレ、メルセデス・レオン

概要とあらすじ
スペインの田舎町を舞台に、連続少女惨殺事件を追う2人の刑事の目を通して町にうごめく深い闇を描き、スペインのアカデミー賞にあたるゴヤ賞で作品賞・監督賞など10部門を獲得したクライムミステリー。1980年、フランコによる独裁政治の爪あとが残るスペインのアンダルシア地方。湿地帯の小さな町で、祭りの開催中に2人の少女が行方不明になり、強姦・拷問された惨殺体となって発見された。捜査のために首都マドリードから派遣されてきた若手刑事ペドロとベテラン刑事フアンは、これまでにも同じような少女失踪事件が起きていたことを突き止める。さらに捜査を進めると、貧困や差別、汚職、小児性愛、麻薬密売など町に潜んでいた様々な闇が浮かび上がってくる。やがて、またもや1人の少女が姿を消し……。出演は「ゴースト・スクール」のラウール・アレバロ、「アイム・ソー・エキサイテッド!」のアントニオ・デ・ラ・トーレ。(映画.comより



口をつぐんで耐えるしかない湿地帯

とてもとても評価の高い『マーシュランド』
邦題の『マーシュランド』とは湿地帯のこと。
(原題の意味はグアダルキビール湿地)
アヴァンタイトルで登場する湿地帯の空撮(ドローン?)が
脳の表面のように奇怪で美しい。
これは映画館で観たかったな……

ファースト・カットで
「1980年9月20日」というテロップが入りますが
この一度しか日付のテロップは登場しません。
本作は1日の出来事を描いているわけでもないにもかかわらず、
わざわざ最初に日付を伝えるのは
本作がフランコ独裁政権が崩壊した5年後
1980年の物語だということが重要だと宣言しているからでしょう。

行方不明になった姉妹を捜査するためにコンビを組むことになった
ペドロ(ラウール・アレバロ)フアン(ハビエル・グティエレス)
ふたりの刑事。
マドリッドから左遷されたばかりのペドロは
反体制的でジャーナリスティック。
左遷されたのも憲兵の腐敗を告発したのが理由です。
フアンもかつて左遷されてこの地にいるのですが、
彼の過去は徐々に明かされていくことに。

やがて、レイプされた挙げ句に拷問された姉妹
変わり果てた無残な姿で発見されますが、
この姉妹殺害事件だけが本作のミステリーではなく、
別の女性のバラバラ死体が見つかったり、
いままさに危険な状況に陥ろうとしている少女が登場し、
謎が複雑に絡み合います。
ペドロとフアンのふたりが
少しずつ真相に近づいていく過程はサスペンスフルで
ぐいぐい引き込まれていきます。

たくさんのヒントや鍵となるアイテムが登場しますが
すべてが絶妙に効果を上げている……かといえばそうでもなく、
姉妹の乱交現場を撮影したと思しきネガフィルムに写っていた
手に彫られた三角のタトゥー
なんらかの裏組織の存在を臭わせただけで
まったく回収されないし、
後半に登場するセバスチャンという重要な人物を捜査する過程で
スライドのおもちゃが謎を解くアイテムになるかと思いきや、
セバスチャンがホテルの従業員だったことが判明したあとで
おもちゃがホテルのおみやげ商品だったと知らされても
あんま意味がないでしょ。
そのセバスチャンが乗っている
帽子をかぶった女性がデザインされたシールが貼られた車を
発見するシーンなどはただの偶然
でしかありません。
さりとて、そんないくつかのご都合主義的な齟齬が
さほど気にならないのが本作の不思議な魅力ではあります。

被害者となる少女たちはみな口を揃えて
「この町を出たい」といいます。
その願いが叶わないのは貧困ゆえで、
それはこの町に暮らす大人たちも同様でしょう。
町を出たいと願っても出られないこの町の人たちの想いは
レイプされ拷問されても、バラすと脅されて逃げることすらできず、
口をつぐんで耐えるしかない被害者少女たちによって具象化され、
それはすなわち、フランコ独裁政権時代の因習から抜け出せない人々の
閉塞感
を表しているのではないでしょうか。

で、フアンです。
フアンは元フランコ体制側の秘密警察の一員
ひとりで100人の民衆を殺し、拷問した過去がある(らしい)
ということがわかってきます。
フアンとのコンビとは別に単独で行動していたペドロは
報道写真家にネガフィルムの解析を依頼し、
写真のなかに顔が見えないひとりの男を発見しますが、
その男の腕にはフアンと同じ腕時計が。

もちろん、腕時計だけで写真の男をフアンだと断定はできないので
まったく関係のない人物かもしれませんが
だとしたら映画としてなんなんだよコノヤロウとなるので
あの写真の男はフアンだと考えるほかありません。
するってーと、フアンは
姉妹を拷問したり、殺害したかまではわからないまでも、
少なくとも姉妹がレイプされた現場にはいたということになります。
それはすなわち、少女レイプ&拷問に関わる人物たちの
身内だったといえるはずで
少女をたぶらかすキニ(ヘスス・カストロ)
フアンに対して妙にナメた態度をとるのも理解できるし、
ペドロを助けるためとはいえ、
重要人物であるはずのセバスチャンを
ナイフでメッタ刺しにして殺してしまうのは
口封じ
と考えるのが妥当でしょう。

ではなぜフアンは、
町を牛耳る資本家コラレスのことを知らなかったのか。
彼は「高級なコロンとやわらかい手」という証言を確かめにいきますが
ふたりのあいだに顔見知りだと思わせる気配はありませんでした。
握手したあとの手を嗅いでコロンの香りを確かめるそぶりまでみせます。
それも含めて、捜査していたときのフアンの行動は
すべて芝居だったということ?
いや、それはさすがに無理があるなあ。
フアンは張り込み中に何者かに襲われるし。

かつてのフアンが残忍な男だったのは確かでしょうが
それをもってして、
フアンが少女レイプ&拷問&殺害の真犯人だとするのも
短絡的過ぎる気がします。
フアンはよく酒を飲み、女を漁るけれど
血尿に苦しみながら薬を服用する姿から
酒と女は逃避行動であって
自分の過去を後悔し、苦しんでいるように見えます。


なんにせよ、フアンは微妙で曖昧な存在なんでしょうが
映画は真実をなにも教えてくれません。
考えれば考えるほどモヤモヤしますが
美しい真俯瞰映像が魅力的な作品です。





にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
↑お気に召したらクリックしていただけますと、もんどりうって喜びます。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

のほうず

のほうず
映画が好きで観るのはいいが、
かたっぱしから忘れていくので
オツムのリハビリ的ブログ。
******************
当ブログの文章・画像およびイラストの無断転載を禁じます。引用される場合は、出典の表記と当ブログへのリンクを設定してください。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

お気に召したら
クリックお願いします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

スポンサードリンク

↓過去の記事はこちらから!↓

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンタ