" />

哀しき獣

kanashikikemono.jpg



(原題:黄海 2010年/韓国 140分)
監督・脚本/ナ・ホンジン 撮影/イ・ソンジェ
出演/ハ・ジョンウ、キム・ユンソク、チョ・ソンハ、チョン・マンシク

概要とあらすじ
デビュー作「チェイサー」で世界中に衝撃を与えたナ・ホンジン監督による注目のデビュー2作目となるクライム・サスペンス。ある2つの目的を果たすために韓国に密入国した韓国系中国人男性が、残酷な運命に翻弄され、出口の見えない深い闇に呑み込まれていくさまを、前作を上回るハードなバイオレンス描写とパワフルかつスピーディなアクション演出でスリリングに描き出していく。主演は「チェイサー」に続いてのナ・ホンジン作品出演となるハ・ジョンウとキム・ユンソク。北朝鮮とロシアに接する中国領“延辺朝鮮族自治州”。ここに暮らす韓国系中国人のタクシー運転手、グナム。生活は苦しく、妻は韓国に出稼ぎに行ってしまい、最愛の娘も母親に預けて仕事に励む日々。しかし、妻を韓国に送り出すときに作った借金に加え、賭け麻雀でも大負けしてしまい窮地に陥る。そんな時、裏社会の顔役ミョンからある取引を持ちかけられる。それは、韓国で一人の男を殺害してくれば、借金を棒引きにしてやるというもの。もはや選択の余地のないグナムは、音信の途絶えていた妻にも会えるとこの取引を受け入れ、密航船で黄海を渡り、韓国への密入国を果たすのだが…。(allcinemaより)



ミョン社長、おつかれっす!

近くて遠い国、韓国では
「怒りを我慢すると病気になる」という言葉もあるそうで
日本を猟場とする「韓流スター」たち特有の古くさい振る舞いに
茶色がかった黄色い歓声を上げるババアどもはさておき、
一般的な日本人が韓国人に持つある種の印象を
ああ、なるほどと裏付けてくれるのです。

韓国人が元来持っているそのような気質が、
韓国映画の暴力描写に迫力を与えている遠因となるのか
わかったようなことは言えませんが
少なくとも、我々日本人とはその怒気の発露のさせ方において
あきらかに違いがあると感じざるを得ません。

北朝鮮とロシアに接する場所に
「中国領・延辺朝鮮族自治州」という地域があることを
無学な僕はどこを探しても知らなかったのですが
主人公グナム(ハ・ジョンウ)ミョン社長(キム・ユンソク)
そこの住人であり、「朝鮮族」と呼ばれる彼らの
疎外された境遇と荒んだ生活環境が
この物語の底辺に横たわっているのは確かです。
しかし、それが重要なファクターではあるものの
この作品のメインテーマではなく、
たとえば『ウィンターズ・ボーン』において
ヒルビリーという移民についての知識がないと
作品の意味が伝わらないというようなこともなさそうなので
「朝鮮族」についての詳細は他に譲ることにします。
アホ面下げて、呑気に感想を洩らすとすれば
……狭い地域で、あれこれややこしいことよのぅ。

なんといっても注目すべきは、男たちの、いや漢たちの面構え
小汚くて、粗野で、いかにも凶暴。
お世辞にもカッコイイとは言えないけれど、
『いつもギラギラした日』を過ごしてらっしゃるのね、と
微笑みながら後ずさりしたくなる漢ばかりです。
グナム(ハ・ジョンウ)の常に鬱屈を抱えているような、
情けなさそうでありながら「狂犬」を思わせる顔つきは
下っ端だからこそ何をするかわからない恐怖を漂わせていました。
「三白眼で相手をにらみつける」のではなく
ぼけっとした表情に凄味のある若い俳優って日本にいますかね?
ちょっと、思い当たりませんねぇ。
柄本時生あたり? あんま強そうじゃないけど。

もうひとりは、触れずにおけないミョン社長(キム・ユンソク)
なんですか、あれは。あの獰猛さは。
何事にも動じない態度と仲間内に見せる人の良さそうな表情は
本物のヤクザを連れてきたようなリアリティーです。
こんな人と関わるとロクなことにならないのは
間違いありません。
追い詰められたグナムが船から海に飛び込むと
ほかから回り込もうとする子分たちを尻目に
自ら海に飛び込んでグナムを追うミョン社長は
まさにリーダーの鑑であり(目的はともあれ)、
彼の考え方や行動の基準をもっともよく示しているシーンでした。

恐ろしいほど細かいカット割りは、
観客が状況を見失う寸前で食い止められ、
長尺でありながらも決してだれることのない
テンポのいいスピード感のある映像が
その加速のままに突っ走るような作品でした。
カーチェイスのシーンも迫力十分で
ご都合主義な警察の間抜けさに文句を言うのは野暮というもの。
思わず息を止めて画面に引きつけられました。
アクションシーンのみならず、
グナムが教授が住むビルの階段で、照明の点灯の間隔を計り、
犯行をシミュレーションする場面
グナムといっしょに謎解きをしているような気分になり、
ワクワクするシーンでした。

警察を除いて、登場人物たちが手にする武器が
包丁、ナタ(ときに牛の骨)という原始的かつ
直接に痛みを感じるものであることは重要です。
とくに、力を込めてブスッっと刺されたときより
包丁の先で細かく刺されるときのほうが
より痛さにリアリティーを感じます。
(力を込めてブスッっと刺されたときのリアリティーなんて
 知らないし、知りたくもないけど)

さ〜て。
『哀しき獣』は話題作ともあって、
すでにネット上にはたくさんのレビューや感想があり、
そのほとんどが必ず言及していると思われるのが
ストーリーの「わかりづらさ」

まずは先に個人的な問題を申し上げておきますと
正直に言って、僕には韓国人の名前が区別できません!!
「タン・タタン」とか「タタ・タンタタ」とか
リズムが2種類しかないじゃないか! 無理!
しかも次のステップに進む手がかりが
残された名刺だったりするから、もう無理!
お願いだから、名前で謎解きを誘導しないでくれ!
そのうえ「僕の妻の友人の恋人が……」とか、
わざとやってんのか、このやろう! 無理!!

ま、これは脚本の問題ではない。
考慮してくれてもいいんじゃね? とは思わないではないが
脚本上の問題ではないっす。

作品全体を通して描かれる人間関係は
複雑とはいえ理解できないほどではないし、
一人の殺害を目的にした別のグループが鉢合わせするのも
グナムが依頼殺人とは別に妻捜しという目的があるのも
物語に厚みを与える好材料としかいえません。
殺された教授の妻の元を訪れたグナムが
真犯人を見つけたいと教授の妻に言った後、
教授が経営していたマッサージ屋に出向き、
「一番偉いやつは誰だ?」と店員につぶやいた次のシーンで
やってきたのが刑事だったことは
まったくもってさっぱりわからないけれども
足早に進む物語の障害にはかろうじてなっていません。
(なんて、書いていてふと思い当たったのだが
 まるでヤクザのように手広く稼ぐ教授と刑事が癒着していて
 刑事があのマッサージ屋を任されていたってことかも。
 たしかにパトカー内で張り込みをする3人の刑事たちの会話と
 そのときの当の刑事の微妙な反応が伏線になっていると
 いえなくもなくなくないが……そんなもん見ててわかるか!)
エンドロールで登場する、駅に降り立つグナムの妻に関しても
殺されたと思っていたのは勘違いだった、というのは
ある程度予想できたことでしょう。

では、脚本上の最大の「わかりづらさ」とはなんなのか。
やはりラスト近くの銀行員と教授の妻との関係でしょう。

一人の殺害を目的にした別のグループが鉢合わせする……と
その一方のグループの首謀者は観客がすぐに理解できる、ある人物です。
(なんか、いまさらネタバレを気にしやがってと思われるかも
 しれませんが、ここで「ある人物」を特定すると
 またそいつのことを説明しなければならないので、あえてネ)
もう一方のグナムを雇ったのはミョン社長。
しかし、ミョン社長に殺人の動機はないから
ミョン社長に教授殺害を依頼した人物がほかにいる、と。
その人物、すなわち銀行員が(名前だけ)明らかになるのが
先述した「僕の妻の友人の恋人が……」のくだりですが
銀行員はおそらくはテレビのニュースで逃亡中のグナムを見て
殺人の真相を知るグナムを
警察より先に始末しようとチンピラを派遣するも
グナムに返り討ちに遭い、グナムは残された名刺(名前だけ)によって
その銀行員の存在を知り、銀行へと出向くのです。ふう。

グナムは、銀行で窓口業務をしている銀行員を見つけるのですが
その銀行員の目の前には教授の妻が客として座っているのです。
それを見たグナムは呆然とし、グナムに気づいた銀行員も
驚いた表情を見せます。
そして、グナムは困惑した様子を見せながら立ち去るのです。

……と、状況を説明したところで
問題の焦点は銀行員が教授殺害を計画した動機ですね。
ネット上の意見では、概ねその動機は
「銀行員と教授の妻が不倫関係にあったので、
 銀行員は教授殺害を思いついた」

ということで、落ち着いているようにみられます。

……いやいやいやいや。
銀行員と教授の妻が不倫関係にあったという根拠は?
こういう根拠のない推測は感心しませんねぇ。
確かに、そうであればかろうじて辻褄が合いますが
辻褄を合わせるために拡大解釈するのでは本末転倒。
あくまで、スクリーンに映し出された映像をたどって
考えるべきでしょう。
映像で示されるのは、銀行窓口で対面している二人です。
たとえば、二人が通帳を受け渡す際に手を重ね合うようなショットが
クローズアップで示されるだとか、
さりげなく見つめ合った二人が軽く微笑むだとかいうカットがあれば
二人の親密な関係をほのめかすのに十分ですが
このシーン以前から教授の妻は教授の死に憔悴しきっているし、
どうみても銀行員と共犯関係にあるようには見えません。
銀行員も教授の妻に対して、特別な感情をみせるでもなく
淡々と業務をこなしているようにしか見えません。
これで不倫を疑われるんじゃ、銀行なんて行けませんよ。
ナ・ホンジン監督は、この作品の公開に際して
質疑応答にも丁寧に答えていたそうですから、その中で
監督自身がこの二人の不倫関係を認めているのかもしれませんが、
もしそうだとすれば、なおさらこのシーンの演出は
失敗どころかなにがしたいのか意図すら掴めません。

しかし、この二人を見たグナムは明らかに動揺し
その後なにかの考えにいたったから
何もせずに立ち去ったのは確かでしょう。
では、グナムがたどり着いた考えとはなにか……

ばかばかしくなった……これでしょう!

銀行員と教授の妻は不倫関係ではなく、
銀行員が一方的に教授の妻に想いを寄せていて
教授を殺せば、教授の妻に言い寄ることができると考えた。
それを悟ったグナムは、妻を捜す自分も含めて
女に対する独占欲で次から次へと殺人を繰り返す男の業
嫌気がさしたのではないでしょうか。
ある人物が死に際に残したあるセリフを耳にしているグナムが
そう考えたという解釈はさほど強引ではないと思います。

とはいえ、これとて銀行員の動機が
作中で何も描かれていない以上は推測の域を出ません。
どうせなら、遺産目当てで教授の妻が殺害を依頼したというほうが
よっぽどわかりやすいと思うのですが、どうでしょう。

「難解」と評される作品はあまたあれど
それは表現されるものの抽象性や多義性において
観客によるさまざまな判断や解釈が可能になる場合であって
観客の読解力に問題がないと仮定すれば
物語の辻褄が観客にとって理解できない場合、
それは「難解」ではなく、単に「不可解」ではないでしょうか。

なんにしろ、
せっかく作品のスピード感を楽しんでいたにも拘わらず
脚本を懲りまくった挙げ句に
余計なフックをこしらえてしまったことが
作品世界へ没入したい観客の邪魔になったことは否めません。
ほかが素晴らしかっただけにもったいない気もしますが
ミョン社長を観るだけでも、一見の価値あり。





にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
↑お気に召したらクリックしていただけますと、もんどりうって喜びます。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

のほうず
映画が好きで観るのはいいが、
かたっぱしから忘れていくので
オツムのリハビリ的ブログ。
******************
当ブログの文章・画像およびイラストの無断転載を禁じます。引用される場合は、出典の表記と当ブログへのリンクを設定してください。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

お気に召したら
クリックお願いします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

スポンサードリンク

↓過去の記事はこちらから!↓

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンタ