" />

八日目の蝉

youkamenosemi.jpg



(2011年/日本 147分)
監督/成島出 脚本/奥寺佐渡子 原作/角田光代
出演/井上真央、永作博美、小池栄子、森口瑤子、田中哲司、劇団ひとり、市川実和子、余貴美子、平田満、風吹ジュン

概要とあらすじ
直木賞作家・角田光代の原作小説を、井上真央、永作博美の主演で映画化したヒューマンサスペンス。監督は「孤高のメス」の成島出。1985年、自らが母親になれない絶望から、希和子(永作)は不倫相手の子を誘拐してわが子として育てる。4歳になり初めて実の両親の元に戻った恵理菜(井上)は、育ての母が誘拐犯であったと知り、心を閉ざしたまま成長する。やがて21歳になった恵理菜は妊娠するが、その相手もまた家庭を持つ男だった……。(映画.comより)



男だって、娘がほしいんだからな!

通常、蝉は地上に出てから七日で死んでしまうと言われ、
「八日目の蝉は、ほかの蝉が見られなかったものを見られる」
というセリフがあるものの、
タイトルになっている「八日目の蝉」の意味するところは
映画を見終わった今でもまったく理解できません。
原作を踏まえたネット上の叡智を参考にすると
「知らなくてもいいことを知ってしまうかもしれないけれど
 それが悪いことばかりとは限らない」
ということの隠喩として
「八日目の蝉」を解釈するのが概ね共通したところではないかと
思われるのですが、やはりぴんと来ない……

恵理菜=薫(井上真央)
「知らなくてもいいこと」に突き当たるのはわかるのですが
では七日目で死んでしまうほかの蝉はなにを指すのか。
しかも「八日目」は「七日目たち」の知らない未来のはずなので
自分の過去を巡る恵理菜=薫を反映しているとは言い難いでしょう。

翻って、「八日目の蝉」が希和子(永作博美)のことだとすると
希和子はすべての顛末を知っているのだし、
やはりほかの蝉がなにを指すのかわかりません。
う〜ん、どうひいき目に考えても
この物語をそもそも蝉に喩えるのは無理があるように思えます。
灼熱の太陽が降り注ぐ真夏の物語!ということなら
蝉に喩えたくなる衝動もわからなくもないですが
雨も雪も降るしねえ……蝉じゃなくてよくね?
作者には失礼ながら、「なんかうまいこというたろ」と
蝉をひらめいたまではいいものの
蝉の生態のほんの一面にしか作品の内容が反映されていないので
蝉にまつわるそのほかの情報が邪魔になり、
結果的にわかったようなわからないような表現に
なってしまっていると思います。
少なくとも、なるほど!と膝を打つタイトルではないですよね。
ま、いいです、いいです。
僕がモノわかりの悪いアホウということにしといていただければ
それで結構です。ドーモ、サーセン。

この作品は、「親子の絆」の物語ではなく
あくまで「母娘の絆」の物語です。
それは、作者が意図したものかどうかにかかわらず
あまりにも顕著な男性の不在が表しています。
この作品での男性は身勝手な存在として登場しますが
女性はその男性の身勝手さを追求するでもなく、
むしろ男性の存在に対して無関心です。
「子どもを産むのは女ですから」と言われれば
返す言葉もありませんが、
この作品に漂う明らかな「男は蚊帳の外」感からは
子どもが幼少期に受けた経験を扱っているにも拘わらず
女性にとって肝心なのは子育てではなく、
妊娠および出産であると言っているように感じます。
結局のところ、希和子(永作博美)にしろ恵津子(森口瑤子)にしろ
母親が自分の分身である子どもに託した自己愛
手中に収めるべく張り合っているように見えるのです。

母親の自己愛という表現が言いすぎだとしても
希和子と同様に不倫相手の子どもを身籠もった恵理菜=薫が
出産を決意し、彼女の二人の母親のどちらとも違う道を
選択することが、過去を清算し未来を切り開くことであるように
この作品のテーマにとって、
誘拐される子どもが女の子であることは必要不可欠であり
子どもが男の子だった場合には
まったく違う話になってしまうという点からも
「親子」「人間」という普遍的な問いかけとはならないでしょう。

本来なら、最も同情をかうべき恵津子(森口瑤子)が
子どもの誘拐とその子との失われた時間があるとはいえ、
あまりにもエキセントリックに描かれているため、
観客は自然と希和子(永作博美)のほうに感情移入しやすい作りに
なっているのは残念なところです。
恵理菜=薫は「悪いのはあなたじゃない」
誰かに言ってほしかったとセリフで語っていますが
恵理菜=薫は当然のこと、本来、誰も悪い人間はいないはずです。
もちろん恵理菜=薫を誘拐した希和子は
明らかな犯罪者であり、誘拐が許される行為ではないにしろ
希和子の心情に大多数の観客が同情的であると想定すれば
誰も悪くない、でもうまくいかないという、
観客が判断に躊躇するような演出にしたほうが
さらに多くのものを訴えかけることになったのでは
ないでしょうか。

希和子と恵理菜=薫がたどり着く
「エンジェルホーム」という修道院のような新興宗教が
男性の不在をさらに強固なものにしていますが
男から逃げてきたわけではない希和子を癒す場所が
「エンジェルホーム」という女の園である必然性が
全く感じられません。
オウム真理教以降、映画内における新興宗教が、
イカれた異空間として演出上便利に扱われすぎる傾向にあるのも
あまり感心できません。

「ロリコン熟女」というジャンルのパイオニア、永作博美は
あいかわらず他の追随を許さない独走状態です。
というか、永作博美以外に「ロリコン熟女」を
名乗る資格のある女優が見あたりません。
(別に本人は名乗ってないけど)

井上真央は、その額の広大さが若干心配になるものの
可愛い顔して目力が強く、
何かを内に秘めている恵理菜=薫の役は適役でした。
しかし、日本映画にありがちですが
キスシーンになると急に演出がおざなりになり
他人行儀な唇の重ね方になってしまうのは、どうにかなりませんか?
劇団ひとりとのキスシーンは、
セックス直後にしては淡白で二人の感情が伝わりません。
もっとエロいチューをしなきゃだめだろう!!
ただ情熱的にブチューっとやれと言っているわけではありませんよ。
唇が軽く触れ合った状態でセリフを言い合うだけでも
もっとエロくなると思うけどな〜

ライターを名乗る千草に扮する小池栄子
バラエティ番組でのお笑い芸人からの信頼も厚いですが
映画への出演を重ねるごとに
女優としての信頼も勝ち取ったのではないでしょうか。
この千草という役は特異であるにもかかわらず
狂言回しとして前に出すぎない演技は
素晴らしいと思いました。

脚本、演出ともによくできた良作だとは思いましたが
恵理菜=薫と千草が2回目にあった後、ビールを買って部屋に帰り、
次のカットで朝になった部屋に
複数のビールの缶が転がっているところから
二人は打ち解けたんだなと分かるのですが
時間はジャンプしているのに、二人が部屋に帰る前の会話を
そのまま続けるのはどういうことでしょうか。

ビール飲みながら一晩中一緒にいて
その肝心な話題が出なかったのかよ!

同様に、恵理菜=薫が千草を学校に呼び出すシーンも
昼の学校からすっかり暗くなった公園へと
時間はジャンプしているのに会話はそのままの続きでした。
なぜ、こんなことになるのか……

もひとついうと、希和子が
小豆島から逃げようとするきっかけとなった新聞の写真ですが
(希和子に新聞を見せた平田満と風吹ジュンの夫婦が
 希和子が目の前で愕然とするのをまったく無視して
 あははあははと会話を続ける態度の不自然さが
 あまりにもご都合主義的なのはこの際目をつぶろう)
全編を通して、希和子が警察に追われる身であるという切迫感はなく
希和子が逃亡者であるということよりも、
母と娘の関係性だけに重点が置かれているので
新聞に載った写真を見て急に慌て出すのは
「そういえば犯罪者だったわ」と結末を急いだようにしか見えません。
一度でも警察の手配写真に怯える描写があれば
なんとか納得のしようもあるのですが。
(その新聞に掲載された写真を手がかりにした警察が
 ものすごい迅速さで、場所も時間もピンポイントに
 フェリー乗り場で待ち構えているという奇跡にも
 この際だから目をつぶろう。二度目だぞ)

とまあ、文句ばっかり言ってるようですが
正直に告白すると、ラストシーンでは
なにやら自分の頰をつたう液体が……
いつのまにやら「お涙ちょうだい」と言われると
「お涙どうぞ」と熨斗を付けて返してしまうという
涙腺ガバガバな体質になってしまっているようです。

素直に「感動しました」と言っておけば
これ以上、人から嫌われることもなかろうに。なかろうて。





にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
↑お気に召したらクリックしていただけますと、もんどりうって喜びます。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

のほうず

のほうず
映画が好きで観るのはいいが、
かたっぱしから忘れていくので
オツムのリハビリ的ブログ。
******************
当ブログの文章・画像およびイラストの無断転載を禁じます。引用される場合は、出典の表記と当ブログへのリンクを設定してください。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

お気に召したら
クリックお願いします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

スポンサードリンク

↓過去の記事はこちらから!↓

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンタ