" />

ゴモラ

ill636.jpg



(原題:Gomorra 2008年/イタリア 135分)
監督/マッテオ・ガローネ 製作/ドメニコ・プロカッチ 原作/ロベルト・サビアーノ 脚本/マルリツィオ・ブラウッチ、ウーゴ・キーティ、ジャンニ・ディ・グレゴリオ、マッシモ・ガウディオソ、マッテオ・ガローネ、ロベルト・サビアーノ 撮影/マルコ・オノラート
出演/トニ・セルビッロ、ジャンフェリーチェ・インパラート、マリア・ナツィオナーレ、サルバトーレ・カンタルーポ、ジージョ・モッラ、サルバトーレ・アブルツェーゼ、マルコ・マコール、チロ・ペトローネ、カルミネ・パテルノステル

概要とあらすじ
2008年・第61回カンヌ国際映画祭でグランプリを受賞し、同年のヨーロッパ映画賞では作品賞、監督賞ほか5冠を達成。イタリア南部ナポリを本拠に、かつてのマフィアをはるかに凌ぐ権力と経済力を誇る犯罪組織「カモッラ」の暗部を描き出した社会派ドラマ。組織同士の抗争が絶えない地域で育った少年トトはある日、度胸試しの儀式を経験して組織の一員となるが、友人のシモーネは対立するグループに入り、2人の友情は終わりを告げる。トトはあらゆる悪事に手を染めていくが、そんな中、組織から下されたある命令がトトの人生を大きく変えていく。(映画.comより



負の連鎖から抜け出すには

イタリアン・マフィアは
これまでにもさんざん映画で描かれてきましたが
びしっとしたスーツを着ていたりして
語弊を恐れずに言えば、伊達男的なかっこよさがありましたが
本作『ゴモラ』に登場するマフィアたちは
てろってろのシャツを着ていて汗臭そうで、
ちっともかっこよくないのですが、その分怖い。
事実、本作で描かれる「カモッラ」という犯罪組織は
権力と経済力でかつてのマフィアを凌駕しているそうですから
マフィアなりの見栄やハッタリも通用しない
即物的な暴力が蔓延しているんでしょうか。
マフィアも世知辛いね。

呑気なBGMが流れるなか、
おっさんたちが日焼けやネイルを嗜んでいるサロンで
突然カチコミが始まります。

このことが直接ストーリーの発端になるわけではありませんが
誰も信用できない、油断ならない世界だということは
十分伝わります。

物語は、5つのエピソードが交錯しながら進んでいきます。
雑貨屋を営む実家の手伝いをしながら、
マフィアの一員になるのを夢見る少年
トト(サルヴァトーレ・アブルツェーゼ)
組織の帳簿係のドン・チーロ(ジャンフェリーチェ・インパラート)
産業廃棄物処理会社のフランコ(トニ・セルヴィッロ)
新人のロベルト(カルミネ・パテルノステル)
高級オートクチュールのドレスを作る有能な仕立て屋の
パスクワーレ(サルヴァトーレ・カンタルーポ)
そして組織なんか関係ないぜとばかりに
好き放題に暴れるチンピラの
マルコ(マルコ・マコール)チーロ(チーロ・ペトローネ)

この5組のエピソードが
いつしかひとつになるということはありません。
関係ないように見えて、
それぞれが置かれた状況に通底するのがマフィアというわけです。
子どもも大人も
意識するしないにかかわらず、この凶悪な世界に身を置いていますが
子供たちは置かれた状況の深刻さを本当には理解しておらず、
大人たちはすっかり嫌気が差しています。

帳簿係のドン・チーロは悪人ではありませんが、
使いっ走りとして一般人との窓口になっているため、
反撥の矢面に立たされます。
仕立て屋のパスクワーレは
金儲け優先で従業員に無理を強いる社長の態度に辟易し、
中国人の縫製工場に講師としてスカウトされて承諾しますが
中国人から「マエストロ」と呼ばれ、
講義を重ねるうちに自尊心を取り戻していきます。
しかし、やがて彼にもマフィアの手が及んで
彼はトラックの運転手に転職することを余儀なくされます。
立ち寄ったバーのテレビに映るスカヨハが来ているドレスは
パスクワーレが仕立てたもの。

彼自身は殺されはしなかったけれど、
個人的にはもっとも重苦しいエピソードでした。

トトとマルコ&チーロのエピソードは
この世界で生きていくための子どもなりの処世術にそっています。
トトは大人たちに溶け込もうとし、
マルコ&チーロは大人たちを上回ろうとします。
その結果どちらも、もっとも大切なものを犠牲にしてしまいます。

溶け込むでもなく、上回るのでもなく、
この世界からの脱出を試みたのは
違法産廃業者のホープ、ロベルト
でした。
彼も当初はボスのフランコに憧れていたはずですが、
フランコのあまりの振る舞いを目の当たりにして我慢に耐えかね、
フランコのもとを去っていきます。

このような負の連鎖で成り立っている社会は
パチンと一瞬でもろもろの問題が解決することなどないのでしょうね。
それでも、フランコのように
もうダメ! ここまで! と、
現状から抜け出す勇気を持つひとが増えれば
もちったー、世の中マシになるかも。





にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
↑お気に召したらクリックしていただけますと、もんどりうって喜びます。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

のほうず

のほうず
映画が好きで観るのはいいが、
かたっぱしから忘れていくので
オツムのリハビリ的ブログ。
******************
当ブログの文章・画像およびイラストの無断転載を禁じます。引用される場合は、出典の表記と当ブログへのリンクを設定してください。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

お気に召したら
クリックお願いします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

スポンサードリンク

↓過去の記事はこちらから!↓

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンタ