" />

オデッセイ

ill627.jpg



(原題:The Martian 2015年/アメリカ 142分)
監督/リドリー・スコット 製作/サイモン・キンバーグ、リドリー・スコット、マイケル・シェイファー、アディタヤ・スード、マーク・ハッファム 原作/アンディ・ウィアー 脚本/ドリュー・ゴダード 衣装/ジャンティ・イェーツ 編集/ピエトロ・スカリア 音楽/ハリー・グレッグソン=ウィリアムズ
出演/マット・デイモン、ジェシカ・チャステイン、クリステン・ウィグ、ジェフ・ダニエルズ、マイケル・ペーニャ、ショーン・ビーン、ケイト・マーラ、セバスチャン・スタン、アクセル・ヘニー、キウェテル・イジョフォー、ドナルド・グローバー、マッケンジー・デイビス

概要とあらすじ
火星にひとり取り残された宇宙飛行士のサバイバルを緻密な科学描写とともに描いた、アンディ・ウィアーのベストセラー小説「火星の人」を映画化。極限状態の中でも人間性を失わず、地球帰還への希望をもって生き続ける主人公マーク・ワトニーをマット・デイモンが演じ、「エイリアン」「ブレードランナー」などSF映画の傑作を残してきた巨匠リドリー・スコットがメガホンをとった。火星での有人探査の最中、嵐に巻き込まれてしまったワトニー。仲間たちは緊急事態を脱するため、死亡したと推測されるワトニーを置いて探査船を発進させ、火星を去ってしまう。しかし、奇跡的に死を免れていたワトニーは、酸素は少なく、水も通信手段もなく、食料は31日分という絶望的環境で、4年後に次の探査船が火星にやってくるまで生き延びようと、あらゆる手段を尽くしていく。(映画.comより



コメディとしてもシリアスとしてもどっちつかず

またしてもマット・デイモンが迷子になる
『オデッセイ』です。
もういいかげん、マット・デイモンの首に
縄でもつけておいたほうがいいんじゃないかと思いますが
「迷子俳優」というニッチな特性を
確固たるものにするために
今後も彼は迷子になり続けるでしょう。
あ、監督はリドリー・スコットです。

6人のクルーたちが火星で調査を行なっていると、
想定外の嵐が襲いかかり、
吹き飛ばされたアンテナが直撃したワトニー(マット・デイモン)
行方がわからなくなります。
ルイス船長(ジェシカ・チャステイン)は懸命に救助を試みるも
ワトニーが生存している可能性が極めて低いことから
ワトニー以外のクルーたちは緊急離陸を決断。
ところがどっこい、ワトニーは生きていたのでした。

日本版の予告編を観ると、
とてもとてもシリアスなように思いますが
本作のノリはいたって軽快です。
ケガをしていたワトニーは、最初こそ弱っていましたが
「さてと」とばかりに残りの食糧を計算し、
「おれ、植物学者だもんね〜♡」と
じゃがいもを栽培し、水を作り始めます。

そこには悲壮感のかけらもなく、
ひとり火星に取り残されたという孤独感もあまり感じません。
ちょっとばかし不自由かもしれないけれど、
知識も十分で、最低限サバイバルに必要な物は揃っているし、
もともとお調子者なのか、
かなりのポジティブ・マインドの持ち主のワトニーは
次々と困難をクリアしていくので
彼の豊富な知識に感心こそするものの、
その姿にハラハラドキドキすることはありません。

かたや、ワトニーは死亡したと判断して
大々的な葬儀を行なったNASA
ところがどっこい、ワトニーは生きていた。(二回目)
これは、助けないわけにはいけません。
たとえ誤爆によって何百人の中東の一般人を殺そうとも
たったひとりを救うために火星まで行くのです。

全アメリカ国民、いやいや全世界が大注目なのです。
これぞアメリカ的正義感。
それとこれとは話が別と言われるかもしれませんが、
『ブリッジ・オブ・スパイ』を観たばかりなので
敵国に捕らえられた捕虜の命は簡単に見捨てるのになー、
という違和感が強く残りました。
さすがに、ワトニーを助けなくてもいいとは思いませんが
ワトニーひとりを救出するために
国民一丸となって懸命に努力しているアタシたちスゲーという
自己陶酔の美酒にへべれけになっている感じ

僕にはどうしてもぬぐえず、
ひとつめの気持ち悪いポイント。

もうひとつの気持ち悪いポイントは
中国の存在
NASAがワトニーへ救援物資を運ぶロケットの
打ち上げに失敗したのを受けて
中国が国家機密で進めている「太陽神計画」なるものを
NASAに提案するというわけですが……
こんなことあり得ますかね?
本作も中国資本が投入されているんでしょうか。
なんか、ぶっこんできた感がものすごくありました。
そうかと思えば、中国のロケット発射に同行したNASA職員が
「うちのやり方と違う!」と騒いだりします。
助けてもらっといて、
NASAの技術のほうが優れているといいたいんでしょうか。

突如現れた学生(?)の画期的なアイデアが採用され、
地球に帰還中だった5名のクルーたちが
ワトニーを助けるために
地球をぐるっとして火星に戻ることに。
そうしたほうがいい! という理屈はさっぱりわかりませんが
ワトニーが所有する残りの食糧を鑑みれば
どうやらそれが最善策のよう。
まあ、それはそうなんだろうと納得するものの、
NASAの長官の決断に背いて
ルイス船長率いるクルーたちが単独行動をとるって、どうなの?
ときおり、アメリカ映画ではこのような
現場至上主義というか、正しき背信行為が
ヒロイズムとともに描かれます

NASA長官が下す判断がそれほど高慢で理不尽とは思えないし、
(長官は地球に帰還中のクルーの安全も考慮しているはず)
ワトニー救出の使命感に駆られた「カウボーイ」たちが
独断で「よきこと」を選択するのは
ちょっとリアリティに欠けているように思います。
クルーのうち、ひとりくらい
このまま地球に戻りたいというやつがいても
いいんじゃないでしょうか。
そんなサンデル教授的な葛藤が描かれてもいいでしょう?
宇宙飛行士たちがNASA本部からの指令を無視して行動するのが
カッコイイことだしたら、背筋が凍ります。
ワトニーの性格に対しても
「反論されると意地になる」みたいなセリフがありましたが、
そういう人って、宇宙飛行士になれないのでは?

クライマックスのワトニー救出劇は
なかなかハラハラしましたが、
最終的にワトニーが手袋に穴を開け、
そこから抜け出る酸素を動力源としてルイス船長に近づく……

って、ほとんど奇跡じゃないのかよ?

あくまで軽いエンターテイメントとして楽しむぶんには
悪い作品ではないと思いましたが、
取り残されたワトニーの火星での生活と
地球のNASA関係者のあれやこれやが
均等にカットバックされていたのは
わかりやすいのかもしれないけれど
どちらかに重心を置いて描いてくれたほうが
緊迫感という意味では、もっとノレたかもしれません。

あと、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』よろしく、
ルイス船長の好みだという
懐メロディスコチューンが繰り返し流れ、
その歌詞がそのシーンを反映しているそうですが、
ワトニー自身がその曲をあまり気に入っていないというのは
いかがなもんでしょう?

気に入っていないなら聞かなきゃいいのに。
やっぱり無理矢理キャッチーな「色」を付けた感が
ありありとありんす。

ま、なんだか貶してばかりのようですが
それなりに楽しめました。
んが、コメディとしてもシリアスとしても
どっちつかずの面は否めず。すまん。





にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
↑お気に召したらクリックしていただけますと、もんどりうって喜びます。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

のほうず
映画が好きで観るのはいいが、
かたっぱしから忘れていくので
オツムのリハビリ的ブログ。
******************
当ブログの文章・画像およびイラストの無断転載を禁じます。引用される場合は、出典の表記と当ブログへのリンクを設定してください。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

お気に召したら
クリックお願いします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

スポンサードリンク

↓過去の記事はこちらから!↓

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンタ