" />

カナリア

canaria.jpg



(2004年/日本 132分)
監督・脚本/塩田明彦
出演/石田法嗣、谷村美月、西島秀俊、りょう、つぐみ

概要とあらすじ
オウム真理教をめぐる事件をモチーフに、親子で身を置いていたカルト教団が崩壊したため家族も離れ離れとなってしまった少年が辿る悲痛な運命を描いた社会派ドラマ。監督は「害虫」「黄泉がえり」の塩田明彦。主演は「バーバー吉野」の石田法嗣。共演に、映画初出演の谷村美月。母親に連れられカルト教団“ニルヴァーナ”の施設で妹とともに幼年期を過ごした12歳の少年、光一。教団はその後テロ事件を引き起こして壊滅し、光一と妹は警察によって保護され、関西の児童相談所に預けられる。やがて祖父は妹の方だけ引き取っていった。一方、母親は行方知れず。ある日、光一は再び親子3人で暮らせる日を夢みて児童相談所を脱走し、妹を取り戻すため、東京にある祖父母の家を目指す。途中で光一は、同じように大人のエゴによって深い心の傷を抱えた援交少女、由希と出会う。2人はそのまま一緒に旅を続け、反発し合いながらも次第に絆を強めていくのだが…。(allcinemaより)



カナリアは歌を忘れたのかい?

まいったな〜……。
ネットでこの『カナリア』に対するレビューをあたってみると
そこそこ高評価かつ、なかなかに観客に語らせる作品のようでして
かの蓮實重彦御大もこの作品をお褒めになっておるではないですか。
まいったな〜……ま、仕方がないね。自分が感じたことを素直に言おう。

クソ映画でした!!(だからってこんな言い方しなくてもいいかと思うが)

タイトルになっている「カナリア」が意味するものは
1995年、オウム真理教による地下鉄サリン事件後の
教団施設サティアンへの強制捜査の際に
警官隊が有毒ガスを検知するために掲げていた籠の中の鳥。
炭坑などでも同様の扱いを受けていたカナリアですが
非常に敏感で、なにかあれば真っ先に被害を被るという存在に
登場人物の子供たちを重ね合わせているのでしょうか。

オウム真理教をモチーフにしたとはいうものの、
教団名を「ニルヴァーナ」と変えている以外は
そのまんまオウム真理教です。あまりにもそのまんまなので、
教団の思想や教団内での生活における異常さおよび異様さが
当時のニュース映像やドキュメンタリーを超えるものはなく、
たとえ事件から10年の時を経ているとしても
いまさらそれを説明することにどんな意味があるのかわかりません。
「事件を風化させないためには……」とかいう
見当違いな反論はやめてくださいよ。
この作品における表現として必要ないと言うことです。

かたや、児童施設を脱走した元教団員の光一(石田法嗣)
由希(谷村美月)の少年少女が旅の中で
少しずつ成長していく姿を描くロードムービーという側面があり、
オウム真理教という社会問題を描きたいのか、
少年少女の成長を描きたいのか、この作品のテーマそのものが
このふたつにどっちつかずで中途半端です。
その両方です!っていわれたら……失敗してるよ!

普通の(いや、むしろ優秀な)人々がなぜオウム真理教という
危険な思想に邁進してしまったのかという個人の葛藤や
社会背景を描くのだとするなら、
親に連れられて入信した主人公の光一は、
入信の理由が能動的ではないので不適切だし、
オウム真理教が行なっていた洗脳(マインドコントロール)
少年少女が親や一般社会から受ける束縛や抑圧の
メタファとして機能させるには、オウム真理教の扱いがそのまんますぎて
普遍性に欠けるでしょう。

では、少年少女の成長譚としてはどうかというと
光一(石田法嗣)と由希(谷村美月)は
関西から関東へと向かう旅の間になにひとつ成長しないのです!
二人は旅が始まったその時からずっと
新しい何かに気づくこともなく、自分の境遇に不満を漏らすただのガキです。
そして、光一に扮する石田法嗣の大根っぷりは目も当てられません。
監督の演出なのか知りませんが、黙って睨みつけるという仕草
演技の下手さを隠しているようにしか見えず、
そうかと思えば「あーあー」とわめき始めるので、猿か原始人のようです。
良心的に見れば、他者に対する不信や攻撃性の表現なのかもしれませんが
これといって心理の変化となるポイントがないため、
不信や攻撃性が教団の洗脳によるものなのか、
光一が本来持っている性格なのかわからないのです。
(万引き行為を嫌う光一がコンビニでパンを盗もうとするシーンを
 心理の変化だと言うかもしれませんが
 あれは単に空腹に負けただけです)

光一と由希の旅はRPGのゲームシナリオを追うかのごとく
非常に都合のいいものです。
児童施設から脱走した光一は、廃校らしき建物のなかで
ドライバーとスニーカーを手に入れるのですが
まるで今、○ボタンを押したんじゃないか?と自分を疑うほどです。
ここでセーブしといたほうがいいかな?と思いましたよ。

「光一は走るという行為で自己表現している」という意見もあるようで、
確かによく走るんですが、とくに象徴的に扱われているとは思えません。
どうせなら、レオス・カラックスの『汚れた血』での
デヴィッド・ボウイの「モダン・ラヴ」にのせた疾走シーンくらいに
がつんと表現しないと光一の心情は描けないでしょう。
つーか、ひとつくらいそういう見せ場を作ってよ。ホント。

光一と由希は旅の間、聞かれもしない身の上話や
そのときの心情をセリフで語るという典型的な「副音声映画」です。
教団が解散した後カタギになった伊沢(西島秀俊)との再開のシーンでは
伊沢「脱走したのか?」 光一「うん」
という抱き合ってのやりとりがあるのですが……あのさぁ
光一が脱走したことは観客はみんな知ってるわけだから
そんなこといちいちセリフで言わせなくてもいいんだよ!
ずっと放浪していた光一と抱き合ってるんだから
どうせなら、「……おまえ、臭うな」とか言うほうが
気が利いてるだろ? その後の食事のシーンで
二人がさっぱりして着替えてたら繫がるんだからさ〜
絵面のほうもバストショットの繰り返しで紙芝居を見ているようだし、
とにかくいちいち被写体に近い! 空間というものが全くない!

最もわけのわからないシーンは、咲樹(りょう)つぐみ(つぐみ)
レズカップルとのシークエンスです。
これもRPGよろしくお金がなくなったころに都合良く登場するのですが
咲樹(りょう)がつぐみとの約束を破って
森の中で子供に電話をするシーンで、
霧を表現するための尋常ではない量のスモークがたかれるのです。
どういうこと? 全く意味がわかりません!
幻想的ってこと? いやいや息子と電話してるりょうは
むしろ現実とつながってるし……
その後、車で移動する最中にりょうとつぐみが喧嘩を始めるのですが
このときも辺りは霧で真っ白!
1m先も見えない状況ですよ? 車運転できないでしょ?
ジョン・カーペンターの『ザ・フォッグ』かと思いましたよ。
動いていない車の中で演技していることを誤魔化しているのが
バレバレですよ。
そして、つぐみが別れ際に一言。
「あばよ!」……あなた、どういう人なの? 柳沢慎吾?

教団から孫を取り戻そうとした光一の祖父
光一にかかった洗脳が重篤と判断し、
幼い妹だけを引きとったのでした。
その妹を取り戻すために光一の祖父の別荘らしき家に忍び込んだ由希。
由希と遭遇した祖父はなにか事情を説明しているようですが、
ぼそぼそと小さい声でしゃべるので何をいってるのか聞き取れません。
結構、肝心なセリフのはずなんだから
ちゃんと聞かせてほしいもんですが
なにかに怒った由希は祖父に向かって
「それじゃ、あたしの親父と同じじゃないか!」
泣きながら叫ぶのです。
初めて会ったのに「あたしの親父と同じ」って言われてもな。

そこに、逃亡中の母親が集団自殺したことを知って
さっきまで泣きわめいていた光一が全白髪となって現れ
「我は全てを許す者なり」と言うのです。

もう、えらい言われようです。じーちゃん。
ググってみると、どうやら光一の母親は
じーちゃんの束縛に耐えかねて教団に出家したと。
そんな娘をじーちゃんは「人間としての価値すらない」と罵ったと。

セリフが聞こえないので、ググった情報をアテにするしかないのですが
このシーンに関して、光一と由希の言動に
同調する意見が多いのには驚くしかありません。
無差別大量殺人を企てた娘に対して
「人間としての価値すらない」というほかに
どんな言葉があるのでしょうか?
じーちゃんは出家した娘のおかげで家は追われ、
ましてや娘からかかってきた最後の電話で、
「ごめんなさい、お父さんの魂は救えなかった」などと言われると
もう絶望するしかないでしょう。その直後に、
子供を捨てて身勝手に自殺してしまった母親の死に泣きわめく孫に
「許してやる」などと言われる筋合いはありません。
親の教育が悪い? じゃあ、その親の親は? 親の親の親は?
どこまで遡って責任を押しつけるつもりでしょうか?

光一が来たことを知った妹は
(ただいるだけの何にもできない子役ですが)
一言もしゃべらずに光一に抱きつきます……
いやいやいや、それじゃじーちゃんが一方的に悪者になっちゃうだろ?
妹は光一たちと一緒に行くのを拒否しなきゃダメだろ?
光一たちは正義の味方でもなんでもないんだから、
これでは物事の一面しか捉えることができません。

ラスト。
由希に「これからどうする?」と聞かれた光一はこう答えます。

「生きる。」

……馬鹿か?
頭髪が真っ白になるほどの変身を遂げた末にたどり着いたのが
言葉にするのも憚れるような常識以前の当たり前の結論では
桂三枝(現・文枝)のごとく、椅子とともに転倒するしかありません。
エンドロールで流れる反吐が出るほど陳腐な
ゼロ年代的自己啓発ソングとも相まって、この映画の作り手たちは
生きることとも死ぬこととも真剣に向き合うことなく
なんとなく社会問題風なことを盛り込んでみたものの、
自らの軽薄さゆえに作品のテーマを貶めてしまった、そんな作品でした。

『誰も知らない』を引き合いに出す意見もあるようですが
この作品は『誰も知らない』の足下にも及びません。
『誰も知らない』の子供たちは、自分の不遇を境遇のせいにしたりせず、
何が何でも自分の力で生きようともがいていますし、
そこでは安易に善悪を提示するようなことはしていません。

こんな映画を観て、感動してしまうような人は
ヘッドギアでもつけて、治療したほうがいいと思いますよ。
ナンマイダー。





にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
↑お気に召したらクリックしていただけますと、もんどりうって喜びます。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

のほうず

のほうず
映画が好きで観るのはいいが、
かたっぱしから忘れていくので
オツムのリハビリ的ブログ。
******************
当ブログの文章・画像およびイラストの無断転載を禁じます。引用される場合は、出典の表記と当ブログへのリンクを設定してください。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

お気に召したら
クリックお願いします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

スポンサードリンク

↓過去の記事はこちらから!↓

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンタ