" />

ダージリン急行

ill613.jpg



(原題:The Darjeeling Limited 2007年/アメリカ 91分)
監督/ウェス・アンダーソン 脚本/ウェス・アンダーソン、ロマン・コッポラ、ジェイソン・シュワルツマン 製作/ウェス・アンダーソン、スコット・ルーディン、ロマン・コッポラ、リディア・ディーン・ピルチャー 撮影/ロバート・イェーマン
出演/オーウェン・ウィルソン、エイドリアン・ブロディ、ジェイソン・シュワルツマン、アンジェリカ・ヒューストン、アマラ・カラン、ナタリー・ポートマン、ビル・マーレイ、カミーラ・ラザフォード、イルファン・カーン

概要とあらすじ
父の死がきっかけで疎遠になっていたホイットマン3兄弟だったが、長男フランシスの呼びかけで次男ピーター、三男ジャックの3人が揃い、インド横断の列車旅行に出る。しかし、そんな彼らには予想外の出来事が待ち受けていて……。「ザ・ロイヤル・テネンバウムズ」のウェス・アンダーソン監督が描く、3兄弟の心の再生の旅。本編前には三男ジャックの恋を描いた13分の短編「ホテル・シュヴァリエ」(共演ナタリー・ポートマン)を上映。(映画.comより



キュートでポップなおとこのこえいが

Amazonのプライムビデオで観たところ、
内容がまったく頭に入ってこず、こずこず、
やっぱPCのモニタで映画を観るなんて
集中できないんだよねと思ったのですが、
泥酔していたことが自らの集中力を削いだ原因の
ほとんどを占めているんじゃないかと思い至ったので
もう一回観ることにした、『ダージリン急行』
二回目こそはシラフだったかといえば
まあ、そういうわけでもないのですが。

ウェス・アンダーソン監督は独特の箱庭的世界観が特徴ですが
本作でもそこかしこに監督らしいかわいらしさが。
部屋をまたいで横移動するカメラワークもおなじみですな。

駅へ急ぐタクシーの
ちょっぴりサスペンスフルなオープニング。
列車の出発時刻に間に合わないとやきもきしている
タクシーの乗客はビル・マーレイ
でも、本篇にビル・マーレイは関係ありません。
なんなのよ、ビル・マーレイ。

一年前に父親が死んで以来、疎遠だった三兄弟、
長男フランシス(オーウェン・ウィルソン)
次男ピーター(エイドリアン・ブロディ)
三男ジャック(ジェイソン・シュワルツマン)
フランシスの招集によってダージリン急行で落ち合います。

三兄弟は、
特別にいがみ合っているというわけでもなさそうですが
細かいことがいちいち気に入らないらしく、
また、お互いのことを信用しておらず、
「あいつには黙ってろよ」と言われた秘密でも
すぐにばらしちゃいます。

仕切りたがり屋の長男フランシスが
事故で頭にケガをして包帯を巻いている、という設定が
どういう効果をもたらしているのかよくわかりませんが
父親大好きのピーター、女ったらしのジャックの
三兄弟のやりとりはすっとぼけていて軽妙です。
ドタバタと騒動を巻き起こしながら
三兄弟は徐々に絆を取り戻していく
というわけ。
舞台がインドであることも魂を巡る旅にもってこいです。

禁煙の客室でタバコを吸ったり、
毒蛇を逃がしたり、取っ組み合いの喧嘩をしたりするうち、
とうとう列車から降ろされた三兄弟は
とある村で、川に落ちた子どもを助けようとするものの、
一人の男の子が死んでしまいます。

このとき川に落ちた子どもが3人の男の子だったのは
偶然ではないでしょう。

三兄弟の旅にはお互いの絆を取り戻すのとは
別の目的がありました。
それは、ヒマラヤの修道院で尼僧になっている
母親(アンジェリカ・ヒューストン)
に会うことでした。
父親の葬儀にも出席せず行方不明だった母親は
息子たちからの再会の申し出をやんわりと断り、
それでも突然息子たちが母親のもとを現れると
一応、母親らしい愛情があるかのように振る舞うものの、
次の日にはまたどこかへ姿をくらましてしまいます。

この母親は、なんかしら大義のようなものに
突き動かされているのでしょうが
自分の家族にはまったく考えが及ばないようす。
三兄弟が父親を好きになったのも当然でしょうね。

ふたたび、出発し始めた列車を追いかけ走る三兄弟は
持っていた大量の荷物を捨て去り、
列車に飛び乗ります。

兄弟の間に残った遺恨、父親に対する未練、
奔放な母親に対する煮え切らない感情などにケリをつけ、
人生の重荷を捨て去った彼らの表情は晴れやかなのでした。

ピーターに生まれてくる子供も男の子だったし、
キュートなデザインとポップな色彩に溢れているわりには
女性は蚊帳の外感がある、おとこのこえいがです。





にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
↑お気に召したらクリックしていただけますと、もんどりうって喜びます。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

のほうず
映画が好きで観るのはいいが、
かたっぱしから忘れていくので
オツムのリハビリ的ブログ。
******************
当ブログの文章・画像およびイラストの無断転載を禁じます。引用される場合は、出典の表記と当ブログへのリンクを設定してください。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

お気に召したら
クリックお願いします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

スポンサードリンク

↓過去の記事はこちらから!↓

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンタ