" />

ドア・イン・ザ・フロア

doorinthefloor.jpg



(原題:THE DOOR IN THE FLOOR 2004年/アメリカ 112分)
監督・脚本/トッド・ウィリアムズ 原作/ジョン・アーヴィング
出演/ジェフ・ブリッジス、キム・ベイシンガー、ジョン・フォスター、ミミ・ロジャース、エル・ファニング

概要とあらすじ
ある悲しみを抱えた家族の再生を描くヒューマン・ドラマ。アメリカ現代文学の巨匠ジョン・アーヴィングが自らの自伝的要素を反映し書き上げたベストセラー『未亡人の一年』を原作に、その前半部分を映画化。監督は、アーヴィング自身が認めたという新鋭トッド・ウィリアム。主演は「シービスケット」のジェフ・ブリッジスと「セルラー」のキム・ベイシンガー。海辺の家に住む著名な児童文学作家テッド・コールとその妻マリアン。4歳の一人娘ルースとともに裕福で何不自由ない生活を送り、幸せに見える2人。だが、マリアンは数年前の或る事件以来、心を閉ざしていた。そして夫婦はダウンタウンに新しく部屋を借り、その部屋と自宅を一日おきに交代で寝泊まりするという奇妙な別居生活を始めるのだった。その夏、テッドは作家志望の高校生エディを助手として雇う。憧れの作家に会えると期待に胸を膨らませてやって来たエディは、出迎えた美しいマリアンに一目惚れするとともに、少しずつ一家の悲しい過去を知っていくのだった…。(allcinemaより)



開けるなよ! 絶対に開けるなよ!

自分で選んでDVDを借りたのに
どういうわけかこの作品をホラー映画だと思い込んで観始め、
クレジットをみてから原作がジョン・アーヴィングだと知ったという
テータラークでした。

『ドア・イン・ザ・フロア』とは、文字通り「床にあるドア」。
主人公の絵本作家テッド・コール(ジェフ・ブリッジス)の作品のタイトルです。
人にはずっと隠しておきたい暗部があることの
わかりやすいメタファかと思いますが、
ドアである以上は落とし穴のようにそこに「落ちてしまう」のではなく
自ら「降りていく」場所だという深読みは可能かもしれません。

オープニングから天使登場。
4歳のルース・コール(エル・ファニング)のアップから始まります。
これがもう可愛くて仕方なくて憎さ100倍。
その存在が卑怯だと思うほどに問答無用で可愛いのであります。
アメリカ版『となりのトトロ』のメイの吹き替えをやっているそうで、
まったく、どこまでも憎めない魔性の天使ですな。
その後成長したエル・ファニング(ダコタ・ファニングの妹)は
『SUPER 8』でヒロインを演じていますが、
すでに女の匂いを漂わせつつあり、
相変わらず可愛いとはいえもはや天使ではありませんな。

将来の作家生活の体験も兼ねたひと夏のバイトとしてやってきた
童貞高校生エディ(ジョン・フォスター)
途中までは狂言回しとしての役割かと思いきや
マリアン(キム・ベイシンガー)と肉体関係を持ってからは
物語の中心へと入っていきます。
交通事故で二人の子供を一度に失ったことをきっかけに
壊れてしまった夫婦関係、とくにそのトラウマから抜け出せず
生気を失ってしまったマリアンの笑顔を取り戻すために
テッドがわざとエディを呼び寄せたのは
ラスト近くのテッドの告白を待たずとも明らかです。

エディが一目惚れするマリアン(キム・ベイシンガー)は
確かに美しい(このとき50歳!)。
深く傷ついて、ずっと心ここにあらずな表情が
むしろ隙があるようにも見えて、大人の女の色気を感じさせます。
童貞エディがメロメロになるのもわかりますよ。
でもね……せっかく同じ年頃の
これまた可愛いベビーシッターが目の前にいるのに!
登場シーンではわざわざテーブルの上に座って
そのエロいボディラインを強調しているのに!
なんで寄りによって母親ほどの歳の人妻に惚れるかね!!
俺だったら、俺だったら、ぐぬぬぬぬ〜!!

とはいえ。
童貞エディが普通にベビーシッターといい感じになったら
話にならないワケで。というのも、
童貞エディは夫婦の死んだ二人の兄弟にそっくりなのです。
テッドはそれとわかってエディを呼び寄せ、
マリアンもそうと知ったうえで肉体関係を持つという、
擬似近親相姦の関係にあるのです。
童貞エディはマリアンとのセックスを成就する前に
マリアンの下着をズリネタにしてオナニーしているところを
マリアンに見つかるのですが
この関係が思春期の息子と母親の関係そのものです。

マリアンは、死んだ兄弟たちの写真を見ながら
「生きていればそろそろセックスもする年頃ね」と言うのですから
自覚したうえで自分の息子の代役としてエディに体を許すのです。
僕の友人に「自分に娘が生まれたら絶対に自分が処女を奪う」
恐ろしいことを嬉しそうに語っていたやつがいましたが
もしかしたら、マリアンの死んでしまった息子に対する愛情も
このように歪んだものになったのかもしれません。

マリアンは、テッドはもとよりエディも捨てて消えてしまうのですが
そもそもエディと恋に落ちたわけではなく
死んだ息子たちへの愛情を断ち切るための擬似恋愛だったと考えれば
エディを連れずに、一人で旅立っていくのは腑に落ちます。

僕の大好きな『ビッグ・リボウスキ』でもそうでしたが、
テッドに扮するジェフ・ブリッジスは
だらしない男の役がよく似合いますね。それでいて馬鹿には見えないんです。
この作品に登場するイカスミで描いた絵本の絵
ジェフ・ブリッジス本人が描いているそうで、達者ですな。

ジョン・アーヴィング原作と言えば
『ガープの世界』『ホテル・ニューハンプシャー』などが有名ですが
この作品には、作家の主人公、年下の男に浮気する妻、交通事故で死ぬ息子など
『ガープの世界』との共通点が多く見受けられました。
ジョン・アーヴィングの作品は、細かいエピソードを重ね、
普通の人間が隠し持つ暗部を照らす出すのが非常に巧みで
観客が登場人物の人生を追体験してしまうような面白さがあります。
日本風に言えば「わびさび」のようなものを感じさせてくれるのですが
それでいて説教臭くならないし、人を裁くこともしません。
しかめ面で人生を語るわけではなく、かといって軽くもない。

ジョークも秀逸で、この作品ではテッドが講演やパーティーで
「わたしは子供相手の絵描きですよ」といいながら
本当は女のヌードばっかり描いているうえに
すぐにモデルとやっちゃうとかね。
走っている車のフロントガラスに○○○がバーン!とか爆笑ですが
ここはあえて黙っておきましょう。
(ちなみに、劇場版はいたることろにボカシが入っていたそうですが
 DVDにボカシはありません。いたるところにありません)

『ドア・イン・ザ・フロア』は
原作の『未亡人の一年』の前半部分を映画化したもののようです。
当然、原作にはこの映画の続きがあるわけですが
なんと! 『未亡人の一年』の「未亡人」とはルース!
エル・ファニングちゃん目線なの!?
しかも、この後半がなかなかハードな内容だそうで……

読まねばな!





にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
↑お気に召したらクリックしていただけますと、もんどりうって喜びます。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

のほうず

のほうず
映画が好きで観るのはいいが、
かたっぱしから忘れていくので
オツムのリハビリ的ブログ。
******************
当ブログの文章・画像およびイラストの無断転載を禁じます。引用される場合は、出典の表記と当ブログへのリンクを設定してください。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

お気に召したら
クリックお願いします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

スポンサードリンク

↓過去の記事はこちらから!↓

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンタ