" />

なんちゃって家族

ill595.jpg



(原題:We're the Millers 2013年/アメリカ 109分)
監督/ローソン・マーシャル・サーバー 製作/ビンセント・ニューマン、タッカー・トゥーリー、ハッピー・ウォルターズ、クリス・ベンダー 脚本/ボブ・フィッシャー、スティーブ・フェイバー、ショーン・アンダース、ジョン・モリス 撮影/バリー・ピーターソン 美術/クレイトン・ハートリー 編集/マイク・セール 音楽/セオドア・シャピロ、ルドウィグ・ゴランソン
出演/ジェニファー・アニストン、ジェイソン・サダイキス、エマ・ロバーツ、ーウィル・ポールター、エド・ヘルムズ、ニック・オファーマン、キャスリン・ハーン

概要とあらすじ
麻薬密輸のために集まったニセ家族が繰り広げる騒動を、ジェイソン・サダイキス、ジェニファー・アニストンの主演で描いたコメディ。マリファナの売人デビッドは、路上でもめ事を起こしていたホームレスの少女を助けようとしたところ、ギャングたちに商売品のマリファナとお金を奪われてしまう。その失態の代償としてメキシコから麻薬を密輸することを命じられたデビッドは、「家族旅行中の観光客なら怪しまれず越境できる」と思いつき、貧乏ストリッパーや冒険を夢見る童貞少年、ホームレスの少女を巻き込んで即席のニセ家族を結成。キャンピングカーに乗り込んでメキシコに向かうが……。(映画.comより



(男が男を)フェラしないのは、ゲイに対する差別だ!

『なんちゃって家族』
これは、本作の魅力を端的に表現していて
いい邦題なんじゃないでしょうか。
この場合の「なんちゃって」は
偽物とかインチキという意味で、
こういう「なんちゃって」の使い方って
最近はあんまり耳にしませんが
お若い人たちは知ってるんでしょうかね。
僕が観たのは、Bru-rayの「エクステンデッド・ヴァージョン」
劇場公開ヴァージョンを観ていないので、
どのへんが「エクステンデッド」なのかは、わかりません。

いい年こいて、せこいマリファナの売人をやっている
デビッド(ジェイソン・サダイキス)
自由を満喫しているようにもみえますが、
学生気分が抜けないまま歳をとったダメ男です。
デビッドの客が酔っぱらいやジャンキーではなく
主婦やビジネスマンなのは
彼の小者感を伝えるとともに、
ごく普通の人々がマリファナを楽しんでいる実態がわかります。

チンピラにボコられて全てを失ったデビッドは
マリファナの元締めブラッド(エド・ヘルムズ)から
メキシコから「少量の荷物」を運んでくれば
すべてをチャラにしたうえに高額のギャラをやるといわれます。
(デビッドに拒否権なし)
麻薬密輸は重罪のため、途方に暮れるデビッドでしたが、
偶然遭遇したキャンピング・カーの田舎家族をみて
これならイケる!
……とアイデアを思いつくくだりは
かなり強引ですが、
とにかく田舎家族を装って運び屋を成功させるために
「なんちゃって家族」を結成するのです。

母親役のストリッパー、ローズ(ジェニファー・アニストン)
娘役のパンクス、ケイシー(エマ・ロバーツ)
デビッドがこんなことをするハメになる原因を作った
息子役のケニー(ウィル・ポールター)
「なんちゃって家族」となり、
文字通り珍道中がはじまります。

ギャグは基本的に下ネタ。
このへんの下品さとわかりやすさがアメリカンです。
映画ネタや音楽ネタも連発されますが
わかったものもあれば、ピンとこないものも。
「(男が男を)フェラしないのは、ゲイに対する差別だ。
 クンニしてると思え!」
という、
ものすごい屁理屈などは素直に笑えます。
(↑こういうの、大好き♡)

でもいちばん面白いのは、
偽息子役のケニー(ウィル・ポールター)の顔!!
いつもびっくりしているように吊り上がった眉と
純粋さと頭の悪さの境界線を綱渡りしているのが素晴らしい。
どうみてもこいつ童貞だろと思っていると、
やっぱり童貞だった!

Bru-rayの特典映像を観ると
セリフの多くはアドリブで
いかにも達者な人たちが集結しているのですが
旅の途中でデビッドたちが遭遇する本物の田舎家族の
奥さんに扮するキャスリン・ハーン
まともに話が通じないも素晴らしかったです。

予想できたとはいえ、
「なんちゃって家族」が徐々に本当の家族のように
気持ちを通じ合わせていく過程も素直にほっこり。
最後はすべてがスッキリと解決する潔さ
気分がいい。
それでも「なんちゃって家族」は懲りておらず、
庭で麻を栽培しているラスト・カットも気が利いています。

アメリカのコメディを観ると
もうちょっと英語が理解できたらなあと
いつも思うのですが
それでも十分に楽しめる作品でした。





にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
↑お気に召したらクリックしていただけますと、もんどりうって喜びます。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

のほうず
映画が好きで観るのはいいが、
かたっぱしから忘れていくので
オツムのリハビリ的ブログ。
******************
当ブログの文章・画像およびイラストの無断転載を禁じます。引用される場合は、出典の表記と当ブログへのリンクを設定してください。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

お気に召したら
クリックお願いします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

スポンサードリンク

↓過去の記事はこちらから!↓

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンタ