" />

地獄の警備員

ill594.jpg



(1992年/日本 97分)
監督/黒沢清 脚本/富岡邦彦、黒沢清 製作/中村俊安 撮影/根岸憲一 美術/清水剛 音楽プロデューサー/岸野雄一 録音/鈴木昭彦 照明/須永裕之 編集/神谷信武
出演/久野真紀子、松重豊、長谷川初範、由良宜子、大杉漣、緒形幹太、諏訪太朗、田辺博之、大寶智子、内藤剛、洞口依子、青木敬、下元史朗、加藤賢崇

概要とあらすじ
次々と殺戮を繰り返していく狂気の警備員によって恐怖のどん底に突き落とされた会社員達の姿を描いたホラー。急成長を遂げる総合商社・曙商事。その日、ここに2人の新人がやってきた。ひとりは絵画取引のために新設された12課に配属された元学芸員の成島秋子。もうひとりは驚くほど巨体の警備員・富士丸。元力士である富士丸は、かつて兄弟子とその愛人を殺害しながらも精神鑑定の結果、無罪となったいわくつきの男だった…(映画.comより抜粋



ところどころに、ヘンな引っかかり

『CURE』で世界的な評価をものにする直前の
黒沢清監督作品『地獄の警備員』です。
ディレクターズ・カンパニー末期ゆえか、
あきらかに低予算な作品ですが
黒沢清らしさが随所に感じられます。

なんだか景気がいい曙商事という会社が
絵画取引の部署を設けたということで採用された
秋子(久野真紀子)
渋滞にいらつきながら初出社するのと同時に
殺人の前科がある元力士の新入り警備員・富士丸(松重豊)
フロントガラスにひびが入った車で到着します。
黒沢作品における車や列車による移動は
いつも異界への道のりを表していますが
この秋子と富士丸がふたりとも新入りというのは
偶然ではないでしょう。

では、このふたりが新入りなのはなぜか……
なんつってー、ばしっと答えを出せる自信はありませんが
曙商事という会社が象徴するものにとって
部外者であることが重要な気がします。
では、曙商事という会社が象徴するものとはなにか……
なんつってー、ばしっと答えを出せる自信はやっぱりありませんが、
浅ましい欲望によって駆動する
なにかしら調和と均衡を保っている社会システムだと
いえるような気がしないでもありません。
たとえそれが歪んだ調和と狂った均衡だったとしても。

なにしろ、この曙商事。
12課の課長・久留米(大杉漣)は変態セクハラ男だし、
なぜか一目置かれている人事部の兵藤(長谷川初範)
会社で暮らしているし、
まともなやつがいないのです。

なぜか会社の地下室に住んでいる富士丸は
次々と社内の人間(とくに12課)を殺し始めます。
彼の達人には動機がありません。
とにかく、富士丸は殺すという行為でしか
他者とコミュニケーションをとれないのです。

これといった謎解きのようなものもなく、
とにかく富士丸による理不尽な暴力が続きます。
(松重豊は確かに身長はあるが、
 元力士というには華奢すぎるけどな)
気になるのは
逃げ惑う登場人物たちが生き残るきっかけになったのが
日本と海外の時差だということ。
もしかしたら、この映画の世界は
特別な時間軸を持った異次元だということなのかもしれない、と
深読みしたくなります。

修羅場をくぐり抜けた兵藤と秋子には
あきらかに上司と部下の関係ではない、
特別な感情が芽生えているはずで、
それこそがある種のカタルシスとなるはずですが、
かろうじて会社のビルから脱出した兵藤を
妻(洞口依子)と息子が出迎えると、
秋子は何事もなかったかのように
すーっとひとりで別の方向へと帰って行くのです。

なんなんでしょう、このアンチ・クライマックスは。
まるですべての物語が
兵藤と秋子の不倫関係をデフォルメしていたかのように思えてきます。

いかにも旧来のアメリカ製サスペンスのような劇判が
終始流れていて、むしろ興醒めだったりしますが
本作はウェルメイドなサスペンスなどではなく、
黒沢監督らしい、ヘンな引っかかりのある作品です。
(予告動画がない!)



にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
↑お気に召したらクリックしていただけますと、もんどりうって喜びます。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

のほうず
映画が好きで観るのはいいが、
かたっぱしから忘れていくので
オツムのリハビリ的ブログ。
******************
当ブログの文章・画像およびイラストの無断転載を禁じます。引用される場合は、出典の表記と当ブログへのリンクを設定してください。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

お気に召したら
クリックお願いします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

スポンサードリンク

↓過去の記事はこちらから!↓

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンタ