" />

CURE

ill590.jpg



(1997年/日本 111分)
監督・脚本/黒沢清 製作/加藤博之 プロデューサー/土川勉、下田淳行 撮影/喜久村徳章 美術/丸尾知行 音楽/ゲイリー芦屋 録音/郡弘道 整音/中田裕章 音響効果/丹雄二 照明/金沢正夫
出演/役所広司、萩原聖人、うじきつよし、中川安奈、洞口依子、戸田昌宏、でんでん、螢雪次朗、大鷹明良、大杉漣、河東燈士、春木みさよ

概要とあらすじ
猟奇的殺人事件の犯人を追う刑事の姿を描いたサイコ・サスペンス。ひとりの娼婦が惨殺された。現場に駆けつけその死体を見た刑事の高部は、被害者の胸をX字型に切り裂くという殺人事件が、秘かに連続していることを訝しがる。犯人もその殺意も明確な個々の事件で、まったく無関係な複数の犯人が、なぜ特異な手口を共通して使い、なぜ犯人たちはそれを認識していないのか。高部の友人である心理学者・佐久間が犯人の精神分析を施しても、この謎を解く手掛かりは何も見つからない…(映画.comより抜粋



自分を抑圧しているものの正体

正直に言えば、はじめて『CURE』を観たときは、
「うん、サイコ・サスペンスだね」くらいの軽い印象でした。
でも、長い年月を経て見返してみて、
こんな感想文を書こうとすると
こりゃ、ただのサスペンスじゃないなと、改めて気づきます。

序盤はわりと、猟奇的殺人事件の真犯人を探るべく、
順当なミステリーのような展開です。
サラリーマンが配管パイプで売春婦を殴り殺すシーンも
でんでん演じる交番警官が同僚を射殺するシーンも、
そのぶっきらぼうで無機質な殺意が強調されています。
妻を殺害してしまう小学校教師のシーンだけは
サイコパス・間宮(萩原聖人)の存在と
その犯行の手口を観客に明らかにするため、
いささか湿度が高い表現になっていますが
ほんのちょとしたことで人は倫理を踏み外し、
凶行に及んでしまう可能性がある
ことが
繰りかえし提示されます。

とくに、洞口依子が演じる女医のシークエンスでは
おそらく誰もが抱えているであろう負の感情を解放するように
間宮が仕向けていることが明確になります。
間宮は、自らの主張を植え付けて洗脳し、
相手をコントロールして翻弄するのではなく、
あくまで相手が本来持っているささやかな狂気を
増幅して顕在化させる
のです。

常に眠そうで、人を見透かしたような態度の間宮には
心底いらだちます。
おそらくこれは、
刑事の高部(役所広司)が感じる苛立ちと同じものでしょう。
自分が質問されたことには答えず、
「あなたの話を聞かせてよ」と質問で返す間宮は
「誰がじゃ? 何がじゃ? どうしてじゃ?」を繰り返す
寛平ちゃんのギャグのようで
腹立たしいこと、極まりないでのす。
この話法とライターの炎が、間宮が相手を催眠にかけるときの
手法なのでしょう。

刑事・高部には、
情緒不安定な妻(中川安奈)がいて、
おそらく彼女は、空の洗濯機を回して洗濯した気になっているので
高部は洗濯物をクリーニング屋に預けています。
高部は、妻のことを愛し、力になりたいと考えているものの、
同時に「お荷物」だと感じているようです。

高部は、間宮について捜査を進めるうち、
催眠術を開発したとされるメスマー
(18世紀のドイツ人医師、フランツ・アントン・メスメル)と
『邪教』という本に記載されていた伯楽陶二郎という
明治時代の医者との関連性が浮上します。
このことについて調査していた医師・佐久間(うじきつよし)
すでに感化されていました。

間宮の影響から逃れられないのは高部も例外ではなく、
自宅で妻が首を吊っている幻を見ます。
嘆き悲しむ高部でしたが、
これは妻を「お荷物」だと考えている高部の願望がみせた幻で
しかも、自分の手を下すことなく、
妻自らこの世を去ったという妄想は
じつはもっとも身勝手で卑怯な現実逃避の現れでしょう。

いつものように帰宅した高部が
妻が食卓に用意した料理をみると、なんと生肉。
ブチぎれた高部がその生肉を壁に投げつけたあと、
眠っている妻をみにいくと、
沖縄情報がのっている旅行雑誌と荷造りされたカバンが
ふたつ置いてあります。
その後、ふたりで夢の中のようなバスに乗って
どこかへ向かうシーンとなるのですが、
その直前に、一瞬だけ高部が台所の包丁を手にするカットが挿入され、
バスの中の会話では、沖縄を楽しみにする妻の言葉とは裏腹に
高部は「沖縄に行くんじゃないんだよ」と優しく言います。
この時点で、高部は
なにかを確信しているようにみえます。

いつものように、
クリーニング屋に洗濯物を引き取りに行った高部が
店主から、預かっている洗濯物はないといわれるのは
この一連の「催眠」に関わったものと同様に
記憶障害に陥っているということでしょう。
フラッシュバックのように一瞬挿入される赤いワンピースは
妻の亡霊か。


今度はたったひとりでバスに乗っている高部は
古い木造の建物へと向かいます。
そこはかつて伯楽陶二郎がいた病院ですが、
完全に異次元の世界です。

そこに現れた間宮を高部が射殺して
一件落着かといえば、そうではありません。

すでに現実と妄想が混在していますが、
高部の妻が入院している病院の看護婦が
なんの感情も持たない表情を見せたあと、
首をX字に切り裂かれて息絶えた、
車イスで運ばれる高部の妻
が映し出されます。
看護婦が高部の催眠によって高部の妻を殺したとみるのが
順当ですが、
最初に夫婦でバスに乗る直前のカットを思い出せば、
すでに高部の手によって妻は殺されていたとも考えられます。

とにかく、ラストシーン。
ファミレスにいる高部は、どうやらステーキを完食したようす。
先に登場した、同じファミレスの同じ席、同じ構図のシーンでは
高部はほとんど料理に口をつけていませんでした。
(その直後に、電話で佐久間に呼び出される)
ところが、ラストシーンでは、
いかにも「健康」そうに、かつ積極的に
食事を済ませたようにみえます。

これはあきらかに、高部が本能的に「健康」であることを示唆し、
妻が用意していた生肉は
高部の潜在的欲求に対するメッセージであって、
それを高部が拒否したのは、
まだ彼が自分自身の本質を受け入れられず、
またそれを指摘された(と感じた)ことに対する苛立ちからではないでしょうか。

間宮の取り調べの時、
高部は間宮から「あんた、凄いねえ」といわれますが、
高部は間宮と同種の人間というだけでなく、
選りすぐりの「伝道師」なのです。
さまざまな書物をあたり、
常に朦朧とした状態で「伝道師」を担おうとする
間宮が秀才だとすれば、高部は天才なのです。

一旦スイッチが入ってしまった天才・高部には、
間宮のような会話術や
これみよがしなライターの炎によるトリックも必要ありません。
ラストシーンで包丁を握るウェイトレスに対する催眠
さりげなくタバコに火をつけるだけで十分なのです。

おそらく、本作のもっとも本質的な部分は
間宮が警察の藤原本部長(大杉漣)に対する質問で、
しつこい寛平ちゃん的やり取りのあと、
「藤原本部長、ところであんた誰?」という
人間のアイデンティティそのものを問いかける言葉に
すべてが凝縮されているように感じます。

同時に、CURE=癒しであって、
少なくとも本作の高部は「伝道師」となることによって
自己を解放し、癒されていのですから
我々は日常的に抑圧されていて、
それが他者による抑圧に限らないとすれば
なおさら自分を抑圧しているものの正体はなにか、
ということについて考えざるを得ません。





にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
↑お気に召したらクリックしていただけますと、もんどりうって喜びます。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

のほうず

のほうず
映画が好きで観るのはいいが、
かたっぱしから忘れていくので
オツムのリハビリ的ブログ。
******************
当ブログの文章・画像およびイラストの無断転載を禁じます。引用される場合は、出典の表記と当ブログへのリンクを設定してください。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

お気に召したら
クリックお願いします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

スポンサードリンク

↓過去の記事はこちらから!↓

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンタ