" />

パプリカ

ill584.jpg



(2006年/日本 90分)
監督/今敏 原作/筒井康隆 脚本/水上清資、今敏 キャラクターデザイン/安藤雅司 作画監督/安藤雅司 撮影監督/加藤道哉 CGディレクター/加藤道哉 VFXアーティスト/設楽友久 特殊合成アーティスト/内山嗣康 編集/瀬山武司、神宮司由美 音楽/平沢進 アニメーション制作/マッドハウス
声の出演/林原めぐみ、江守徹、堀勝之祐、古谷徹、大塚明夫、山寺宏一、田中秀幸、筒井康隆、今敏陣内

概要とあらすじ
「時をかける少女」の筒井康隆による同名SF小説を「千年女優」「東京ゴッドファーザーズ」のアニメーション監督今敏が映画化。表の顔は精神医療研究所に勤めるセラピー機器の研究者、裏の顔は“パプリカ”というコードネームを持つセラピスト千葉敦子は他人の夢をスキャンすることが出来るというセラピー機器“DCミニ”を使い、日々患者の迷える心をケアしていた。だがある日、その“DCミニ”が何者かによって盗まれてしまう……。(映画.comより



ドラッギーな画的快楽に溺れよう

作品本数は4作と少ないにもかかわらず、
世界中にファンが多いアニメーション監督、
今敏(こんさとし)の作品は、その評判を耳にして
『PERFECT BLUE(1997)』を観たことがありました。
で、残念ながら、僕はノレなかった。

アイドル歌手のファンによるストーカー的執着を
ホラーとして描いた『PERFECT BLUE』は
大友克洋を召喚し、
「かわいい女の子を書けない」という
大友克洋の唯一にして最大の弱点
を補うべく、
江口寿史をキャラクター原案に抜擢するなどした
意欲作ではありましたが、
ヒロインが、いまは懐かしきAppleのパフォーマで覗き見る
ストーカーらしき人物が運営するブログの本文がPOP書体だったりする、
インターネット黎明期独特の齟齬がやたらと気になったり、
当時のアニメ作品としては常識破りだったのかもしれないけれど、
本作の特徴でもあるエログロな演出が、
エログロのためのエログロでしかなく、
クライマックスでヒロインを追っかけてくる真犯人が
あいかわらずヒロインと瓜二つの容姿なのは違うだろ
、と
気に入らないところばかりが目について、
世界的な評価が高いか知らないけれど、
オレは別にいいや、と思っておりました。

さらには、今敏作品に限った話じゃないけれど
リアルな(すなわち漫画表現としてデフォルメされていない)
キャラクター造形や動きからは、
ロトスコープによるアニメを観るときと同様に
「絵が動く」という快感を感じることが出来ず、
アニメの作画がリアルになればなるほど
本当は実写でやりたいものを、
仕方なくアニメにしているように思えてしまうのです。
あくまで、僕がそう感じるという話ですが、
アニメでしかできない表現をしているようには
思えないのです。

前置きが長くなりましたが、『パプリカ』です。
序盤は『PERFECT BLUE』と同様に
リアルな登場人物たちによるリアルな行動描写が壁になりましたが、
現実にはありえないほど超デブの時田の存在が
幾分緩和してくれていたように感じます。
繰り返し使いまわされるカットがあったとはいえ、
魑魅魍魎が集う大行進のシーンは見応え十分です。

夢と現実があやふやになるという本作の世界観は
ドラッギーな表現によって
制御不能なイマジネーションを表現するにあまりある出来映えで
携帯ばっかりいじっている女子高生集団のスカートのなかを
サラリーマン集団が盗撮するという
風刺シーンも嫌いじゃありません。
さりとて、それよりも
「パプリカ」という、いかにもアニメ的なキャラクターが
シーンごとにコスプレチェンジしながら
自由奔放に振る舞うさま

実写映像をトレースしただけではない、
アニメーションならではの楽しみを呼び起こしてくれます。
終盤における「画的な快楽」は
『PERFECT BLUE』の比ではありません。

突然、イマジナリー・ラインやパン・フォーカスを説明するために
刑事の粉川が黒澤明に変身したり、
今敏の映画愛があからさまに投影されています。
そもそも刑事の粉川は、高校生のときに
自主制作の映画を撮影していたことがトラウマとなっているし、
本作が遺作となった今敏監督が
自分の過去作を登場させているのをみると、
本作を集大成だと感じていたのかもしれません。

ギレルモ・デル・トロあたりが
本作を実写リメイクしてくんないですかね。





にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
↑お気に召したらクリックしていただけますと、もんどりうって喜びます。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

相互リンクのご連絡 お世話になります。貴サイト拝見しまして非常に良いコンテンツを配信されており勝手ながらリンク集に追加させていただきました。(以下URLのヘッダはスパム対策で外していますが、こちらです) konkatsuhack.website/ 相互リンク、ぜひご検討いただければ幸いです。管理人 

2015/11/12 (木) 22:10:41 | URL | 管理人 #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

のほうず
映画が好きで観るのはいいが、
かたっぱしから忘れていくので
オツムのリハビリ的ブログ。
******************
当ブログの文章・画像およびイラストの無断転載を禁じます。引用される場合は、出典の表記と当ブログへのリンクを設定してください。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

お気に召したら
クリックお願いします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

スポンサードリンク

↓過去の記事はこちらから!↓

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンタ