" />

スピーシーズ3 禁断の種

ill583.jpg



(原題:Species III 2004年/アメリカ 113分)
監督/ブラッド・ターナー 脚本/ベン・リプリー 製作/デヴィッド・ドウィギンキャラクター製/デニス・フェルドマン 撮影/クリスチャン・セバルト 美術/キャメロン・バーニー 音楽エリア・クミラル 編集/ジェームズ・カブレンツ
出演/ロビン・ダン、サニー・メイブリー、ロバート・ネッパー、アメリア・クック、J・P・ピトック、マイケル・ウォーレン、クリストファー・ニーム、ナターシャ・ヘンストリッジ

概要とあらすじ
世界中で大ヒットした「スピーシーズ/種の起源」シリーズ。スピーシーズの純粋種サラの誕生により、人類に新たな危機が訪れる。サラを演じるのは新鋭サニー・メイブリー。軍部の科学者アボット(ロバート・ナッパー)が運転する緊急輸送車には、スピーシーズのイヴ(ナターシャ・ヘンストリッジ)と、男の子が乗っていた。男の子は人類とスピーシーズの混合種で、またイヴの肉体には新たな種が宿っており、今にも出産寸前だった…(映画.comより抜粋



まったく味がしない出がらしムービー

あんなに美味しかったお茶も
さすがに3杯目ともなるとかすかに色が付いているだけで、
味はまったくしなくなりました。
そんな出がらしムービー、
『スピーシーズ3 禁断の種』です。

前作『スピーシーズ 2』から6年も経っているのに
バカ正直に『2』のエンディングから始めたりするから
ややこしくなるのです。
「あれから、6年後……」ってかんじで
リスタートすればいいものを時系列まで繫がっているもんだから
お前、誰? あいつら、何処行った?
てなことになるのです。

軍の兵隊になりすました科学者アボット(ロバート・ナッパー)
カメオ出演的なこのシリーズのミューズ、
ナターシャ・ヘンストリッジが「出産」した子どもを
計画的に持ち帰るのですが、
前作まで、あれほど秘密裡に行なわれていたエイリアン対策
なんで、お前は知ってるんだ?
「同僚が」うんぬんというセリフがありましたから、
前作まで登場していた生物学者のローラの知り合いなんでしょう。
でも、たったそれだけで
エイリアンのことを何でも知っているのは
いくらなんでも不自然でしょう。

まあ、とにかく
マッド・サイエンティストのアボットは、
教師の指導には従わないプチ不良だけど優秀な
学生ディーン(ロビン・ダン)を巻き込んで
持ち帰ったエイリアンの子どものDNAから
純粋なエイリアンを培養して、名誉に授かりたいようです。

中盤は(というか全体通してだけど)
ぬる〜い学園ドラマを見せられているようで
まったくハラハラドキドキしません。
新しい事実も、驚くような展開もなく、
恐ろしいほど退屈な時間が過ぎていきます。
本作がシリーズの中で最長の上映時間だなんて、信じられません。
新ヒロインのサラ(サニー・メイブリー)
確かにスタイルはいいかもしれないけれど
いかにもヤンキーねーちゃんといった感じで安っぽく、
ナターシャ・ヘンストリッジのような
吸い込まれるような美しさは微塵もありません。

どうやら、「混合種」と呼ばれる
免疫能力が低いエイリアンは多数散らばっているようで
延命を図る「混合種」と純粋種であるサラとの
対決になるのかと思いきや、そこがはっきりせず、
「混合種」は塩化水素ガスに弱いという、
根拠がさっぱり分からない弱点によってかなり脆いので
アクションの盛り上がりもありません。

クライマックス。
よくわからないシステムの核施設に逃げ込んだディーンたちを
塩化水素ガスで死んだはずの「混合種」アメリアが登場。
もめた挙げ句に炉(?)に落ちていきます。
そして現れたのは、エイリアン姿のサラ。
なんか、わわわとなったと思ったら
サラも炉のなかへ落ちていくのですが
何が起きたのかさっぱりわからず、
何回か巻き戻してみたところ、
落ちたかに思われたアメリアがじつは落ちていなくて、
サラの足を掴んで道連れにした
ということのようです。
でも、この細かいカットで刻まれたシーンで
アメリアもサラも同じエイリアンの姿をしているので
まったく区別がつかない
のです。
下手くそか?

しかも、じつはディーンはサラをすんでの所で助けていたのですが
そのときのサラはエイリアン姿ではなく、
ヤンキーねーちゃんの姿なのです。
もう意味わからん。

ラストでは、まったく懲りないディーンが
自らエイリアンとの新生児(男子)を誕生させ、
サラにあてがって旅立たせます。

あいつら、繁殖しちゃうんじゃないの?
と危惧するルームメイトにディーンは
「大丈夫。DNAを操作して生殖機能をなくしたから」
……って、ペットの虚勢かよ!!

酷すぎるし、なんにも解決してないじゃん!!






にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
↑お気に召したらクリックしていただけますと、もんどりうって喜びます。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

のほうず

のほうず
映画が好きで観るのはいいが、
かたっぱしから忘れていくので
オツムのリハビリ的ブログ。
******************
当ブログの文章・画像およびイラストの無断転載を禁じます。引用される場合は、出典の表記と当ブログへのリンクを設定してください。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

お気に召したら
クリックお願いします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

スポンサードリンク

↓過去の記事はこちらから!↓

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンタ