" />

ババドック 暗闇の魔物

ill579.jpg



(原題:The Babadook 2014年/オーストラリア 94分)
監督・脚本/ジェニファー・ケント 製作/クリスティーナ・セイトン、クリスティアン・モリエール 撮影/ラデック・ラドチュック 美術/アレックス・ホームズ 衣装/ヘザー・ウォレス 編集/サイモン・ンジョー 音楽/ジェド・カーゼル
出演/エシー・デイビス、ノア・ワイズマン、ヘイリー・マケルヒニー、ダニエル・ヘンシュオール、バーバラ・ウェスト、ベンジャミン・ウィンスピアー

概要とあらすじ
1冊の絵本によって恐怖の底に突き落とされる母子を描き、シッチェス映画祭をはじめ世界各地の映画祭で絶賛されたオーストラリア製ホラー。夫を事故で亡くしたシングルマザーのアメリアは、学校で問題ばかり起こす息子サミュエルの扱いに悩まされていた。ある晩、サミュエルがアメリアの知らない絵本を持ってきて呼んでほしいとせがむ。それは「ミスター・ババドック」というタイトルの不気味な絵本で、物語は途中で終わっていた。サミュエルが異様に怖がったことから絵本を破り捨てるアメリアだったが、捨てたはずの絵本がいつの間にか戻ってきてしまう。それ以来、彼女の周囲で不可解な出来事が次々と起きるようになり……。「シャーロットのおくりもの」のエシー・デイビスが、精神的に追いつめられていく母親役を熱演した。(映画.comより



誰もが抱える「ババドック」

いかにも邪悪な響きの『ババドック 暗闇の魔物』
「ババドック」とは、別に
おばちゃん専門の精密検査のことではありませんよ。
あ、でも当たらずとも遠からずかも。

二人で暮らす母アメリア(エシー・デイビス)
一人息子サミュエル(ノア・ワイズマン)の母子家庭。
どうやら父親は、アメリアがサミュエルを出産するとき、
病院へと急ぐ途中で交通事故で死んでしまったもよう。
父親の命日とサミュエルの誕生日が同じなのです。
著書を出版したこともあるライターのアメリアは
いまは生活のために老人介護施設で働いています。
アメリアは、あからさまに疲れ切っているご様子。

サミュエルは可愛らしい男の子ではあるけれど、
怪物好きで妄想好きで甘えん坊。
アメリアの言うことを聞かずに、好き放題に暴れるくせに
いつも「マミー! マミー!!」とうるさいのです。
サミュエルは多動性障害なのかもしれませんが、
神経を逆なでする、かなり辛い状況ですねぇ。
幼い子どもを育てるシングル・マザーの方なら
首がちぎれるくらいに頷くあるあるなのかもしれません。

甘えん坊で恐がりのサミュエルは
毎晩マミーと一緒にベッドの下とクローゼットの中を調べて
だれもいないのを確認したあと、
マミーに絵本を読んでもらって寝るのが習慣です。
ある日、サミュエルがどこからともなく探し出した
「ミスター・ババドック」という絵本は
禍々しい飛び出す絵本だったのです。
異常なほどババドックを意識して恐れるサミュエル。
それを軽くあしらう、疲れ果てたアメリア。

その後、淡々とかつじっくりと
アメリアのストレスが飽和状態になる過程を描いていきます。
もう、アメリアはいっぱいいっぱいなのです。
やっと眠れると思ったら、
またしてもサミュエルが「マミー! マミー!!」。
マミー! マミー! マミー! マミー! マミー!!!!

このあたりになると、
本作が育児ノイローゼに陥ったシングル・マザーが
神経をすり減らしていくさま
を描こうとしていることが
誰しも自然とわかるはずです。
ストレスが頂点に達して、
ついにブチっと切れてしまう母親の
ダークサイドを象徴するのがババドックなわけですが、
いまいち展開が飛躍してくれません。

シングル・マザーに「魔が差す」動機を
「ババドック」という悪魔的なものに代替させずとも、
リアルな現実描写のなかで狂気を描けば
それはそれで恐ろしい作品になるだろうし、
育児ノイローゼを悪魔的なものに象徴させるのなら、
もっとホラー映画として飛躍して欲しいのですが
リアルな描写としてはファンタジックだし、
ホラーとしては物足りない
という、
どっちつかずな中途半端な印象でした。

「ババドック」に乗り移られたアメリアは
暴れまくるようになるのですが
「ババドック」が、かなりちゃっちい演出で
アメリアの口から体内に入ったあと、
家庭内『ホームアローン』からの『ポルターガイスト』を経て
もう一度アメリアの体内に入るときは
背中からだったりするのが
憑依するルールがいいかげん
だし、
その後、暗闇から現れた父親の幻の頭部が
きれいに真っ二つになったりするんだけども、
交通事故死なんだから、
それらしい傷を負って登場してくれればいいものを

取って付けたようなゴアシーンには鼻白みます。

結果的に、「ババドック」は
父親が使っていた地下室へと逃げ込み、
アメリアは地下室の「ババドック」に餌を与え、
飼い慣らすようになって、ジ・エンド。

要するに、「ババドック」は
アメリアの、育児にまつわる経済的かつ精神的な苦悩と
本来ライターである自分の能力を発揮できない歯がゆさ、
さらには、亡き夫に対する未練および
新しいパートナーを見つけることの後ろめたさ

(オナニーしてたしね)
などなど、負の感情の総体なのです。

そんなこんなで生きていくのは苦しいから、
自暴自棄になったり、暴力的になったりするのは
誰にでもあることだし、あって然るべきなんだけれども、
コントロールして閉じ込めておかないといけないよね、
というお話でしょう。

もっと面白くなったような気がする、
歯がゆい作品でした。





にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
↑お気に召したらクリックしていただけますと、もんどりうって喜びます。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

のほうず

のほうず
映画が好きで観るのはいいが、
かたっぱしから忘れていくので
オツムのリハビリ的ブログ。
******************
当ブログの文章・画像およびイラストの無断転載を禁じます。引用される場合は、出典の表記と当ブログへのリンクを設定してください。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

お気に召したら
クリックお願いします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

スポンサードリンク

↓過去の記事はこちらから!↓

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンタ