" />

ミルカ

ill574.jpg



(原題:Bhaag Milkha Bhaag 2013年/インド 153分)
監督/ラケーシュ・オームプラカーシュ・メーラ 脚本/プラスーン・ジョーシ 撮影/ビノード・プラダーン 音楽/シャンカル=イフサーン=ロイ
出演/ファルハーン・アクタル、ソナム・カプール、ディビヤ・ダッタ、アート・マリック、ジャプテージ・シン、パワン・マルホトラ、プラカーシュ・ラージ、ヨグラージ・シンランヴィール・シン

概要とあらすじ
実在のインド人オリンピック陸上選手ミルカ・シンの壮絶な半生を描き、インドのアカデミー賞と言われる国際インド映画アカデミー賞で作品賞や監督賞、主演男優賞など計14部門を総なめにした作品。1960年ローマ・オリンピック。400メートル走のインド代表選手ミルカは、ゴール直前で後ろを振りかえるという前代未聞のミスを犯して4位となり、メダルを期待していた国民からバッシングを受ける。帰国後、ミルカはパキスタンで開催されるスポーツ大会のインド団長に指名されるが、断固として拒否したため、首相の命令で首相秘書とミルカのコーチが説得しに行くことに。ミルカが暮らす町へと向かう電車の中で、コーチは首相秘書にミルカがパキスタンへ行きたがらない理由を話しはじめる。「闇の帝王DON ベルリン強奪作戦」などで映画監督としても活躍するファルハーン・アクタルが主演を務め、ミルカ役を熱演した。タレントの武井壮が、劇中の陸上大会に日本代表選手役で出演している。(映画.comより



そこかしこに、やっぱりインド映画

『ミルカ』でも観るか。『ミルカ』でもミるか?
『ミルカ』でもミルカ!!
ほら、こんなつまらないダジャレでも
3回続けて言うとちょっと面白くなるでしょう。
なりませんか…… そうですか。

実在したインドの英雄、
陸上選手ミルカ・シンの半生を綴った本作。
僕はこの方のこと、全然知りませんでした。

ミルカが、1960年ローマ・オリンピックの400mに出場し、
なにやら幻をみて後半失速し、
期待されていたメダルを取れず、
インド国内からバッシングを受けるシーンから始まります。
ミルカ(ファルハーン・アクタル)
血管がモリモリ浮き出た上腕も気になりましたが、
彼が頭の上にのっけているテルテル坊主みたいなのはなんだ?
と思っていたら、それは彼がシク教徒だからということが
後々でわかります。

で、シク教についてちょいと調べてみたところ、
教義はともかく、シク教徒は
インドではヒンドゥー教徒に比べて圧倒的に少数派だが、
富裕層が多く社会的に活躍する人が多いとのこと。
彼らは髪とヒゲを切らないそうで
だから髪を頭の上にのっけてターバンを巻いているのですな。
インド人の男性は
ターバンを巻くのがデフォルトだと思っていましたが
シク教徒だけだそうです。イメージって怖ーい。
腕に着ける鉄のブレスレットも必須だそうで
たしかにミルカもトレーニングの最中でも
ブレスレットをしていました。
また、短刀を持つというのも教義のなかにあるそうで、
ということは、少年時代のミルカが
不良グループにナイフを渡されたり、研いだりするシーンには
シク教徒を自覚するというミルカの決意みたいなものが
表現されているのかもしれません。
知らんけど。

ローマ・オリンピックでふがいない結果に終わったミルカは
その後、パキスタンで行なわれる
インドとパキスタンの親善試合に
団長として招かれますが彼はこれを固辞します。
ローマでの失意が尾を引いていると思われましたが、
じつはミルカの幼少期における凄惨な体験が
パキスタン行きを拒ませていた
のでした。

それは1947年、イギリス領インド帝国から
インドとパキスタンが分離独立し、
ミルカはパキスタン領とされた地域の住民で
抵抗かインドへの逃亡かを余儀なくされた状況で
パキスタン側のイスラム教徒によって
目の前で家族を殺された経験
があったからでした。
終盤で、その殺戮の凄惨さが表現されますが
これはインド映画界にとって
かなり踏み込んだ表現なんでしょうか。
わかりません。
とにかく、本作に登場する悪役は
徹底的にヒール役として描かれています。

政府高官(?)と代表コーチ、そして元コーチが
パキスタン行きを説得するため、
ミルカが住む街まで列車で移動するあいだに
ミルカの生い立ちが元コーチの思い出話として語られます。

ま、この構造自体はいいんですけど、
元コーチがミルカのプライベートの詳細まで
なんでも知ってるのは大目に見るとしても
とにかく、ひとつひとつのエピソードが長い!
物語を進めるうえではまったく必要のないシーンの連続です。
153分という本作の上映時間は
インド映画から考えれば、短いほうといえる部類ですが、
あまりにも寄り道が多いのでダレてしまいます。
あと40分は削れるだろう!

ラブロマンスありーの、モブダンスシーンありーの、
インド映画らしい盛りだくさんで
それぞれのシーンはそれなりに良くできているので
まあこれでいいっちゃ、いいのですが、
この映画、何についての映画だっけ? と
物語への興味が削がれてしまいました。

また、ガンガンにCGを多用するのもインド映画らしく、
さまざまなトリッキーな演出がみられましたが
そういう映像的な盛り上げ方が
ミルカが背負っているものの深刻さとマッチせず

軽く感じてしまいました。
終盤の展開はしっかりグッときたので
余計なサービス精神はほどほどにしてはいかがでしょうかね。

なにやら、タレントの武井壮が
日本人選手役でちょろっと出演しているそうですが
まったく気がつきませんでした。
ていうか、それがどうかしましたか?





にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
↑お気に召したらクリックしていただけますと、もんどりうって喜びます。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

のほうず

のほうず
映画が好きで観るのはいいが、
かたっぱしから忘れていくので
オツムのリハビリ的ブログ。
******************
当ブログの文章・画像およびイラストの無断転載を禁じます。引用される場合は、出典の表記と当ブログへのリンクを設定してください。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

お気に召したら
クリックお願いします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

スポンサードリンク

↓過去の記事はこちらから!↓

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンタ