" />

ターボキッド

ill560.jpg



(原題:Turbo Kid 2015年/カナダ 95分)
監督・脚本/フランソワ・シマード、アヌーク・ウィッセル、ヨアン=カール・ウィッセル 製作/アント・ティンプソン 撮影/ジャン=フィリップ・バーニアー 編集/ルーク・ハイ 音楽/ジャン=フィリップ・バーニアー
出演/マンロー・チェンバーズ、ローレンス・レボーフ、マイケル・アイアンサイド、エドウィン・ライト、アーロン・ジェフリー

概要とあらすじ
完全武装の猛者たちがBMXで暴走する文明崩壊後の世界で悪に立ち向かう青年の戦いを、1980年代B級映画テイスト&血みどろ描写満載で描き、サウス・バイ・サウスウエスト映画祭で最優秀観客賞を受賞するなど各地の映画祭で話題を集めた低予算SFアクション。核戦争によって文明が崩壊した1997年。荒くれ者たちが水をめぐって争いを繰り広げる荒れ果てた世界で、青年キッドはコミック「ターボライダー」をバイブルにしながらたった1人で生き延びてきた。ある日、キッドは謎の少女アップルと出会い恋に落ちるが、水を独占する極悪首領ゼウスによってアップルが誘拐されてしまう。キッドはアップルを救うため、BMXにまたがってゼウスのアジトを目指す。「スキャナーズ」「トータル・リコール」などの個性派俳優マイケル・アイアンサイドがゼウス役で出演。数々の短編作品を手がける映像制作集団「ROADKILL SUPERSTAR」の中心人物であるフランソワ・シマード、アヌーク・ウィッセル、ヨアン・カール・ウィッセルの3人が、初の長編作品として撮りあげた。(映画.comより



これぞ、リアル・マッドマックス!!

2015年の映画界は、
完全に『マッドマックス 怒りのデスロード』祭状態になって
一部ではいまだにその熱から醒めない人もいますが、
(僕もあんまり醒めていませんけども)
あまりにも最高なもんだから
『マッドマックス』における設定上の根本的な齟齬
多くの人が気がつかないか、
気がつかないフリをしています。

それはなにかと言いますと、
水やガソリンなどの資源が枯渇したディストピアにもかかわらず
なんで、いかにも燃費の悪そうな車を
ガンガン乗り回しているのか、
ということです。
ほぼほぼ砂漠のオーストラリアでは、
自動車がないというのは死活問題で
だからこそ自動車に対する信仰が生まれているという前提は
重々承知の上ですが、
だからって、『マッドマックス』の世界では
ガソリンは超貴重なんですから
もうちょっと、節約の発想があっても
よさそうなもんじゃないか。おかしいじゃないか。

というわけで、この『ターボキッド』
登場人物たちが乗り回すのは、チャリなのです。
主人公も悪党たちも全員チャリです。
これぞ、リアル・マッドマックス!!
だって、ないんだもん、ガソリンは!
資源が枯渇したんだから、頼れるのは人力なのです。
ペダルを漕ぎさえすれば、永遠に走れます。
発電だってできるのです。

冒頭から、あからさまに『マッドマックス』を意識した
ナレーションで始まります。
時代設定は1997年ということで、
リアリティを度外視しているのがわかります。

主人公のキッド(マンロー・チェンバーズ)
コミックオタクで、ヒーローに憧れているなんてのは
『キック・アス』あたりを思い起こします。
で、こつぜんと現れる
オツムのねじがゆるそうなアップル(ローレンス・レボーフ)
いつも明るいアップルは
眼がイっちゃってて、アブナイのですが
このアップルをみて、「かわいい!」という意見もちらほら。
いや〜、まあかわいらしい女性ではあるものの、
突然現れてやたらとなついてくるし、
自分のオタッキーな趣味は全肯定してくれるし、
キッドの思いつきのルールにも「うん、わかった!」てな具合に
従ってくれるという、
いかにも自分から女性を口説くことなど出来ないオタクにとって
超好都合な女性
なのです。
だから、かわいいと思ってしまうのです。
しかも、アップルはロボットだということが後半で明かされ、
ますます、生身の女性とコミュニケーションを取れないオタクの
悲哀が際だちます。
ま、岡田斗司夫みたいに
手当たり次第に女性を食い散らかすオタクもいますけども。

キッドが偶然落ちた地下の秘密基地みたいな場所には
ミイラ化した「ターボライダー」がいて、
キッドはその衣裳と武器を拝借してパワーアップするのですが
これはコミックの「ターボライダー」は
実在したということなんだろうか。
よくわかりません。
とにかく、なんか左手に装着する強力な武器を手に入れたのですが
その威力もまちまちだし、
パワーをチャージしないと使えないらしいけれど、
なにをどうすればパワーがチャージされるのか、
というようなことはまったくわかりません。
たぶん、そんなことを気にしてはいけないんでしょう。

戦闘シーンになると、
とにかく露悪的なスプラッタ・シーンの連発で
首チョンパや切り株が盛りだくさん
ですが
基本的に、本作の登場人物たちの肉体は
豆腐のようにやわらかく、
ちょっとしたことで切り裂かれたり突き刺されたりして
大量の血しぶきを放ちます。
そういえば、『マッドマックス』同様に
本作では、水も貴重な資源になっているのですが
本作のイモータン・ジョーである
極悪首領ゼウス(マイケル・アイアンサイド)
人体から水分を抽出しているので
ガソリン問題と同じく、やっぱり『マッドマックス』における齟齬を
クリアしているのは賞賛に値するところ……
いや、賞賛することじゃないか。

首チョンパされたアップルの頭を
捨てられていたロボットの胴体とガムテで繋げたら
生き返っちゃうとか、
ことごとく論理は破綻してるんだけど
リアルな『マッドマックス』の世界は
こんな感じかもしれないね。
(絶対、違う)





にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
↑お気に召したらクリックしていただけますと、もんどりうって喜びます。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

のほうず
映画が好きで観るのはいいが、
かたっぱしから忘れていくので
オツムのリハビリ的ブログ。
******************
当ブログの文章・画像およびイラストの無断転載を禁じます。引用される場合は、出典の表記と当ブログへのリンクを設定してください。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

お気に召したら
クリックお願いします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

スポンサードリンク

↓過去の記事はこちらから!↓

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンタ